特養の費用について教えて!入居条件は?費用の種類は?

in-home-care

皆さんのご両親が在宅での介護が不可能な状態になった時、老人ホームなどの施設にお世話になることをまず考えます。その際に老人ホームには高額な有料老人ホームからいろんなタイプがあり、一番気になるのが費用について頭を悩ませることです。
そこで今回最も一般的な「特養」についての費用を紹介いたします。

 

特養の費用とは

特養の費用の分析に入る前に特養について簡単に説明しておきます。そうすることによって特養の費用の妥当性と言うものはご理解いただけるかと思います

特養とはどんなとこ

正式には特別養護老人ホームと言います。特養は、介護施設の中でも地方公共団体や社会福祉法人によって運営される公的な介護施設の事です。 学校にも公立と私立があるように、老人ホームにも公立と私立があるわけです

ここでは、食事や排泄の介助が必要な重度の要介護者が入居します。 一度入居すれば、多くの人はそこで余生を全うするため、要介護者にとって「終の棲家」とも言うべき場所です。 また、日常的な食事や移動のサポートが中心であり、リハビリなど身体機能の回復や医療ケアはあまり提供されないのも特徴です。
更に特養の特徴加えると、何と言ってもその利用料の安さです。介護保険の自己負担分と生活費を合わせても月額5〜10万円ほどでまかなうことができ、月額20万〜30万円の出費が想定される介護付有料老人ホームと比べると、その利用料の安さがわかります。

特養への入居条件

特養には誰もが入所できるというわけではなく、原則として要介護3以上の65歳以上の高齢者というのが入居条件となっています。ただし、要介護1や要介護2の方は特例として、以下の条件でのみ認められています。
◾認知症で、日常生活に支障を来すような症状等が頻繁に見られること
◾知的障害・精神障害等を伴い、日常生活に支障を来すような症状等が頻繁に見られること
◾深刻な虐待が疑われること等により、心身の安全・安心の確保が困難な状態であること
◾単身世帯等家族等の支援が期待できず、地域での介護サービス等の供給が不十分であること

このように入居条件が定められたのは、軽度の要介護者で施設が埋まっているために重度の介護状態にもかかわらず家での生活を強いられている高齢者が多数いたためです。現在、特養に入りたくても入れない「待機高齢者」は52万人以上と言われています。特養に入りたいと思っている人のうち、2人に1人が施設の空きを待っている状態なのです。

特養の費用は介護保険が適用可能?

特別養護老人ホームへの入居では、利用する居室のタイプによって料金が変わってきます。従来型と呼ばれる古いタイプの施設では、定員4名などの多床室と呼ばれる相部屋があり、こちらは家賃が低額に抑えられています。
しかし、2015年4月からは、介護報酬が改定されることによって相部屋にも家賃が同様にかかるようになります。
一方で、所得などに応じて居住費・食費が減額される場合も。十分な年金を受け取っていない人が減額の対象になるケースが多いので、ケアマネジャーやソーシャルワーカーなどに相談してみると良いでしょう。

 

 

tatemono_kaigo_shisetsu

 

 

特養の費用の種類

特別養護老人ホームで毎月必要となる費用は大きく分けて「生活費」「介護サービス費」に分けられます。生活費は、居住費(部屋代)や食費、水光熱費、電話代、理美容代などが主なものです。
また、オムツ代や薬代なども必要となります。生活費の中でも入居する部屋のタイプによって大きく変わるのが居住費で、個室の方が多床室(相部屋)よりも高くなります。特別養護老人ホームでかかる介護サービス費は、要介護度によって変わり、看取り介護加算やユニット加算など施設が提供するサービスや処置によって金額も少しずつ異なります。生活費は毎月3〜10万円程度が一般的。

また介護サービス費は月あたり2〜4万円程度が一般的です。

特養の費用一覧

 

 

1111111

 

 

*1.施設介護サービス費

介護を受けるための費用です。サービス費は要介護度などによって異なり、要介が高くなるほど、高額に設定されています。

*2. 居室タイプについて

多床室・・・複数人で1室を利用するタイプ
従来型個室・・・1室を1名で利用するタイプ
ユニット型個室・・・1名1室のうえ、ユニット(10名前後)単位で共同スペースが設置されているタイプ※ユニット型準個室は、ユニット型個室で個室同士が仕切りで分かれており壁になっていないタイプを指します。

*3.介護サービス加算

施設の設備や職員の体制、施設で対応する処置やサービスなどに応じて基本料に加算される施設介護サービス費のことです。施設によって加算徴収内容は異なりますが、加算が多いほど手厚い人員配置やサービスを行っていると考えてもよいでしょう

*4. 居住費

いわゆる「家賃」に相当する費用です。有料老人ホームにおいては、ベッドや家具などを自分で用意しなくてはなりませんが、特養はあらかじめ備品として用意されているのが特徴です。

*5.食費

食費は一日3食分が含まれているため、「外出及び外泊によって昼食のみ停止した」などの場合でも一日分とみなし請求されます。ただし、外泊や入院などにより、数日施設に戻らない場合は食事を止めることができ、請求されません。

*6.日常生活費

医療費、理美容、被服費、入場料などが発生するレクリエーション費、嗜好品などは自己負担になります。
ただし、クリーニングを必要としない私物の洗濯や、おむつ代(尿取りパッドなども含む)は施設の負担となります。

以上の項目が特養の基本的な費お湯の種類になります。 その他の出費しては自分自身の身の回りの品物ぐらいだと思います。介護保険の上限額以内でうまく利用されると、特養でも快適な生活が送れる事です。

 

特養の費用の平均

特別養護老人ホームは、公的補助を受けているため初期の入居費用がかかりません。費用としては、前の項目で取り上げました月々の介護サービス費と生活費が必要となります。

月々の居住費(部屋代)に加え、食費、水道光熱費、電話代や理美容代、新聞や雑誌の購入費、また医薬品といった雑費がかかり、生活費は合計月3~10万円ほどが相場です。特養での 平均的な支払いは 5万から15万 と言われています特養の利用料には介護保険も適応されるため、月額費用は概ね6~15万でサービスを。 受けることができます

有料老人ホームの場合、入居費用で数十万円~数百万円、月額費用が20万円~程度かかることを考えれば、特別養護老人ホームの費用は安いといえます。
しかし、「65歳以上で要介護度3度以上(2015年4月介護保険法改正により要介護度1以上から要介護度3以上に引きあがりました)」「感染症の有無」「介護者の有無」「資産や収入額」などさまざまな入居条件があります。 加えて、多くの地方自治体では特養の新設は制限されているため、慢性的に入居待ちのホームが多いのが現状です。 全国で40万人以上の入居待機者がおり、入居を希望してから実際に入居するまでの期間は数ヶ月から10年といわれています。 現在、介護施設の形態も多様化しており、入居費はかかるものの、月々のコストを特養並みに抑えた民間の老人ホームも現れています。 目的や予算に合わせて、幅広い老人ホームから選択するのが良いでしょう。
特養には低所得者を救済する方法としていろいろな対策がありますので低所得者の方も安心して利用出来ます。

特養は、介護保険制度の「介護老人福祉施設」、老人福祉法の「特別養護老人ホーム」の二つの名称が掲げられているとおり、高齢者保護の機能があります。
そのため、有料老人ホームなどへの入居が困難な低所得者や生活保護受給者でも入居できるよう、利用者の負担が軽くなる「社会福祉法人等による利用者負担の軽減制度」が設けられていたり、個人の収入や年金に応じて利用負担が軽くなる「特定入所者介護サービス費」という制度が存在しますのでうまくこの制度を利用されてみてはいかがでしょうか。

 

特養の費用のサービスの違い

特養で行うサービスは食事の提供・掃除・洗濯等の生活支援が中心で、介護、看護職員による入浴。食事・排泄等の介助、機能訓練指導員によるリハビリ等多岐にわたります。自宅で生活をおくることのできない高齢者が必要とするサービスは、全て提供されると考えても過言ではありません。また人員面において介護看護要員が入居者3人に対して1人以上 機能訓練指導員 一人 配置される義務があるため 充実した介護・看護サービスを受けることができます。

但し、医療的には健康管理や保健衛生を主体とするケースがほとんど「痰の吸引」 「胃ろう」等の医療ケアには対応していないのが一般的です。

■提供される生活援助・介護サービス

食事提供  ○    掃除・洗濯  ○ 見守り・生活相談  ○ 買い物代行  ○
食事介助  ○    入浴介助   ○   排泄介助      ○   着替え介助  ○
機能訓練  ⚫    レクレーション▲

○:殆どの施設が提供/非常に充実  ⚫:多数の施設で提供/充実 ▲:施設によって異なる

■提供される医療サービス

医療ケア ▲ 健康管理 ○ 医療機関との連携 ○ 通院時の送迎   ○

現在は特養に入所できるのは要介護3以上となっています。しかしそれはあくまでも基本的な基準で詳細は各自治体、施設毎に異なります。入所申し込みの段階で、介護状況に応じて優先度が決められ、優先度の高い方から入所できる形です。又日常的に医療ケアが必要になったり、長期の入院が必要担ったりすると、退所しなくてはいけないようになります。

 

 

kaigo_ofuro_1

 

 

特養の費用のサービスの注意点

■特養のショートステイを利用するときの注意点

特養のおよそ8割はショートステイを実施しています。
最大の特徴は、やはり介護保険を使っての利用ができることです。有料老人ホームでもショートステイは利用できますが、介護保険外の利用としているところが多いです。医療的な処置が必要な場合は、老人保健介護施設や療養病床に併設されているショートステイを利用することになります。
ショートステイで利用できる部屋ですが、老人ホーム内にショートステイ用の居室が用意されています。空いているベッドを使用することもあります。サービス内容は、特養だからと言ってほかの施設のショートステイとサービス内容は特に違うところはありません。老人ホームでの過ごし方、食事やお風呂のスケジュールはその施設のスケジュールに準じます。特養入所者が参加するイベントにも参加できます。
ショートステイを利用したいときは、まずケアマネジャーに相談しましょう。ケアプランに準じて本人の介護ケアにあった老人ホームを探して利用申し込みをしてくれます。初めてショートステイを利用する場合は、老人ホームの方と事前に面談を行います。面談は必ずしも本人でなければということはなく、介護している家族だけでも可能です。
面談では、家での様子や必要とする介護、投薬等を聞かれます。シュートステイ期間中は、面談内容に基づいて家でいる時と変わらず生活できるよう配慮してくれます。2回目以降は、同じ施設であれば面談の必要はありません。ショートステイにかかる費用は、特養などの介護保険施設の場合は、介護サービス費、食費、宿泊費、そのほか日用品代がかかります。
また、居室の種類によりかかる費用は変わります。年金などの収入が少なく、保有している金融資産も少ない場合は、宿泊費と食費が軽減されます。
※共有スペースであるリビングのある個室(ユニット型個室)、大部屋(多床室)、リビングのない個室(従来型個室)などがあります。

■利用するときの注意点

1.予約をしていても利用できない場合がある

利用予定日の数日前から当日まで風邪などの感染症にかかっていたり、特養で対応できない医療処置が必要になったりした場合は、利用できない場合があります。また滞在中の体調の変化によっては、途中で迎えに行かなければならい事もあります。利用時に面談時より明らかに心身の状態が違う場合は、利用できないこともあります。

2.ショートステイ用の持ち物に記名をしておく

ショートステイを利用するときは、本人の着替え等荷物が必要になります。持ち物にはすべて記名が必要です。緊急ショートステイを利用するケースもありますので、着替えは家族のだれもがわかるよう、記名済みのものをショートステイ用としてまとめておいておくとよいでしょう。

3.お気に入りの施設を利用する

短期間でも宿泊して介護ケアを受けるのですから、本人や介護者にあった施設を選ぶことが大切です。自宅から遠い施設であれば介護者の送り迎えや緊急呼び出しの対応が大変です。本人と相性の良い介護職員がいたり、食事がおいしかったり本人が快適に過ごせることも重要です。また、サー2ビス内容や料金など事前に説明が十分であるかも大切です。本人や介護者が気に入れば継続して利用できます。
1つの施設だけでなく予約が取れないこともありますので、複数のお気に入りの施設があるとよいでしょう。ただし、すべての特養などの老人ホームでショートステイが行われているとは限りません。余裕があれば見学をしてみるのもよいでしょう。

4.利用日数の制限がある

特養に限らず、ショートステイは、利用日数が制限されています。介護認定期間(次の更新までの間)のおおむね半数は超えてはいけないことと、連続した利用は、30日までです。引き続き利用したい場合は、31日目を、介護サービスを使わない全額自己負担とすることにより、翌日から30日間はまた1割負担で、連続で利用できることになります。また、要介護度や利用している他の介護サービスによりショートステイを利用できる日数は限られます。

 

 

kaigo_kurumaisu

 

 

まとめ

特養や老人ホームにお世話にならない様な元気な体でにいつまでもいたいものですが、現実はそうはいきません 加齢とともに人は様々な体の機能に異常をきたします。介護をする家族のことを考えると特養に入所することが最も家族のためでも、自分のためでもあるかもしれません。そんな日がいつくるか分かりませんが、特養などに お世話にならない生活の毎日を過ごしていきたいものです。

qna