認知症の検査について教えて!検査の前は?検査方法は?

1277080_generic__dementia_alzheimers

認知症は高齢者にとって身近なものになっています。厚生労働省等の調査では65歳以上の高齢者の10人に1人が認知症と言われています。ではまだ認知症の症状が現れていない人が、今やるべき事は何かと言うと「事前の検査」です認知症も早期発見で治療が可能です。

その為の検査について紹介させて頂きます。

 

認知症の検査とは

認知症には代表的な日本人の発祥で一番多いアルツハイマー型認知症や色々なタイプがあります。認知症で最も重要な事は、発症してからよりも発症する前の「認知症に対する予備知識がいかにある」かです。認知症を発症する時には、本人に何らかの兆候が現れてきますが、ほとんどの場合本人は気づかないままに、進行は進んでいきます。そのような事態になって、専門医にかかり診察を受けるときに今までの本人の日常での変化や状態の把握が診察では重要視されます。その為に毎日共に生活している家族としてやっておくべき事が、次のような事を行っていると診察時の重要な診断結果判断材料として活用されます。

日常の記録

*1冊のノートに、毎日少しづつでも気づいたことを書き続ける。
*経過:いつ頃から・どんな症状が・どんなふうに・どんな頻度で出ているか等)
*病歴:過去にどんな病気をしたか、両親がもしなくなっている場合はその原因は、兄弟に難病者がいるか)
*服薬;いつからどこの病院で処方された薬を飲み続けているか。

以上のような日常の変化、過去の記録などが診察の時に重要なポイントになります。しかしこうような記録をもとに本人に認知症の検査の受診を行ってもらう時に十分に注意することが、本人は症状に気づいていないのが殆どな為に、急な受診に不安感や、もし本人が認知症という可能性に気づいた場合にはなかなかその事実を受け入れがたく、自分のプライド等に傷をつけ、更に深刻な状態になりますので、受診させる時はよく配慮した上で行うようにしてください。

診断の重要性

認知症の診断の重要性は脳卒中、心筋梗塞、癌等と同じで早期発見が大事だと言うことです。早期発見により全てではありませんが、正常圧水頭症、脳血腫等の場合は脳外科的処置で改善しました。又甲状腺ホルモンが原因の場合は内科的処置で改善しています。アルツハイマー型認知症の場合は早期発見により薬で進行を抑制できたり、認知症特有の徘徊なども未然に防止することが出来るので、是非兆候が現れたら早急な受診をおすすめします。

セカンドオピニオン

よりよい診断結果を得るために、1つの病院での診察に頼ることはあまり賛成しません、セカンドオピオンとして他の病院での診断結果も本人の今後の治療や介護にいかしていくためには必要だと思います。

 

 

sick_ninchisyou_noukekkan

 

 

認知症の検査の前に

認知症の検査を行う前に、まずやっておきたいことがあります。認知症の専門病院の選択です。いざ受診するとなった時にどこの病院が一番認知症で適切な病院か又本人を認知症の外来や物忘れ外来などに受診させたとき何らかの抵抗も予想されます。そんな時に相談する所が「かかりつけ医」です。かかりつけ医から紹介状をもらい専門医にみてもらう事が一番安心できる方法ではないでしょうか。

もしかかりつけ医がいない場合は地域包括センターや市町村の窓口で紹介してもらうことが出来ます。

検査を行う前に最も重要な事は、先の項目でも説明しましたようにいかに細かな日常生活での行動や変化等を 記録されているか、過去の病歴や家族の状態などがより細かく把握されていることにより検査の精度が上がってきます。また検査をする際には数千円か2万円ぐらいの費用を負担をすることになることがあります。検査をするということは早期発見・早期治療につながる最も効果的な方法のひとつで発症してから治療を行うことでは、完治する見込みはは殆どありません。事前の検査を行う事の重要性が本人にとっても、介護をする家族にとってもいかに大事なことかは理解できると思います。

尚、検査には必ず家族が同席するようにしましょう。なぜならば普段の生活状況を担当医に説明するにあたってより細かな情報を提供することは本人だけでは到底不可能なため 、家族が同席してその状態を報告することによって検査の精度向上につなげていけます。

 

 

 

f742e6380e85ef2bfdcbe6f83b6d1277

 

 

認知症の検査(病院)はどんなのがあるの?

認知症の診断方法や基準にはいろんなものが研究されています その代表的なものは次の3つです。

診断と検査方法

◾認知症の診断基準(厚生省研究研1989年)
◾DMS-IV-TR(アメリカ精神医学会)
◾ICD-10(WHO)
これらの基準に基づいて次の様な検査が 認知症の検査として行われます。

[一般的診身体検査] 尿検査・血液検査・内分泌検査・血清梅毒反応・胸部 x 線検査・心電図等
[脳画像診断検査]  腱反射等の神経学的検査・電磁線を利用したMRI・ アイソトープを用いて脳の血流の状態を調べる・脳糖代謝を調べる。
[その他] 遺伝子検査・病理検査・新長谷川式簡易知能評価スケール

認知症はどこの何科に受診したらいいの

認知症の兆候が現れた時、病院に受診するとき何科に受診したら良いのか、分からないのが殆どです。又受診のとき何を聞かれるのか?診断結果はどうなるか等の不安は本人以上に家族のほうが気になります。

認知症の担当科

最近では認知症の専門的に行う「物忘れ外来」も多くできています。一般的には
「精神科」「脳神経科」「神経内科」「老年病内科」「老年内科」などで認知症に対しての診察を行っています。

国内の認知症の専門医及び名医

<病院名>                  <医師名>      <コメント>
順天堂大学付属病院順天堂病院       新井平伊医師   アルツハイマー病の研究者
世界トップ100の38位に
選ばれた名医

東京大学付属病院             岩田淳医師    認知症の専門医による認知症
外来を開設した名医
京都大学付属病院             近藤正樹医師    多くの認知症患者の症例を手掛
けている名医
ここにあげた病院と名医は北海道から九州まである認知症に対する専門病院の中の一部を紹介させてもらいました。 国内にはまだ多くの認知症専門病院や名医がいます。 そのような医療環境になったのは、日本は世界の中でも認知症患者が最も多く、そのために認知症に対する医療技術の進歩は目覚ましいものになりました。
これからますます増えてくる認知症患者に対して、日本の認知症の医療技術がどのように認知症患者を救うことができるか大いに期待されます。

 

認知症の検査の注意点

現在認知症になると完全な完治は不可能と言われています。その為に最も注意すべき点は、発症しないような「未然予防策」を行う事です。”認知症の検査とは”の項目でも記述しましたように認知症は早期発見で発症を抑制できるものもあります。その為には日頃からの予防策が必要になってきます。その具体的な物として次のような方法が考えられます。

食事

脳血管性認知症を発症する原因は、脳内の血管がつまり神経細胞に十分な血液が届かなくなって発症します。つまり、ほぼ糖尿病に近いために高血糖のドロドロ血液がその主な原因です。その為の予防策として血流をよくする食物を積極的にとって脳細胞へサラサラの血流を流すような予防策をとることも必要です。

運動

厚生労働省の調査では運動が、認知症を抑制するとの研究結果を公表しています。週3~4回の有酸素運動を行い、それと共に血流を補うサプリメントを採取することで、発症率の抑制に繋がった結果は明白に示されています。

禁煙

喫煙者は禁煙車に比べて50%も認知症の発症が高いデーターが出されています。喫煙することで脳に小さなダメージを与えて認知症を発症するという研究結果が発表されています。
このように認知症は予防による早期発見で発症を抑制していく方法しか現状での対応策はありません。「私は大丈夫と思われている方」こそ十分気を付けて最低限予防対策を行われることを、ご自身のためにも、認知症の介護をする家族の為にも、今すぐにでも実行される事をおすすめします。

 

 

c647a11be73cb788993c7d892145fe7e

 

 

まとめ

認知症は今後益々増加するものとして国も、これからの社会保障問題の最重要課題にあげて「新オレンジプラン」という認知症対策をたて2025年を目処に、実施計画として打ち出しています。
このプランの基本的な方針である社会全体がいかに認知症に対して理解を示していくかが成功の大きな鍵になります。

qna