福祉医療機関ってどんなことをしてるの?役割は?

consult-assistante-sociale

福祉医療機関ってどんなとこか皆様ご存知ですか?
福祉について詳しい方でも福祉医療機関についてはなかなか理解している方はそんなに多くはありません。そこで今回は福祉医療機関は何かから始まりどんな事をするとかなどを検証をしていきましょう。

 

福祉医療機構とは

独立行政法人福祉医療機構は、特殊法人等改革により、社会福祉・医療事業団の事業を承継して、平成15年10月1日に福祉の増進と医療の普及向上を目的として設立された独立行政法人です。

少子・高齢化が急速に進行する中で、国民一人ひとりが心豊かに安心して暮らすことができる社会を築くためには、社会保障の基盤を揺るぎないものとしていく必要があります。そのため、福祉医療の分野では、国及び地方公共団体において、社会福祉施設等の計画的整備、質の高い効率的な医療を提供するための医療制度改革に即した医療提供体制の構築など、社会保障を支える福祉医療の基盤づくりのための施策が進められています。
独立行政法人福祉医療機構は、こうした国の施策と連携し、福祉医療の基盤整備を進めるため、社会福祉施設及び医療施設の整備のための貸付事業、施設の安定経営をバックアップするための経営診断・指導事業、社会福祉を振興するための事業に対する助成事業、社会福祉施設職員などのための退職手当共済事業、障害のある方の生活の安定を図るための心身障害者扶養保険事業、福祉保健医療情報を提供する事業、年金受給者の生活支援のための資金を融資する事業及び年金資金運用基金から承継した年金住宅融資等債権の管理・回収業務など、多岐にわたる事業を展開しています。

また、これらの事業等を実施するに当っては、国から指示された中期目標に基づき、中期計画及び年度計画を主体的に定め、当計画に従って効率的かつ効果的な事業運営に努めています。各年度の事業実績は、第三者機関である独立行政法人評価制度委員会により厳しく評価されています。

 

 

hellowork_mendan

 

 

福祉医療機構役割

国の福祉政策の効果が最大になる様に地域の福祉と医療の向上を目指して、福祉や医療に積極的に取り組み、事業を始められる方への積極的な支援を行い地域の福祉、医療の発展を支えることが最大の役割です。

6つの役割

1.民間では対応が困難な政策金融やNPOへの助成などにより、福祉と医療の向上を目指します。

2.専門性を磨き、民間活動への支援の質を高め、福祉と医療の向上を目指します。

3.機構の持つ総合力を発揮し、福祉と医療の連携を支援します。

4.公共性、透明性及び自主性を発揮しコンプライアンスを徹底することにより健全性を確保します。

5.コスト意識を徹底し、効率的な業務運営を行います。

6.強く明るい職員を目指し、自ら働きがいのある組織として、お客さま満足を追求します。

この様に地域密着型独立法人として福祉と医療の向上を目指して一人でも多く人達が福祉や医療に志しをもってそれを実現出来るように国レベルでは出来ないような面を行う事ができる新しい体制の組織
ではないでしょうか。 これからの福祉、医療の関連はまだまだ不十分な部分があるのでそれは補うためにこのような体制をうまく活用できれば今後の福祉は明るい見通しになると思います

 

 

1459305335

 

 

福祉医療機構が提供しているサービス

福祉医療機構は色々な用途に利用できる可能性のあるものですが、その中でも特に次の3点ついてはこれから福祉や介護の事業を始められる方にとっては最も大きなサービス提供者になっていく組織ではないでしょか。

福祉医療機構の3大サービス

1.事業資金の融資

介護・福祉事業(高齢者・児童・障がい者など)の資金調達機能です。今はだいぶん変わったんでしょうけど、介護事業や障害福祉サービス事業を開業したい人が民間金融機関(銀行・信用金庫・信用組合など)から融資を受けたいときに難しいときに利用できるいい公的金融機関です。金利も結構低利で貸してくれるので、民間の金融機関もそこの金利を意識して貸さないといけないのでなかなかいい働きをしてくれます。

しかし、融資を受けるのは、書類の作成結構難しいです。これは、社会福祉法人だと、長期の借入を行なう場合は、所轄庁の認可が必要になりますが、この独立行政法人福祉医療機構の融資の場合は、この所轄庁の認可が不要になります。そのため、しっかりと審査されるからだと思います。

2.社員の為の積み立て機能

職員の退職金の積み立てを行なうことです。これは、社会福祉施設職員等退職手当共済法に基づいて行なわれ
ています。これは、従事する職員にとって非常にいい制度です。これは、介護事業等について該当してもいのですが、その他の福祉事業については、国と都道府県と事業者で職員の退職金の負担を行うので働いている人にはいい方法です。本人の負担はありません。社会福祉法人では、約9割がこの制度に加入しており、この制度に入っていない社会福祉法人は、ブラック社会福祉法人といってよいでしょう。ただし、この制度に加入していなくても独自に退職金制度を設けているところもあるのでそこはホワイトです。しかし福祉医療機構の退職金制度に加入していない。独自の退職金制度を持っていない社会福祉法人は統計では10%を下回り、数%です。

3. 助成金の交付

社会福祉振興助成事業として助成金の交付を行なってくれます。これは、都道府県などの事務局を通じて募集を行い採択されます。この助成は、ソフト事業に重点がある印象があります。
こんな感じでとってもいい組織なので、介護・福祉事業を行なっている事業者は、積極的に活用することをオススメします。

 

福祉医療機構これから

福祉医療機構のこれからの事業展開としては従来の基本路線は保ちながらも福祉、医療や高齢化対策のための新規事業者への資金の融資等を更に強化するとともに高齢者の生活困窮者への資金の援助等金融面での多様化を目指して行くことになるのではなでしょうか。
事実、現在高齢者などの年金受給者に対して、一般に民間の金融機関からの借入が困難な為、一時的に資金の必要が生じた場合、悪質な業者などから高利の貸付けを受け、生活困窮に陥るおそれがあります。

今日においても多くのヤミ金に係る事件が発生している状況にあるようです。そこで高齢者サービスとして、年金担保貸付事業ができ国民年金、厚生年金保険または労働者災害補償保険の年金を受けている方が、医療費、住宅の改修費、冠婚葬祭等の支払いのために、一時的にまとまった資金が必要となった場合に、年金を受け取る権利(受給権)を担保に比較的少ない金利負担で利用できるる融資制度ができ高齢者の救いの手になってきています。

今後は福祉、医療へ新規事業で進んでみたいと考えている方にとっては、大いに活用しやすい環境ではないでしょうか。このような体制ができることによって今後の医療、福祉、介護、高齢化に対しての取り込み方が積極的になってきます。このような組織がさらに大きくなることによって福祉の世界の安定化が図れる事です。

 

 

img003

 

 

まとめ

福祉医療機構について分かってもらえただしょうか、福祉、医療関係の新規事業を立ち上げようと思っている人にとってはホットな情報では、ありませんでしたか?このシステムを旨く活用して利用者が喜ぶ物の開発に取り組んでください

qna