認知症の徘徊はなぜ起こる?対策は?

H4UYin2l

現在認知症は身近な問題と言うより、国レベルの社会問題になるくらい重大で、深刻な問題とされています。認知症の症状については色々な形がありますが。中でも「徘徊」は最も重大な問題で、徘徊による悲惨な事故の報道等が最近では多くなってきています。そんな深刻な問題の徘徊について問題点や対策を取り上げてみます。

 

認知症の徘徊とは

認知症になると、家の中や外を歩き回るといった行動が見られます。これを「徘徊」といいます。絶えず歩き回っておられるので、何の意味もなく歩き回っていると思われがちですが、ご本人にとっては目的があって歩いている場合が多いものです。家の中だけですと、対応がしやすいのですが、家の外に出て徘徊が見られると、行方不明という事態にもなりかねません。 認知症による行方不明者は年間1万人を超えるとの報告があります。たとえ地域住民や警察に保護されたとしても、認知症が進んでいた場合、自分の名前や住所などが的確に答えられないことも多い為、何処の誰なのかを捜し出すのは難しくなってしまうのです。
また認知症では周りを気にかけたり、注意する事が出来なくなる為、車が来ていても道路の真ん中を歩いたり、電車が来ているのに線路内に入ったりして、事故にも遭いやすくなってしまいます。夏の炎天下では、脱水症状になってしまう事もあります。徘徊が起きると家族が大変であるのは間違いありませんが、ご本人にとっても命に関わるものなのです。

また、徘徊の中でも前頭側頭型認知症の場合は、うろうろするのではなく、同じ行為を繰り返します。例えば近所を同じルートで一周して帰ってきたり、ベッドの周りを一周したりといった具合です。

認知症の徘徊の種類

一言に徘徊と言ってもいくつかの種類がありますがので、紹介させていただきます。

■物忘れによる徘徊

道に迷ってしまったために帰って来ることができなくなり、あちらこちらを歩きまわってしまう。アルツハイマー型認知症の方に多い徘徊です。
アルツハイマー型認知症の方は健康な人とは違って、初めて訪れた場所の道順を覚えることができず、元の場所に戻ることもできません。その結果、うろうろと歩きまわってしまい、行ったこともないような遠い場所で保護されて、家族に連絡が来ることになったりします。

■視空間認知症障害による徘徊

自宅の近所で道に迷う、トイレや自分の部屋の場所がわからなくなり自宅の中で迷ってしまう。方向や距離、位置などを把握することができなくなった「視空間認知障害」という状態のために起こる徘徊です。
アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症の方に多くみられる症状で、よく知っている場所であるにも関わらず本人は道に迷ってしまっているため、周囲からは理由もなくうろうろと歩きまわっているように見える状態です。

■常同適徘徊

同じ行動をし続けたいという強い衝動のために、本人が決めた特定のルートを毎日散歩するという行動がみられる場合があります。これは、前頭側頭型認知症の方に多く見受けられます。
アルツハイマー型認知症の方のように道に迷うことは少ないですが、散歩ルートの途中で欲しい物を見つけた時にお金を払わずに持ってきてしまうことがあったりするのが問題になることがあります。
代表的な徘徊の種類を紹介いたしましたが、その他にも目的地が分からないような徘徊、昼間は症状が現れなくてね夕方から夜にかけて徘徊するようなケースもあります。徘徊もいろんなタイプがありますので注意して見守ってやってください。

 

 

oldman_haikai_shinya_woman

 

 

認知症の徘徊の原因

認知症の徘徊はの原因については認知症のタイプによっても違って来ますが、最も原因として多いと言われている症状について紹介させて頂きます。

多動性障害が原因の場合

認知症では、※1.多動という症状が出てしまいじっとしているのが難しくなる人もいます。
じっとしていられないので、部屋をうろうろするようになります。でも何の目的もない訳ではなく、歩き回る理由がある場合が多いのです。家の中で歩き回るというのは、部屋がわからなくなって部屋を探している。外に出かけてしまうのは、今いる所が自分の家ではないと感じ、落ち着かなくて外へ出てしまう、また自分の家を探しに出かけてしまうという場合が多いのです。また男性の方なら、まだ自分は仕事をしていると思い込み、仕事をしに外へ出かける事もあります。探している自分の家も、仕事先も見つからないので、どんどん探し歩きます。ただ、最初は目的があっても、探している途中で何を探しているのかを忘れて、ただ歩き続けるという場合もあります。

認知症では疲れるという感じも鈍くなってしまうので、夜通し歩き続けられたりして、かなり遠くまで行ってしまっている人もいます。また見つかっても、家を出たいという目的が無くならない限り、また同じ事を繰り返してしまうのです。

※1.正式には注意欠陥多動性障害(ADHD)と言う症状で興味のあることには集中可能であるが、嫌いなことや、よくわからないことにはほとんど関心を示さず、落ち着きを欠く子供に多いと言われています。これらのうち多く子供は成長ずるにつれて落ち着きをとりもどします。
しかし、小学校高学年になっても変わりなく、他の子供との関係がうまくとれず、衝動性を増してくる子供が意外に多いことが最近になって指摘され、教育現場を中心にその対応が問題になっている。児童精神医学では発達性障害の一部として「多動性障害」や「注意欠陥多動障害」としてとりあげられています。
この症状は大人でも最近の報告で発症するケースの実例が取り上げられています。

前頭側頭型認知症が原因の場合

認知症の中でも、前頭側頭葉型認知症では、同じ事を繰り返す行為が見られる場合があります。家の中ですとベッドから家を一周してまたベッドに戻るというのを繰り返したり、外では近所を1周して帰ってくるなどといったケースです。他の種類の認知症による徘徊と異なるのは、部屋や家の場所がわからなくなっている訳ではないので、迷子にはなりにくいという事です。ただし、注意が出来ないという点は同じなので、事故に遭う危険性は高いです。
このような代表的な徘徊の原因については紹介させていただきましたが、認知症が最初に症例報告されてから既に100年以上の時を得ていますが、未だに認知症を完治する治療方法や原因についても完全に分かっていない難病です。ここで紹介させていただきました原因の一番の問題となる事が「行方不明」それに伴う「生命の危険性」です。色々な調査データでもこの2つの要因による悲惨な事故の報告は増え続けています。その為にはどうしたらいいか次の項目で対策について考えてみましょう。

 

 

roujin_haikai_man

 

 

認知症の徘徊の対策、予防

認知症の介護で最も困難な課題が徘徊の予防対策です。何故なら徘徊するから本人を部屋に監禁状態にするわけにはいきません、又介護する家族も24時間監視することも困難です。そこで色々な認知症の介護の実例から考えられる予防・対策の代表的な事例を紹介させて頂きます。

予防対策

■理由を探す

本人が出掛けたりいなくなったりしても決して怒ってはいけません。それよりも何故出掛けたいのかの理由例えば男性なら仕事、女性なら買い物等の一部の記憶がの残りそれがが外出へ繋がります。行動の理由を探す事は予防対策の第一歩です。

■デイサービス等を利用

じっと出来ない為に徘徊になっている場合は、徘徊を止めさせる手段をとると、ストレスを与えてしまう事になります。もし一緒に歩く事が出来る日があれば、短時間でも一緒に歩いてあげてください。又デイサービスなどを利用すると、デイサービスで歩く事で、家で落ち着く場合がありますので、利用も考えてみてください。徘徊は家族の精神的負担も大きいので、負担を軽くする意味でも、外部に早めに相談することをおすすめします。

■玄関から出にくくする

外に出かけてしまう方には、まず玄関の鍵を手の届かない場所に付け替える。窓を開けて出られる人もいるので、窓の鍵も開けにくいものに変える必要があります。もし玄関の鍵をかけ忘れたりした時の為に、玄関に呼び鈴などの、ドアが開いたら鳴るようなものをつける方法もあります。もし1人で外に出られてしまっても大丈夫なように、GPS機能の付いた小さなアクセサリーも販売されているようなので、利用をおすすめします。また服や靴などに名前と連絡先などを書いたワッペンのようなものをつけておくのも一つの方法です。
ここで紹介させていただいた予防・対策は徘徊の為の対策としてはごく一部でしか過ぎません、認知症は症状も様々にあるように、徘徊も色々なケースがありますので専門医等とよく相談されることが必要です。

 

注意点

認知症の徘徊の最も注意すべき点は徘徊による「危険防止」と徘徊した時いかに速やかに見つけことができるかの「連絡網」が重要ではないでしょうか、そのためにどのようにすればいいか次のような事が考えられます。

頻繁に徘徊がある場合の連絡網

■近くの交番や周辺住民への事前の連絡

頻繁に徘徊のある方は近くの交番や地域の民生委員などに連絡を取り事前に注意を連絡、また周辺住民への連絡を事前にしておくことも安全対策の一つです。

■住所や連絡先がわかる物を身に付けておく

これはある認知症患者の家族の方が実際に行われている成功例として、紹介いたしますが徘徊が頻繁に起こる 患者さんのために住所や名前連絡先が書いてあるネームカード首からかけるなど体の一部につけておくことも 早期発見につながる 一つの手段として成功しているようです。

[参考事例]

■認知症方の回りには危険な物を置かない

危険と判断される物は、認知症の方が気付く前に処分するか、手の届かない場所に片付けましょう。気付いてしまってからでは、「無くなった」と大騒ぎになる場合があります。また、認知症とは言え、持っていて後ろめたいと思うものは隠し持っていたりします。周囲を確認する事も大切です。

■認知症の方の介護する時には安全性という意識を注意する

認知症の方を見守る場合には、認知症の方に危険が及ばない様に環境を整える事から始める事が第一です。また、認知症になる以前の行動範囲も把握する必要があります。認知症の方の場合、以前の記憶で徘徊をしてしまう事があります。又触ったら危険と言う物だけではなく、誤飲の原因になる物や転倒の原因になる物など、危険の原因となる物は思いつく限り無くしましょう。認知症の方が安全に生活でき、介護者が安心できる環境が望ましいです。認知症の方を見守る事は簡単ではありません。ただ見守るだけでは無く、事前に様々な注意や観察が必要とされます。

この事前準備を怠ってしまっては、お互いに安心安全に生活ができなくなってしまいます。

 

 

roujin_haikai_man

 

 

まとめ

認知症の徘徊の問題は介護する家族にとっては、最大の問題です。それは徘徊により生命の危機に遭遇する可能性もあるからです。家族もこの問題では本人以上に別な面でのストレスの蓄積で最近よく報道されている悲惨な事件に発展する事も多くなってきています。これから益々高齢化になりこのような事件が多発しない事になってほしいものです。

qna