安否確認をして安心したい!どんなサービスがあるの?

istock_000006450589medium1

皆様は、安否確認という言葉をご存知でしょうか?
ピンとこない方もいらっしゃることと思います。では、高齢者の方の孤独死という事件はご存知でしょうか?
この二つは、深い繋がりがあります。また、高齢者の方の孤独死を防ぐやめにも、安否確認というものは重要なものになります。今回は、この安否確認についてご紹介したいと思います。

 

安否確認とは

安否確認とは高齢者の方の状態を確認し、問題がないかどうかをチェックすることを言います。
これは、高齢者の方に焦点を当てた場合の安否確認です。その他にも、例えば災害などが起こってしまった時、友達や家族などの安否確認を行う場合もありますが、高齢者の方の場合の安否確認は少し意味合いが違います。高齢者の方の場合は、非常時以外にも見守る必要があるからです。高齢者の方の一人暮らしの場合、例えば足が不自由な方が転倒していた場合など、救助を求めることが出来ません。若い方であれば自力で対処できる事態でも、高齢になるにつれ難しくなっていくのです。
何かあってからでは遅いのです。また、病院や老人ホームなどの施設でも、夜間帯は必ず見回りをして安否確認を行います。少しの体調や様子の変化でも、高齢者の方の場合は命の危険がある場合があります。
また、夜間は視界が悪くなる為、転倒のリスクが高まります。定期的に安否確認をし見回ることで、こういうリスクを減らすことが出来るのです。

 

 

2016012602-06

 

 

安否確認のポイント

では、実際に安否確認をする際のポイントについてお話ししたいと思います。

① 危険なことはないか確認する

安否確認とは、今現在の状態が安全であれば良いという訳ではありません。今後起こりうるかもしれない危険も予測してチェックする必要があります。例えば、転倒の危険に繋がりそうなものはないか、事故に繋がりそうなものはないかまで確認する必要があります。安否確認は、24時間行えるものではありません。だからこそ、今だけではなく、安否確認後のことも考えなければならないのです。また、もし高齢者の方と会話ができる状態であれば、何か不自由なことや困っていることはないか、してほしいことはないか訊ねてみると良いでしょう。

② 信頼関係を築く

安否確認は、高齢者の方との信頼関係がなければ行えるものではありません。なぜかと言うと、一人暮らしの高齢者の方の場合、それほど親しくない人間を家に入れたいと思わないからです。これは、私たちもそうではないでしょうか?病院や老人ホームなどの施設の場合も同じことです。安否確認を行う際には、その高齢者の方の部屋に入る必要があるからです。そのためにも、日頃からよくコミュニケーションをとる必要があります。また、どういう不安があるのか、どういうことに困っているのか、また持病などがある場合は必ず把握しておく必要があります。

③ 安否確認だけで終わらせない

夜間は別ですが、「無事ですね、ではさようなら」という安否確認はいかがなものかと思います。それでは、高齢者の方がどういう状態なのか把握することができません。もちろん、今無事なのかどうかを確認することも大切なことですが、この機会にたくさんコミュニケーションを取ってください。そうすれば、信頼関係を築くことができますし、介護などが必要になった場合、高齢者の方の抵抗も少なくて済みます。世間話しでも構いません。そういったことの積み重ねが、より良い関係を築いていくきっかけになるのです。

 

安否確認の流れ

ここでは、安否確認の流れについてご紹介したいと思います。

流れの事例

(一人暮らしの高齢者の場合)

① 訪問

まず、高齢者の方の家に訪問することから始まります。この時、家族であれば鍵を持っている方もいるでしょう。家族の場合出会っても、必ず挨拶をして家の中に入りましょう。

② 状態確認

一番重要なことです。高齢者の方の状態を確認します。熱はないか、体調に変化はないか、心配なことはないか、実際に聞き取りをし、また目視で確認をします。何か異常が見られる場合は、病院への受診を勧めましょう。高齢者の方が、何か異常が見られても自覚がない場合もあります。そういう時こそ、コミュニケーションや信頼関係が必要になります。少しの変化に気がついてあげられるようになる為にも、毎日の状態を知っておく必要があるのです。

③ コミュニケーションをとる

状態確認と重複してしまいますが、何か不安なことなどはないか確認します。また、緊急時の連絡の取り方なども確認すると良いでしょう。また、高齢者の方が服薬している薬などがある場合は、飲み忘れなどがないか確認します。
(病院や施設などの場合)

① 訪問

高齢者の方の部屋を訪問します。夜間の場合は、就寝中のことが多いかと思いますので、高齢者の方の睡眠を邪魔しないようにしましょう。ライトなどを持っている場合は、絶対に高齢者の方の顔に直接当てないように気をつけてください。

② 安否確認

体に異変はないか、表情を確認します。病院の場合は特にですが、急変する高齢者の方も多いのです。呼吸などに乱れはないか注意深くチェックします。施設の場合は部屋にナースコールが取り付けられていることが多いので、緊急時は高齢者の方本人が知らせてくれることも多いですが、もし話せる状態であれば何か困ったことはないかどうかも確認する必要があるでしょう。

 

安否確認サービス

今は、自分の親戚や家族が遠くにいる場合、また忙しくて安否確認が難しい場合の為に、代わりに安否確認を行ってくれる所もあります。そのやり方は様々です。

① 安否確認アプリ

スマートフォンが普及している現代ならではのサービスです。一定時間スマートフォンにアクセスがなければ知らせてくれたり、注意のメールを送信してくれるサービスです。

② セキュリティ会社によるサービス

有料にはなりますが、緊急センサーの設置や、一定時間人の動く気配がない場合に見回りをしてくれるサービスです。また、心配事などの相談も受け付けています。

③ 電話での安否確認サービス

毎日の電話での安否確認を行います。また、メールの場合もあります。もし電話やメールに返信のない場合に連絡が来るようになっています。

 

 

mig (2)

 

 

注意点

① 高齢者の方のことを第一に考える

安否確認は、高齢者の方の異変がないか確認するものです。しかし、目的がそれだけになってはいけません。高齢者の方の意思を尊重することはとても大切なことです。もし、安否確認を断られてしまった場合、無理やりに行うのではなく、どうして嫌なのかをきちんと話し合う必要があるでしょう。

② ルールを守る

もしどこかの会社に安否確認を依頼する場合、その会社のルールは必ず守らなければなりません。例えば、スマートフォンでの安否確認の場合は、家族側も高齢者の方も電源を入れていなければ意味がありません。それぞれの会社に注意事項がありますので、必ず確認するようにしてください。

③ プライバシーに配慮する

安否確認をするからと行って、高齢者の方の全てを監視するようなことは絶対にしてはいけません。信頼関係を失う原因となってしまいます。

 

 

pic_00

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
高齢者の方の不安を取り除く為にも、安否確認は大切なことです。コミュニケーションをとるだけでも構いません。定期的に接する機会を作ることが大切なのではないでしょうか。

qna