ハロウィンこそ介護レクでやるべき!実践のハロウィンレクをご紹介!

002

ハロウィンといえば渋谷の混雑や六本木のパレードが有名です。

71

若者や外国人が参加しているイメージですが今では日本一体の「お祭り」として認知されています。

その「お祭り」ハロウィンには介護施設も続々とレクやイベントとして参加しています。

そこで今回はその事例ご紹介します。

 

 

 

介護施設でハロウィンって何やってるの?

・子供や地域の人を施設に招いて施設利用者からおやつを渡してあげる

地域の人や子どもに参加してもらって、来てくれた人々におやつを配ってもらいます。

先にどうしてハロウィンに来た人々におやつをあげるのかを簡単にでも説明をしておくとハロウィンの理解が深まり、より楽しめるかもしれま

せん。

また、配るおやつは施設側であらかじめ用意しておくようにしましょう。

・介護職員が仮装をしておやつを配る

お年寄りの方に何かをしてもらうのは難しいと感じるのであれば、職員自身が仮装をして楽しませましょう。

・ハロウィンカフェ

ハロウィンの日だけ施設の一室をハロウィンカフェとし、仮装した職員がお茶やお菓子を振る舞います。

お出しするおやつも、かぼちゃが入ったものなどハロウィンにちなんだものにすれば更にハロウィンムードが高まりますね!

・ハロウィンパーティー

施設内みんなで時間を決めて集まってハロウィンのパーティーをしましょう。

仮装がしてもいいという方もいらっしゃるかもしれませんので100均で魔女の帽子やかぼちゃのかぶりものなど、簡単にできる仮装グッズを

容易しておいて、写真を撮って上げたり撮ったりするものいいですね。

 

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b31

 

まとめ

最近は介護レク、イベントとして意外に定着しているような気がします。

特別にレクリエーションとして何かしなくても、施設内の飾り付けや行事食などに取り入れているとこ

ろは多いように見受けられます。

カボチャづくしのご飯が利用者さんに喜ばれたという声も聞かれました。

意外に多かったのがスタッフの方々のコスプレ!利用者さんの送迎や施設内でのケアの際も、ハロウィ

ーンスタイルで業務をこなすスタッフ

の方々、とても楽しそうでした。

ハロウィーンって、利用者さんもスタッフの方々も一緒に楽しめる良い「お祭り」なのかもしれませんね。

関連記事

「介護レクリエーション」のあるあるを大紹介!

qna