IADLとはどんな意味?役割は?

large_shutterstock_238716733

私たちは毎日の暮らしを営む上で、特別に意識せずとも動くことができ、洗濯や調理、買い物などの活動をしています。
そのような当たり前の活動が自分一人ではうまくできなくなってしまい、誰かの手助けが必要になった時、人は初めてその不自由さに気が付き、「当たり前のことが当たり前にできることの大切さ」を意識するかもしれません。
この、普段の生活で当たり前に行っている行為や行動について考えていきましょう。

 

IADLとは

医療やリハビリ、介護の分野で耳にすることがあるIADLとはどんな意味?役割は?とはどのような意味でしょうか。
IADL(手段的日常生活動作)とは、ADL(日常生活動作)よりも複雑で高次な行動や行為を指します。IADLは、物事を考えながら行う事が多く、買い物や洗濯、掃除と言った家事全般や、金銭や服薬の管理、移動手段に乗り物を使用するなどといった、高齢者や障害を持つ人にとっては困難かつ複雑な行為や行動になってしまう場合が多いです。
ちなみにADLとは日常生活動作を指し、普段の生活の中で行っている行為や行動の事です。食事や排泄、移動や整容、入浴などと言った、日常生活を送る上で最低限必要な基本的行動を指します。
まさに私達が普段の生活の中で、当たり前の様に習慣にしている行為や行為の事です。

 

 

I_19_ojiisan_question

 

 

IADLの役割

IADLは、買物・電話・外出など自立した日常生活をおくる能力であり手段的日常生活動作です。
機能訓練の観点からみると、それは『意味のある作業』と捉えることができることから、
考えて行動することができる私たち人間にとってIADLは、毎日の「暮らしを支える」という意味で欠かせない役割をする活動と言えます。
そのことから、iadlを維持できる、向上させることができるは生活行為の向上につながると言えます。生活行為の向上は高齢者や障がい者の望む暮らしの実現にも大きく関わる重要なことなのです。
私たちの生活はその人にとって「意味のある作業」の連続から成り立っています。「意味のある作業=iadl」を毎日の生活で続け,その作業の結果から満足感や充実感を得ることができるのです。

 

IADLの評価方法

IADL(手段的日常生活動作)が行えるか否かは、高齢者が自立した生活を送れるかどうかの判断基準でもあります。
IADLは、環境が要因となって『できる』けど『できない』、という場合や、心理面が要因となって『できる』けど『やりたくない』などのケースもあるので『できない』と言い切るのではなく『しているかもしれない』、『できるかもしれない』と言う可能性も含めて判断することが重要です。IADLの評価指標としては、Lawtonの尺度、Frenchay Activities Index(FAI)、老研式活動能力指標などいくつかの方法が用いられます。

ここでは2つの評価方法を紹介します。何れの評価方法でも点数が高いほどIADLができるという評価になります。

■Lawtonの「手段的日常生活動作(IADL)尺度」

この評価法は、1969年にLawdonとBrodyによってつくられ、“手段的ADL”という言葉が使われる先駆けとなりました。
Lawtonの「手段的日常生活動作(IADL)尺度」には以下の8つ評価項目があります。

【評価項目】

・電話使用
・買い物
・食事準備
・家屋維持
・洗濯
・乗り物利用
・服薬
・家計管理
Lawtonの「手段的日常生活動作(IADL)尺度」は男女間で評価項目(質問内容)が異なる点で、他の指標と異なります。
女性は8項目すべてに回答するのに対して、男性はそのうち5項目(電話の使用・買い物・移動手段・服薬管理・財産管理)についてのみ回答します。(総得点も男性が低くなります)。
男女で評価項目が異なる理由としては「手段的ADLへの関わりが一般的に男女で異なっている」などです。一般的に、男性は食事の支度や洗濯をあまりしないなどの点が勘案されているのです。
男性も家事を行うようになってきている現代人にはこの評価方法がそぐわないという考え方もあるので年代によって選択的に用いるなどした方が良いかもしません。

■Frenchay Activities Index(FAI)

評価法の中で最も信頼性と妥当性があるといわれており、運動と認知に関しての全18項目を介助量に応じて7段階で評価します。専門職でなくても評価ができ、どのような疾患にも適応できます。
【評価項目】

セルフケア

①食事(口に運ぶ動作から咀嚼し、嚥下するまで)
②整容(口腔ケア・整髪・手洗い・洗顔・そして髭剃りまたは化粧)
③清拭・入浴(身体を洗う、拭く動作)
④更衣(上)(腰より上の更衣・および装着している場合には、義肢または装具の着脱)
⑤更衣(下)(たんすから必要な衣服を取り出し、腰から下の衣服を着脱すること)

排泄コントロール

⑥トイレ動作(排尿・排便の前後にズボン・下着を上げ下げし、会陰部を清潔に保つこと)
⑦排尿(排尿をしてもよい状況で、タイミングよく括約筋を緩めるというところ)
⑧排便(排便をしてもよい状況で、タイミングよく括約筋を緩めるというところ)

移乗

⑨ベッド・椅子・車椅子への移乗(往復の動作)
⑩トイレ移乗(便器の移ること、および便器から離れること)
⑪浴槽移乗(浴槽またはシャワー室に入り、そこから出る動作)

移動

⑫歩行状態(立位の状態であれば歩行、座位の状態であれば平地での車椅子の移動)
⑬階段昇降(屋内の12~14段の階段)

認知項目

コミュニケーション

⑭⑮言語の理解・表出(言葉を聞き分けるところまで)

社会的認知

⑯社会交流(相手に迷惑をかけているかどうか、自分の言動が人にどう思われているか)
⑰問題解決(日常生活の中で起こる問題にどう対応するか)
⑱記憶(よく会う人を認識している、日課を覚えている、他人の依頼を実行する)

 

 

enjin_friends_boys_girls

 

 

iadlの種類

IADLについては、ADLとの違いを含めて前述してきましたが改めてまとめると以下のようになります。

■IADL (Instrumental Activities of Daily Living

「手段的日常生活動作」と訳される日常生活を送る上で必要な動作のうちADLより複雑で高次な動作であるiadl。
買い物、洗濯、掃除等の家事全般、金銭管理、服薬管理、交通機関の利用、電話の応対など

 

注意点

【注意すべき点】

・認知項目の評価は、評価者によって点数が異なることが多い。
・評価者の接し方や、観察場面によっても点数にバラつきが生じる。

実例から注意点を押さえましょう。
先に述べたように、iadlの『できる』『できない』の判断には細やかな視点が必要となります。例えば、高齢により疲れやすさや筋力低下が生じている場合を考えてみましょう。

住み慣れた自宅では一人で移動もでき自分のことは概ね自分できる方です。家事、洗濯、掃除などの家事も何とか出来ています。自宅内では何とか動くことができていることで、『買い物』もできるという判断に至りました。
しかし、実際には自宅内で歩くことができているからと言って、スーパーまで行って買い物を日常的にできているとは限らないでしょう。体力的にも能力的にも、自宅と自宅外で同じような活動が出来るとは言い切れないからです。
環境面や心理面などからよく観察して上での評価が必要になり、本当に必要な支援は何かを意識することが重要です。

 

 

kaigi_shifuku_brainstorming

 

 

まとめ

私たちが普段何気なく行っている買い物、家事、交通機関の利用は「意味のある作業」の連続です。
その作業が一つでもできなくなると普段の暮らしには不便が生じてしまいます。iadlの評価では何ができて、何が出来ないのかその要因が何かをよく見極め、的確な支援が出来る方向性を導き出すことが重要です。

その人がその人らしく、望む暮らしの実現のためにIADLはADLの維持と同じように大切なのです。

qna