認知症の接し方について教えて!ポイントは?

スクリーンショット 2017-09-23 16.19.20

厚生労働省の調査によると、65歳以上の高齢者の認知症患者数は平成24(2012)年には認462万人に達し65歳以上の高齢者の7人に1人(有病率15.0%)とされています。
また、平成37(2025)年には約700万人となり、5人に1人が認知症を患うとなると見込まれています。今や、認知症は他人ごとではない病気といえます。自分自身や家族が認知症になる可能性は大いにあります。認知症になっても望む暮らしができること、支えることができるように認知症の接し方について学びましょう。

 

認知症の接し方とは

もしも、認知症と診断されたら医師の助言や方針にそって日常生活を送る、服薬などの治療を開始することになります。
認知症にはいくつかの型があり症状にも特徴があるとされています。認知症の病態を知ることで出現する言動の意味を家族などの支援者が少しでも理解できる部分が生まれることでしょう。その上で、認知症を患っている本人が不安を抱かないような接し方ができることが大切です。
認知症では、接し方次第で徘徊や妄想などの一般的に「問題行動」とされる周辺症状を緩和できる可能性があります。
認知症についてよく知り、心理を理解し適切な接し方ができる手がかりとしましょう。
そして、認知症の症状を抑えることを目指しましょう。

 

 

obaasan04_cry

 

 

認知症の接し方の種類

認知症の接し方の種類を知るにあたり、認知症の種類に先ずはみていきましょう。
ここでは、四大認知症と呼ばれる認知症についてまとめます。

認知症を知る~四大認知症~

【アルツハイマー型認知症】

認知症の中心を占める代表的な疾患。日本で確認されている認知症の半数以上を占めます。脳内に特殊なタンパク質が蓄積し、細胞を破壊することで脳が萎縮します。側頭葉にある記憶を司る海馬とよばれる部位が萎縮しやすく、もの忘れが目立つようになります。

【脳血管性認知症】

アルツハイマー型認知症の次に多いとされる認知症。脳梗塞や、脳出血、くも膜下出血、脳卒中、生活習慣病などを起因とします。脳自体が変性するのではなく、なんらかの疾患や、外傷の影響を受けて発症します。脳血管性認知症は、比較的男性に多い傾向があります。生活習慣病があると、発症リスクが高まります。

【レビー小体型認知症】

レビー小体型認知症とは、「レビー小体」というたんぱく質の蓄積が原因で起こる認知症です。レビー小体が脳内に蓄積することで神経細胞が壊れ、さまざまな症状を引き起こします。このレビー小体は、パーキンソン病でも現れる物質のため、パーキンソン症状を伴った認知症として進行しやすい特徴があります。また、記憶障害よりも先に幻視が症状として現れることが特徴的です。

【前頭側頭型認知症】

前頭側頭型認知症は、脳の前頭葉や側頭葉の機能が委縮することが原因で発症します。ピック病とも呼ばれます。40~60代に発症しやすいこともあり若年性認知症のひとつです。記憶障害の進行は目立ちにくいですが、理性的な振る舞いを保ちにくくなる特徴があります。脳萎縮が少ないことから、統合失調症やうつ病と混同しがちです。

認知症は脳の病変やその他の疾患が起因して起こることがわかりました。そのため、認知症の方と接するときは「認知症は病気」であり一見元気そうに見えても、体調が不安定で精神的な不安定さがあるということを心に留め置くようにしましょう。
また、認知症という病気の特性から本来の自分でなくなっていく感覚にとらわれることが考えられ、認知症の人はいつも不安や戸惑いを心に抱いています。
そのことを踏まえて、認知症の接し方についていくつかの種類をあげていきます。

認知症の接し方

■自尊心を傷つけない

(目的:自信を得る。自己の存在意義を感じる)
物忘れやうまくいかない行動を「失敗」として捉え、責めたり否定をしない。正そうと教え込むことや説得しても効果はありません。
上手くいかないときは一緒に行動しさりげなく手助けする、訴えや主張は受け入れ同調し相手のテンポに合わせる等してみましょう。

■本人の形成している世界を理解しそれに合わせる

(目的:安心感、共有できる味方の存在)
本人が持っている世界やストーリーを理解し尊重しましょう。その世界と認めることで、現実とのギャップを相手に感じさせないことがポイントです。つじつまの合わない言動でも周囲が否定するよりも個々の世界、ストーリーの中で生きていると理解するようにしましょう。そうすれば本人は安心感を持つことができるので混乱に陥ることなく穏やかな気持ちになることができます。時には本人の世界に入り演じることも必要です。

■思いやりと愛情を持って接する

(目的:幸福感を感じ、孤独感を除去する)
認知症の人は周囲の環境と合致しない言動をみせることがあり、何もわからなくなってしまったという印象を受けることがありますが感情は強く残っています。
思いやりや愛情のない接し方には敏感で不快や悲しみの感情を抱きます。そのため、いやな感情だけが残ります。穏やかな気持ちになれるよう、よい感情が残るよう接することが大切です。そのためには思いやりと愛情の気持ちで接しましょう。よく傾聴し、こまめに声をかけることが大切です。

■認知症の人のサポーター役になる

(目的:成功体験で充実感と満足感を得る)
認知症の人は不安と戸惑いの中に在り、自分が伝えたいこと、行動したいことを思い出すことができなくなっています。さりげなくサポートしながらコミュニケーションをとりましょう。そして、「成功体験」ができるようにサポートすることで安心感と自信を持ってもらうように心がけましょう。
サポートすることで家事の一部などできる、趣味を継続できることは認知症の人の穏やかな生活を継続する上でとても重要です。「できない」「失敗すると叱られる」と言う気持ちを抱いてしまうと、何もできなくなってしまいます。誰かの役に立っているという自信を持ち、楽しさを感じることで脳も活性化します。

 

 

PIC-20140827065248

 

 

認知症の接し方のポイント

認知症の方の対応においての大原則は、「否定しない」ことです。認知症の人は不安や戸惑いの最中にあるので否定されてしまうと混乱してしまいます。
例えば、認知症の人が何度も「財布がない」と言い荷物やタンスの中身を出し入れすることがあります。そのような時は、「またなの?鞄か引き出しの中にあるでしょう」と指摘せずに、 「どこに行ったのかな?一緒に探しましょう。」 と本人の話に合わせ、一緒に行動してみましょう。
家族としては注意したり、叱ったりしてしまいそうになりがちですがこれは逆効果です。
認知症の人は言われた内容そのものをよりも「聞き届けてくれない」「嫌なことを言われた」という感情を強く抱き、ますます不安な気持ちを抱いてしまい症状が悪化してしまうことがあります。

認知症の人は不安が解消され、心が穏やかになると精神的に安定します。不安ながらに話したことや行動したことが間違っていない、相手に認められたと感じるとイライラや不安がなくなり安堵の気持ちになります。そうしたことで周辺症状の出現が抑制され、認知症の進行を遅らせることにつながります。

 

認知症の接し方の注意点

認知症の治療では薬剤療法と非薬剤療法が考えられます。
非薬剤療法は音楽療法や回想法などの感覚に働きかける方法があります。認知症の進行を遅らせるという意味ではこうした感情への働きかけが非常に重要であるといえます。
すなわち治療と同じくらい普段の生活の中での認知症の接し方は重要であると言えます。
支援者(介護者)の対応で注意するべき点をまとめてみましょう。

【認知症の方への対応・注意点】

・プライド(自尊心)を傷つけない。否定しない。
・関わり、会話量を増やす(話すときやゆっくり、聴くときよく傾聴する)
・認知症の方のできることや興味を示す話題を探す
・認知症になる前の生活、仕事、趣味、人柄を評価する
・認知症の方の過去の生活や体験を思い出させる(回想法)
・認知症の方の行動や表情をよく観察し心の中をイメージする
・できなくなったことを無理矢理させない
・常に笑顔で接し、時に相槌や相手の表情に合わせた反応を心がけましょう。(※ノンバーバルコミュニケーション)

 

orangeband_people

 

 

まとめ

認知症の接し方は認知症の治療であるといっても過言ではないほど大切なことです。認知症の人の不安や戸惑いを解消することは、その心理が起因となって起こる日常生活に支障をきたすような徘徊や妄想を緩和することにつながるからです。
認知症についてよく知り、接し方のポイントを理解して実践できるようにしましょう。

qna