精神保健福祉士ってどんな仕事?資格要件は?

counselor6

重い病気や高齢者の看取りなどの大きな負担で本人や家族が精神を病んでしまうことがあります。そんな時寄り添って助けてくれるのが精神保健福祉士です。
今回はそんな精神保健福祉士についてご紹介したいと思います。

 

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士とは「精神科のソーシャルワーカー(PSW)」と呼ばれる精神科の介護士の資格で、1997年に誕生した国家資格です。
21世紀は「こころの時代」と言われ、心の病を負ったとしても障害を抱えた人に対する社会復帰や社会参加支援の取り組みは先進国の中で立ち遅れた状況が長年続いていました。近年、ようやく精神障害者にも一市民として地域社会で暮らすための基盤設備が図られ、生活問題や社会問題の解決のための援助や支援活動を通して、「その人らしいライフスタイル」の獲得を目的とされています。
また、社会福祉士と精神保健福祉士との違いとして、サポートの対象者が大きな相違点となっています。社会福祉士は高齢者や障害者など、すべての人を対象として相談や援助を行うのに対し、精神保健福祉士は統合失調症や認知症など精神に病気や障害が対象となり相談や援助を行います。
近年の日本において、精神障害者が社会復帰を果たすためには障害となっている問題を解決する必要がある為、精神保健福祉士など医師以外の人材が求められてきており、精神保健福祉士は精神病院や保健所、精神障害者施設で活動し、職場のメンタルヘルス分野でも注目が集まってきています。
精神保健福祉士とは1997年の「精神保健福祉士法」施行に伴って誕生し、2005年からは「障害者自立支援法」が制定され、医療・保険・福祉にまたがる精神保健福祉士の活動出来る場が広がってきています。

 

 

counselor

 

 

精神保健福祉士の役割と仕事内容

精神保健福祉士はメンタルヘルスが求められる場所にて活躍されています。主な仕事は、「精神的な障害がある人を支えて援助をする」ことなので、病院では入院から退院までの相談に応じたり、日常生活を送るための援助を行ったりします。より良い生活を送ることが出来るように援助する仕事な為、医師や臨床心理士などと連携し業務を行う事もあります。また、行政機関で手続きや給付金制度の案内をすることもあります。
精神保健福祉士が勤務する先は大きくわけて4つあります。

医療機関

精神病院や精神科、メンタルクリニックなど

行政機関

保健所、精神保健福祉センターなど

精神障害者施設

精神障害者福祉ホーム、精神障害者復帰施設など

その他

学校や企業 などが上げられます。
様々な場所にて従事し援助を提供しています。

精神保健福祉士が主に従事しているのは「医療機関」になると思います。医療機関で働く精神保健福祉士の業務で重要な業務のひとつに入院サポートがあります。内科や外科など一般的な医療機関とは異なるのが精神科ですが、入院パターンに強制的な「措置入院」などもあります。その為、措置入院になると患者さんの行動は制限されてしまいます。人権擁護の観点から慎重に入院が行われているのかを注意するのも精神保健福祉士の大きな役割です。
精神保健福祉士の主な仕事は「相談」「援助」なので、患者本人や家族から相談を受けたり、医師や看護師と情報を共有したりして患者さんの支援を行います。

 

精神保健福祉士の受験資格、資格要件は

精神保健福祉士は国家資格なので、受験資格や資格要件が厳しく設けられていますが、精神保健福祉士になるためのプロセスは他の資格と同じです。

1. 受験資格を得る

大院や大卒が必須となるわけではありませんが、高卒や短大卒で実務経験を積み、養成講座を受講して受験することも可能な資格です。
福祉系の大学を卒業することが一番の近道となりますが、4年の実務経験を積んだのち一般用絵師施設などで1年間の経験を積むと受験出来るようになります。その他、様々な受験資格までのルートがあります。下記のURLでご自分の受験資格を確認することが出来ます。一度確認するのも良いと思います。
http://www.sssc.or.jp/cgi-bin/sssc/choice/choice.cgi?mode=seishin

2. 試験に合格する

試験は年に1回、2月に行われます。2日間にわたり試験が行われます。試験地は全国で行っていますが、47都道府県で行っているわけではなく、北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県にて行われます。
また、受験するためには最低28,140円がかかります。

3. 資格登録をする

合格発表され合格した場合、「資格の登録」が必要となります。資格登録した後、合格証(免許状)が届き次第、精神保健福祉士として名乗り活動出来るようになります。

福祉系大学4年制の大学を卒業または長期の実務経験が求められる為、20代世代だけではなく、30~40代の受験者が多いのも「精神保健福祉士」の受験者の特徴と言えます。

 

 

image001

 

 

精神保健福祉士の給料、待遇

精神保健福祉士は福祉業界では待遇が良いと言われtえいます。国家公務員の給料に準じた額としているケースが多く、基本給そのものはあまり高くありませんが、賞与っや手当面で優遇されている傾向があります。しかし、精神保健福祉士を志す人の中には、給与や待遇を気にしてなるわけではない人が多い為、あまり気にしないで精神保健福祉士になったと言う人が多くみられています。
精神保健福祉士をメインとした相談員や指導員と言う立場の場合、大卒者の正規職員であれば月給17万円程度となり、時給は900円程度と比較的に低い給与となりますが、平均年収は400万円未満という人が多くいます。専門性の高い仕事でありながら、給料や待遇面が恵まれているとは言い難いですが、施設の事務長などの管理職に就くと、500万円以上稼ぐ人もいます。

精神保健福祉士として長く仕事に携わるのであれば、他職種ももちろんそうですが「待遇面」を必ず確認しておくことが重要となります。事業所によっては国家公務員に準拠した手当を支給するところしないところがあります。また、終業時間や年間休日日数、時間外労働(残業)の平均時間なども見ておくことが重要となっています。平均年収は一般よりも少し低い水準にあるという点は理解が大切となっています。

 

注意点

精神保健福祉士とは比較的新しい資格であり、相談や援助を提供するのが「精神系患者」となる為、21世紀の日本の象徴だと思います。社会福祉士とは異なり、おもに心の病気を患っていることからとてもデリケートな人と接していくことになります。以下の注意点が必要だと思っています。

心が強い人

もちろん「自分へ」強い人を指します。精神系患者はとても心が繊細です。「自分に強く、他人には優しく」というスタンスで居られる人が、よき相談相手になるのではないかと思います。

話上手、聞き上手

精神系患者から相談を待っているだけでは話してくれないと思います。そのためには、精神保健福祉士から話しかけてきっかけを探し出してたくさん話してくれる事が重要となります。

精神保健福祉士ならではの知識を

精神保健福祉士になるためのプロセスがとても厳しいものとなっています。そのため、他の福祉士にはわからないことが当然出てくるのです。その際に、精神保健福祉士の誇りをもって色んな視点でのアドバイスが大切になってくると思います。
以上、3点の注意点をしっかり念頭において精神保健福祉士として素晴らしい精神保健福祉士の(PSW)として一歩踏み出して貰いたいと思っています。

 

 

sinnjinnrepoH29.9.8

 

 

まとめ

今回は「精神保健福祉士」についてご紹介させていただきました。「精神科専門の相談員」と思ってもらえればいいと思います。精神疾患で悩んでいる人は多くいます。その為、精神科に対して壁があるように感じますが、壁を超えられなくて結果重度のうつ病になる前に一度、精神保健福祉士へ相談して今後について話しするのも大切だと思います。

精神保健福祉士(PSW)が今よりさらに認知度が高くなるのを願っています。

qna