認知症は認定看護師が活躍できる!?

6360292115812571531677749201_nurse-hospital_2101382b

今医療機関に認知症専門の看護師として「認知症認定看護師」という専門職があるのはご存じですか?

今後増え続けてくる認知症患者に対応するためにつくられた資格です。これから認知症の方をもつ可能性は誰にでもあります。

そのときにきっとお世話になるかもしれませんので、今回紹介する内容をご理解いただければお役にたてるかと思います。

 

認知症の認定看護師とは

認定看護師誕生の背景

現在認知症を発症している高齢者は 2012年の時点で約460万人と言われています。これは65歳以上の高齢者のうち約15%のあたり、さらに 認知症の前段階である「軽度認知障害」をもつ高齢者は約400万人いると厚生省などの調査で明らかになっています。更に厚生省の調査では2025年には認知症患者が700万人になると予想されています。

このように急増する認知症患者に対応する為に2025年を目処に国家戦略の位置づけとして認知症の分野では、※1「新オレンジプラン」介護の分野では、※2「地域包括ケアシステム」、現在行われている、※3「介護休暇」「介護休業」制度など様々な対応策の企画が進められています。

※1社会全体で認知症の人を支え、国民全員が認知症を理解し、認知症の人の視点に立って認知症への社会の理解を深めるキャンペーンや認知症サポーターの養成、学校教育における認知症の人を含む高齢者への理解の推進など、認知症への理解を深めるための普及・啓発に色々な認知症対策が計画されています。

※2 施設に入所している高齢者や認知症患者は、住み慣れた地元で、住み慣れた自宅で生活をしていくことを主旨として地方行政が取り組んでいく介護政策。

※3介護休業は、要介護状態にある対象家族を介護するためにする休業で、ある程度まとまった期間の休業となります。対象家族1人につき1回の介護休業をすることができます。期間は通算して93日までです。

介護休暇は、要介護状態にある対象家族の介護、その他の世話(買い物、通院の付き添い等)を行うために、1年に5日まで(対象家族が2人以上の場合は10日まで)取得する休暇で、単発で取得することができます。

このように国家戦略の一環として認知症対策は勧められています。医療機関においても認知症を扱う専門の看護師として 2006年に日本看護協会によって認定が開始され認知症の専門職として認知症患者をケアする事になりました。

認定看護師誕生とは

認知症認定看護師は次のような目的をはたすことが前提とされています。
◾認知症患者の権利を守り、意思能力を高めてあげることに努める。
◾認知症患者の周辺症状を悪化させる要因となる行動障害の予防や緩和を行う。
◾認知症患者の状態把握を含む心身状態の総合的なアセスメントとおよびケア、サポートシステムを立案する

この3つの目的を達成するための認知症認定看護師になるには看護協会が指定する9つの教育機関のいづれかにへ入学して試験に合格、規定の課程を修了した後に認定審査に合格しなければならない為に、その道は長く厳しいのが実情です。認知症認定看護師は豊富な知識と高い技術を必要として、認知症患者に対する直接的なケアのみならず看護職員への指導や相談などを行うリーダーとしての役割も担っております。2015年時点では全国でまだ472人しか認定資格者はいません。

これから急増する認知症患者に対して満足いくケアを行える人数ではないことは事実です。 今後はますます認知症認定看護師の需要は高くなって来ます。

 

 

medical_monshin_kangoshi

 

 

認知症の認定看護師の役割

現在は認知症に対するメカニズム、原因、治療方法など明確に確立していません。さらに認知症特有の症状の徘徊や暴言などに対する対処方法なども具体的な方法は非常に厳しく、現在その状態を扱っている現場の多くの看護師にストレスがたまっている状況です。 そんな看護の現場の質の向上を図るとともに より多くの看護師に対して質の高い看護指導をしていくのも 認知症認定看護師の役割の一つです。

認知症認定看護師に対する期待度は医療機関だけでなく特別養護老人ホーム、訪問看護ステーションなどにおいても認知症患者へのスペシャリストとして優れた経験や技術を実践することが求められます。

認定看護師の主な役割

認知症認定看護師の主な役割としては、もちろん実践での活躍は期待されていますが、その他にも看護師への指導、家族からの相談など認知症に関する多岐にわたる役割を担います。 中でも次にあげるような役割が認知症患者にとって重要な課題でもあります。

◾療養環境、認知症患者の具体的なケアの方法の整備

認知症患者の毎日の生活の環境や動作を考慮して、安心、安全、安楽な生活環境を提供できるようにすることが第一の役割です。

◾心理的行動の予防

認知症患者の特有の症状である徘徊や暴言に対しての心理的行動を未然に防ぐために、各患者ごとのアセスメント作成した上でその患者に見合ったケアをすることによって、未然に事故や怪我を防止することを行います。

◾認知症患者・家族へのコンサルティング

認知症の患者、家族が、かかえている様々な不安に対して治療方法やその他様々な情報の提供を行い家族への的確な相談先になる。

このように認知症認定看護師の役割は、今後ますます重要になり医療現場はもちろんのこと施設、介護現場でも大いに活躍の場は展開できることだと思います。

 

 

nurse_chusya

 

 

認知症の認定看護師になるまで

認知症認定看護師の資格取得

認知症認定看護師になるためにはもちろん資格というものが必要です。そのためにはまず日本看護協会が指定する教育機関に入学して規定の課程を修了させて、試験に合格することが前提ですが、まず入学するのに様々な要件があり、さらに入学試験もかなり難関なため誰でも簡単に入学できるというものではありません。入学する第一の条件としては豊富な知識と経験が必要不可欠です。

認知症認定看護師の資格取得条件

◾ 日本看護協会指定の教育機関に入学する事。
◾ 教育機関で6か月 615時間以上の課程を修了する事。
◾ 日本国の 看護師免許を取得している事。
◾ 看護師免許を取得後 5年以上の実務研修(臨床経験)を有する事。
◾ 5年以上の実務研修の内3年以上は認知症の多い医療・福祉施設などでの看護実績を有する事。
◾ 認知症患者の看護を5例以上担当した実績を有する事。
◾ 現在認知症患者の多い医療・福祉施設などで認知症患者の看護実績に携わっていることが望ましい。

認知症認定看護師の入学試験

入学試験を受けるための条件を満たしたら、いよいよ次の9つ教育機関への入学試験へと進みます。入学試験は「学科試験」「小論文」「面接」で構成されています。配点割合は「学科試験」5「小論文」3「面接」2となっています。合格率は毎年20%~50%でかなりの難関のようです。

看護師協会指定教育機関

◾ 北海道   北海道医療大学 認定看護師研修センター
◾ 秋田県   日本赤十字 秋田看護大学 教育研究開発センター
◾ 千葉県   地域医療機構推進機構本部研修センター
◾ 東京都   聖路加国際大学教育センター・日本看護協会看護研修学校
◾ 神奈川   神奈川県看護協会 認定看護師教育課程
◾ 山梨県   山梨県立大学看護実践開発研究センター
◾ 長野県   長野県看護大学 看護実践国際研究センター
◾ 兵庫県   公益社団法人 兵庫県看護協会 認定看護師教育課程

認知症認定看護師のカリキュラム

上の教育機関に入学したらこれから始まる長いカリキュラムをこなしていかなければいけません。それを通過しない限り資格取得の最終審査を受けることが出来ません。
◾ 共通科目     看護管理、情報管理など全部で10 科目136時間 (+15時間)
◾ 専門基礎科目   認知症看護原論、認知症基礎病態論等、認知症関連科目4科目90時間
◾ 専門科目     認知症看護倫理、認知症患者とのコミュニケーション等6科目150時間
◾ 演習/実習    学内演習・臨地実習 270時間

認知症認定看護師の認定審査

先の項目で紹介しました全国9箇所の教育機関で決められた課程を終了した後に行われる日本看護師協会の「認定審査」は資格取得の為の直接的な試験であり、これに合格することで認定看護師になることができます。

試験内容は「客観式一般問題(20問、50点)」「客観式状況設定問題(20問、100点)」の構成で審査は行われます。この審査の合格基準点が105点以上で合格率は50%をこえていますので規定のカリキュラムを勉強すれば認知症認定看護師になれる可能性は高いと思われます。

このように認知症認定看護師になるということはそれまでの道程が厳しく、それだけ認知症の患者を専門的に扱うということは大変な業務でもあります。しかし、これからはその資格に大きな期待がかけられる存在になっていきます。

 

 

study_nurse

 

 

認知症認定看護師の注意点

認知症認定看護師になるためには次のような注意点を考慮しされてみてはいかがですか。

費用面での負担

認定看護師として認定されるには、時間と費用がかかります。

特に6か月のカリキュラムの受講には、授業料の他に教科書代などもかかり。医療系の教科書は大変高価です。またカリキュラムを受ける教育機関に通えないという方は、マンスリーマンションを借りるなど生活の場を確保しなくてはなりません。その為の費用もかなりの額になります。そんな方のために日本看護協会は、奨学金を貸与してくれます。

又勤務先の病院や各市町村に相談されると貸付金制度が整ってるとこもありますので旨く活用されることも 1つの方法ではないでしょうか。

資格取得の時期の懸念

認定看護師になるには最低でも5年かかります。若いうちに取得したほうが良いのではと考える方もいるでしょう。しかし、あまり経験を積まないうちから認定看護師を目指してしまうと、あとで別の看護分野に興味が出てきても方向転換ができない可能性もあります。

さらに、認定看護師は5年ごとの更新が必要です。出産や育児のことを考えると、ある程度年を取ってから認定された方が継続して働き続けられるというメリットもあります。

看護師は女性の仕事の中では最も長く勤められるもののひとつです。何が何でも早く認定看護師にならなければ、と焦る必要はないと思います。

肉体的・精神的な苦労

認知症認定看護師になると、医療機関をはじめとして介護施設等から受容が増える事に対して、それに伴って、現場での専門的な認知症患者へのケアを行い、看護師の指導、家族へのフォロー等の業務が繁雑で多岐にわたり肉体的にも精神的にもかなりの負担の積み重ねになってきます。

まだ認知症認定看護師として活躍している人数は僅かですので、その資格取得者への重圧に対して採用先は十分に考慮した体制作りを行わなければ認知症認定看護師は育っていかないと思われます。

 

 

ojigi_nurse_nocap

 

 

まとめ

これからの日本の高齢化社会は益々苦難の時代を迎えようとしています。その代表的な事が認知症患者の増加で未だに具体的な対応策の整備がいき届いていません。そのような環境の中で認定看護師になれば、患者やその家族だけでなく同僚の看護師からも頼りにされることが多くなります。

認定までの道のりは大変ですが、これからもますます医療が高度になり認知症患者に専門的なケアを行うことにぜひ挑戦してみてください。

qna