介護の転職が増えている!?

Businesspeople with various facial expressions

介護業界は慢性的な人手不足が続いていますが、この人手不足は世の中の景気に左右されるとも言われます。つまり景気が悪くなる=失業者が増える=介護職に転職する人が増える。景気がよいときは転職組が減り、人手不足が加速する、という感じです。

国は介護職を増やすことに力を入れていますが、介護職への転職は増えているのでしょうか。

 

介護の転職とは

高齢化社会を反映してか、販売、事務、営業など、介護とは全く違った業種から転職する人が年々増えています。
介護職といえばかつてはマイナーな職業であったはずです。ですが、介護保険がスタートした後は社会的話題になり企業も次々に介護事業に参加しました。介護保険サービスの利用者も政府が当初想定していたよりも多くなりました。

サービス利用者という需要が増えれば、供給のために介護職員も増やさなければなりません。介護は非常に大きな市場を形成しており、従事者も全産業割合からみても上位を占めるようになっています。それでもサービス利用者の増大に介護従事者の数が追いついているとはいえないのが現状です。
このような介護業界の慢性的な人手不足を懸念し、国は人材募集や育成、資格取得に力を入れています。ただ、現状を見る限り、思ったように人材は集まってはいないようです。それでも介護の仕事は求人数も多く、未経験からでも始められるので異業種からの転職組は多いようです。
ただ、長く続かない人が多いようで、他の仕事と比べると介護職を辞めていく人も多いのが事実です。

 

 

small_22128

 

 

介護の転職理由

高齢者介護に興味・関心がある、福祉の仕事をしたい、ソーシャルワーカーに憧れを持っている、などの理由を持つ人が介護の仕事に転職するのはよくわかります。
しかし、介護などのサービス業とは全く違う異業種から介護に転職される方もいます。その転職理由とはなんでしょうか。

景気がよくなり、就職&転職しやすい社会だと介護職の不足がでてきます。逆に仕事になかなかありつけないという社会的状況だと介護職が増えます。このような不景気に「介護なら求人も多く、経験が無くても採用される」という理由からこの業界に入ってくる人が多いと思われます。
また、国の失業者対策として初任者研修、実務者研修を受講できる制度があります。手に職をつける、資格取得できるといった点から、介護への転職を推進していると思われます。
昔に比べると共働き世帯が圧倒的に多くなっています。子供がまだ小さいとフルタイムで働くのが難しく、また子供が熱をだしたりすると仕事に穴をあけることになり、やはり働きにくいものです。
その点、登録型の訪問介護員の仕事であれば、自分の希望する日程に仕事日をいれることができ、理由があって交代するときも比較的交代しやすい仕事になっています。そのため、出産・育児のために仕事を辞めた女性が、訪問介護員の仕事に転職する、ということが増えました。

 

介護の転職対策

転職先を選ぶポイントは、自分の希望する職種・仕事かどうか、待遇面で自分の希望に合致しているかどうかは重要です。
職種については介護職、相談職などありますが、相談職として採用されたのに仕事の内容は介護職、ということもあります。面接のときに確認しておきましょう。
待遇面については給与、賞与はもちろんですが、休日数、それに希望休がどの程度とれるかも確認しておきたいところです。入所施設の介護職だとシフト勤務になっており、月に希望休は3日だけ、などと制限される場合があります。希望休がどれくらいとれるかということは重要です。
これに加え、応募先の事業者が優良な事業者であるかどうかも確認しておきたいところです。介護職の離職率は約半数の事業所で離職率10%未満と低い数字ではありますが、30%を超える離職率の所も全体の20.9%は存在します(公益財団法人介護労働安定センターによる平成25年度介護労働実態調査)。
離職率の高さなども直接聞ける場合は聞いておく、もし直接聞くことに遠慮がある場合は、それとなく確認しておきましょう。
離職率の高い事業所ははっきりいってそれなりの問題があります。逆に離職率が低いところは働きやすい環境であると言えます。どうしても相性の問題がありますから、離職率が低いところが自分に合っている保証にはなりませんが、職場環境としては整っていると考えてよいでしょう。
職場環境を知る一つの基準として、教育・研修にどれくらい力を入れているかが上げられます。業務に余裕がなければ研修にまで手がまわらないからです。職場教育・研修をしないと介護の仕事の面白さがなかなか分かりません。とうぜん介護の仕事のやりがいを感じられるかどうかにも関係してきます。
介護職員に長く働いてもらうためにさまざまな取り組みを積極的に行っている事業所と、そうでない事業所との二極化が進んでいるのが現状です。

 

 

image1

 

 

介護の転職注意点

要介護人口の増加で介護施設がどんどん建てられ、求人数も豊富です。
しかし、たとえ未経験可の仕事とは言っても、介護の仕事は専門的な知識や技術を必要とされる職種です。施設では未経験からでも働く事が可能(在宅介護の場合は資格が必要)なので、異業種からの転職者が多く、半数を上回る現従事者は他業種からの転職組です。
福祉大学では専門的にケアワークやソーシャルワークのことを学びます。
もともと専門的な勉強をせずに転職してきた人は、働きながら自主的に勉強したり、職場の研修に参加したりして知識を増やし、また実践で技術を磨いていきます。このような積極的に学んでいく姿勢をもっていないと、介護の仕事はただの「後始末の世話」に成り下がってしまいます。
介護の仕事に転職した方はこの点に注意していただきたいと思います。介護福祉士の資格試験も年々難しくなっていますし、社会福祉士の資格試験ではかなり広い範囲の勉強が必要です。また最近の介護支援専門員の試験では合格率が最低を記録しました。

介護の仕事には気持ちの優しい人が就く場合も多いですが、知識に裏付けられない優しさは容易に残酷さに裏返ることがあります。認知症の人の問題行動にはどのような理由があるのか、など必要な知識は身につけておくべきです。それがプロとしての介護につながります。
業務の内容とくらべて給与が安いと言われる介護職の仕事ですが、他の業界でも労働内容と対価が見合わないと言われている仕事はいくらでもあります。その点でいえば介護の仕事だけを特別視する必要はないと思います。

しかし、介護職は人の最晩年の生活を根底から支える仕事をしています。これはとてつもなく重い仕事だと思います。仕事の役割から言えばもう少し待遇面で配慮されて良い仕事だとは言えそうです。その点などをちゃんと考慮した上で、介護業界に転職するかどうかを決めていただきたいと思います。

 

 

small_23225

 

 

まとめ

介護の仕事はやりがいはあります。介護の仕事について良かったのは、「感謝の言葉を投げかけられることだった」、とよく言われます。意外と人から感謝される仕事は少ない、ということでしょう。男性目線でみれば、給与面でいえばもう少し頑張ってほしい業界ではありますが、その価値観は個人差があります。

人間関係や待遇面に満足して働ける職場であれば、非常に満足して働ける仕事だと思います。

qna