医療ソーシャルワーカーって資格?仕事内容は?

15187

皆様は、医療ソーシャルワーカーという言葉を聞いたことはあるでしょうか?福祉関係の職種は様々なものがあります。しかし、実際に自分や自分の家族が関わる機会が負ければ、どういったことをする方々なのかわかりにくいのではないでしょうか?

今回は、この医療ソーシャルワーカーというものをご紹介したいと思います。

 

医療ソーシャルワーカーとは

では、具体的にソーシャルワーカーとはどういう役割りをもつ方々のことを指すのでしょうか?ソーシャルワーカーとは、専門的な力を持って社会福祉援助を提供する方々のことを言います。医療ソーシャルワーカーは、その名の通り保健医療機関関係の援助を行います。援助と言っても、看護師や介護福祉士のように医療ケアや介護技術を提供するという訳ではありません。今は核家族化が進み、高齢者の方が入院しても相談できる家族がいない場合もあります。その場合、自分の入院費はいくらかかるのか、自分はどのような治療を今後受けて行くのか、また、他に身体的な不安や精神的な不安があった場合、相談に乗ってくれるのがこの医療ソーシャルワーカーの方々となります。また、入院中だけではなく退院した後のケアも行なってくれるのです。また、病院によって呼ばれる名所も異なります。医療ソーシャルワーカーと呼ばれる場合もあれば、相談員と呼ばれる場合もあったりと場所によって様々です。このソーシャルワーカーに相談することで、高齢者の方や支える家族の不安や悩みを解消し、より良いサービス提供につながって行きます。福祉や医療面は便利なことや助かることも多いのですが、その反面不明確なことやわかりにくいことも多々あるかと思います。それが、高齢者の方であればなおさらなのではないでしょうか?この問題を解決してくれるのが、医療ソーシャルワーカーの働きと言えます。また、家族の方の不安や悩みも解消することで、援助しやすい環境を作ることができます。

 

 

monshin_roujin

 

 

医療ソーシャルワーカーの役割と仕事内容

では、具体的に医療ソーシャルワーカーの働き方についてご紹介したいと思います。

① 患者様の相談にのること

高齢者の方は、病院に入院となってしまった時に様々な悩みや不安を抱えています。その悩みは多岐に渡ります。金銭的なこともあるでしょうし、自分の身体的なことの場合もあるでしょう。特に治療となってくると、高齢者の方にとっては専門外の話になってしまいますので、ドクターから説明されていたとしても、理解が出来ない可能性もあります。それは、家族も同じことです。こういう事態を防ぐために、医療ソーシャルワーカーは相談者の方の目線に立って話をしなければなりません。そのためには、相談者の方と信頼関係を築くことも大切になります。また、どんな相談にも対処ができるように専門的な知識を身につけておく必要があります。

② 他機関との連携

医療ソーシャルワーカーにとって、一番大切なことがこの他機関との連携です。なぜなら、相談者の方の悩みはソーシャルワーカー一人で解決できるものではないからです。相談の内容が医療の話や治療のこと、また入院生活の話であれば、ソーシャルワーカーは看護師や医師と話をしなければならないでしょう。場合によっては、今後のケアの仕方を一緒に考えて行く必要があります。また、相談された内容が他部所間で共有する必要がある場合も同じです。

③ 介護計画を考える

入院生活後の生活に不安を覚えるかたも多いと思います。健康な状態であれば良いのですが、もし身体的や精神的に不安が残る場合、どのようにして生活を送って良いのかわからない方もいます。そんな時に、介護サービスの紹介をすることや、デイサービスなどの施設などの紹介も行ってくれます。その高齢者の方の不安材料に合わせて、退院後の生活のサポートを行ってくれます。

 

 

medical_seishinka_man

 

 

医療ソーシャルワーカーのメリット、デメリット

では、この医療ソーシャルワーカーがいることでのメリット、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

メリット

メリット①高齢者やその家族の不安などの解消

初めての入院だった場合、わからないことや不安なことが多々あるでしょう。また、誰に相談をして良いのかもわからない方も多いようです。そんな時に、相談できる場所やスペースがあるということは、高齢者の方やその家族に安心感を与えてくれるものになります。様々な福祉サービスがありますが、実のところ必要に迫られないと内容の把握をすることは難しいのが現状です。そんな中、気軽に話ができる環境があるだけで、とても心強くなります。

メリット②より良い技術の提供

医療ソーシャルワーカーが実際に相談を受けることで、どのようなことに問題があるのかをはっきりさせることができます。それは、より良い福祉サービスの提供へもつながっていくでしょう。それのはやはり、他機関との連携が大切になってきます。福祉サービスは、それぞれの専門職の方の、それぞれの力が働いてこそ質の高いものへとなっていくのです。

メリット③家族の方の負担軽減

高齢者の方を支える家族の方にとっても、不安や悩みは尽きないものです。また、家族の方は高齢者の方のケアプラス生活が入ってくるのです。仕事をしている方もいるでしょうし、家事をやらなければならない方も多いかと思います。自分でも気がつかないうちに、それがストレスとなってしまう場合もあるのです。そんな時に、自分の悩みや話を聞いてくれて、一緒に考えてくれる存在があるだけで負担の軽減へ繋がるのです。

デメリット

デメリット①医療ソーシャルワーカーによっての能力の差

医療ソーシャルワーカーによって、多少の能力の差があることがあります。もちろん、専門的な知識を身につけたプロであることは間違いないのですが、全ての方が同じような助言、援助、対応という訳ではありません。人と人との対話になりますので、合う合わないは出てくるかと思います。ソーシャルワーカーはもちろんのことですが、相談する側も受け入れる体制を作ることが大切です。

デメリット②必ず配置されているという訳ではない

各病院に、必ずしも医療ソーシャルワーカーの設置が義務付けられている訳ではありません。入院する病院によっては、医療ソーシャルワーカーがいないこともあり得ますので、注意が必要になります。

 

医療ソーシャルワーカーの取得

では、医療ソーシャルワーカーになるにはどのような資格が必要なのでしょうか?

実は、医療ソーシャルワーカーになるのに資格は必要ありません。しかし、医療ソーシャルワーカーである方のほとんどが、社会福祉士、または精神保健福祉士の資格を持っています。病院によっては、これらの資格がなければ採用しない場所もあるようです。専門的な知識がなければ、相談者に助言することもできません。

その為には、福祉サービスなどについて学んでおく必要があるでしょう。

 

 

退院

 

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?
今はピンとこない方でも、もし自分や家族の方が入院することになった場合、たくさんの心配事が出てくるでしょう。そんな時に、決して自分一人で悩むのではなく、ぜひこのような専門家の方に相談をし、助言を受けてください。

一人で考えるには、限界があります。専門職の方の話を聞くことにより、より良い解決方法が見つかると思います。

qna