介護の派遣会社ってどんな役割?給料は?

アドバンスケアプランニング、海外

介護業界でも派遣会社が増えてきて、どの派遣会社を選んでいいのか迷います。そもそも介護の派遣会社とはどんな役割をしているのでしょうか。派遣で働く場合は、待遇面はどうなのでしょうか。また介護の会社で働く場合は何か気を付けることがあるのでしょうか。転職や新しく介護関係で仕事を探す場合に派遣会社を使った方がいいのでしょうか.

今回は介護の派遣会社についてご紹介したいと思います。

 

介護の派遣会社とは

介護の派遣会社は、働く側と雇う側が派遣会社に登録し、マッチした人材を雇う側に紹介します。つまり、雇う側と働く側の仲介をするところです。介護会社が派遣として紹介するのは常用型派遣登録型派遣紹介型派遣に分けられます。

転職する場合や新しく介護の職場を探す場合は、その施設がそのような特徴があるのか、施設内の人間関係はどうなのか、勤務時間はどのようになっているか、給料はどうなのかなど入ってみないとわからない情報も派遣会社が事前に調査し施設や事業所などの雇い主と詳しく話をします。

派遣会社の中には介護の資格を持つキャリアアドバイザーがいて、介護現場で働きたいという人にスキルや希望にマッチした職場を紹介します。そして、派遣先がきまれば期間終了まで仕事内容や相談をしています。期間が終了すると次の求人を紹介します。

介護の人材派遣会社は時代のニーズに合った会社です。

 

 

business_haken

 

 

介護の派遣会社の役割

介護人材不足のため施設や事業所では人材が必要としています。人材派遣会社は働きたい人にはその人に会った求人を紹介し、雇いたい側には希望に合った人材を紹介する仲介役を果たします。そのことによって、働きたい人は自分のスキルや希望に合った求人を探すことができますし、雇う側はよりいい人材を紹介してもらうことができます。

派遣会社の役割りは、登録型派遣と紹介型派遣、常用型派遣では違ってきます。

登録型派遣の場合

派遣会社はさまざまな企業や施設、事業所から派遣の依頼を受け付けます。派遣スタッフが就業することになれば派遣先の企業や施設は派遣会社と労働者契約を結びます。

また、派遣会社は派遣スタッフと雇用契約を結びます。派遣会社が派遣スタッフと雇用関係が生まれるのは就業先が決まってからで派遣契約が結ばれている期間は雇用関係が成立します。派遣会社は派遣スタッ望やスキルをもとに仕事の案内や就業条件、給与などを明示して就業先を紹介し、派遣スタッフをサポートします。

派遣会社にはキャリアアドバイザーをおいている所があり、面接の日時を取り決め、派遣先がきまるまでサポートするだけでなく、仕事の悩みなどの相談に乗ってサポートします。無資格の人に介護の資格をとれるようにしている派遣会社もあります。

派遣会社は大手企業から個人の施設まで様々な求人を受けています。就業先がきまると就業先の企業は仕事の指示を派遣スタッフに出します。登録型派遣の場合、派遣スタッフは有期で派遣先で働きます。

紹介型派遣の場合

初回予定派遣は、派遣会社から派遣就業機関が終わると正式に正社員または契約社員として直接雇用されることを前提に一定期間派遣スタッフとして就業します。派遣就業機関は一般に3か月以上6か月です。

入社前にそこの職場が自分に合っているかどうかを見極めることができるので、派遣スタッフと派遣先の企業に合意がなければ、期間終了まで働いたあと、派遣スタッフには次の求人を紹介します。派遣先企業には新しいスタッフを紹介します。派遣スタッフと派遣先企業の双方が合意の場合、派遣期間が終了すると派遣スタッフは正社員や契約社員の直接雇用になります。

派遣会社は、派遣スタッフの就職が決まるまで相談を受け、サポートしていきます。

常用型派遣の場合

常用型派遣は派遣会社に正社員または契約社員として雇用されることです。正社員は無期雇用です。給料は一般に月給制です。直接雇用された時と同じような待遇を受けていろいろな企業で働くことができます。

新しい法改正によって特定派遣が禁止になり、常用型派遣の審査が厳しくなりました。

 

介護の派遣会社の待遇

平成27年度の厚生労働省の介護従事者処遇状況等調査結果によると、介護職員の平均月給は、手当などいれずに基本給のみだと平成27年9月の平均基本給は177,370万円で一般企業に比べるとかなり低い水準です。改善されてはいますが、高齢化社会になり、介護サービスの利用者が増える一方、介護職員が不足しているのは低い給与だからという声も聞かれます。

最近、見直されているのが派遣として働くことです。登録型派遣の場合は時給換算になるのでボーナスは出ませんが、時給は1,000円~1,300円くらいです。1日8時間日勤ばかり月22日間仕事したとしたら176,000円~228,800円です。派遣会社によって時給は違っています。比較的高いのはベネッセです。ベネッセは時給1,400円くらいなので、月給に換算すると246,400円になります。手当てなど入れずに比較した時は派遣として働く方が給料は高くなります。

常勤職員は基本給にボーナスや手当てが入ります。基本給+手当+一時金(4~9月支給金額の6分の1)の場合、平成27年9月は287,490円となっています。
派遣社員の場合、派遣会社から来ているので常勤職員に比べて残業を頼みにくいため、残業する確率が少なくなります。派遣の場合、8時間以上の残業した分は25%アップの時給になり雇う側としては残業させたくないという結果になります。
常用派遣の場合は、月給制で昇給制度や賞与があり雇用は無期限です。

しかし、登録型派遣の場合、賞与はなく時給制で有期雇用です。福利厚生は派遣会社によって異なり、健康診断、社会保険などの福利厚生がしっかりしていて教育制度や資格制度がある派遣会社もあります。

 

 

money_kyuryou_bukuro

 

 

介護の派遣会社の企業例

より自分に合った職場で働くためには、介護人材派遣会社に2件以上登録しておくといいでしょう。口コミや利用者が多い介護人材派遣会社を紹介します。

かいご畑

ニッソーネットが運営する介護に特化した派遣支援サービスです。介護士、介護事務、看護助手、ケアマネージャー、ヘルパー、栄養士、送迎ドライバーなど幅広い派遣先をもっています。介護業界の経験があるコンサルタントがいて就業までサポートしています。全国各地に派遣先があり、自分の希望の場所で働くことができます。

就業前に施設見学ができて出張登録会や土日の登録会を行っています。

スクリーンショット 2017-08-08 18.45.08

 

 

スタッフメディカルサービス

介護、看護、医療事務の仕事を紹介する全国にある人材派遣会社です。登録説明会が全国各地で開かれているので、自分の希望の地域の登録説明会に出ることができます。登録者の55%が未経験で資格なしの転職者で40代、50代も多く勤めています。
福利厚生は有給休暇や社会保険、出産・育児休業制度など充実しています。また、研修制度や資格支援制度もありスキルアップにつながります。コーディネーターは派遣スタッフの相談に乗り、就業に至るまでサポートします。

スクリーンショット 2017-08-08 18.46.41

 

 

ベネッセMCM

有料老人ホームを全国各地に300施設以上持っているベネッセスタイルケアグループが運営している介護派遣会社です。関東、関西、東海の主要都市の求人情報を掲載しています。コンサルティングによるサポートや施設見学に同行できるサービスです。他の派遣会社に比べて時給が高く、グループ以外の愛護施設の求人も取り扱っています。

福利厚生は大手企業なのでしっかりしていて充実しています。

スクリーンショット 2017-08-08 18.48.15

 

 

介護の派遣会社の注意点

介護の派遣会社で登録型派遣の場合は有期雇用なので不安定で、期間が終了したら次の派遣場所にいなくてはなりません。ボーナスや昇給がなく、時給がきまっているので働いた分しか給与がもらえません。経営状況が悪化すると、真っ先に首になるのは登録型派遣です。有期雇用なのでクレジットを作りたいときに審査に通らない可能性があります。
常用型派遣は登録型派遣に比べると安定していて昇給もありますが、直接雇用の正社員に比べて給料が低い場合があります。派遣先がなくなれば正社員でも解雇される可能性があります。3年おきに違う施設や部門に異動するので、利用者との信頼関係が気づいて業務に慣れてもまた一から覚えなくてはいけないという状況に陥ります。

デイサービスやショートステイで働く場合、送迎業務を派遣スタッフにお願いされる場合があるかもしれませんが派遣会社から来ている派遣社員は、原則車での送迎は禁止です。

もし、派遣会社と施設側の責任問題になるので頼まれてもすることはできません。

介護派遣会社によっては過大なノルマがあり、派遣スタッフをしつこく電話で強引に勧誘し、ブラックの施設に派遣する場合もあります。

強引な勧誘を避けるためには、はっきりした態度をとることが必要で、介護の知識も身に着けておくことが大事です。

 

 

 

image31

 

 

まとめ

介護の派遣会社は老人ホームやデイサービスなどで働く側と雇う側の仲介をするところです。派遣会社にはコーディネーターとして介護の仕事を紹介したり、相談に乗ったり、就業するサポートをしています。

より自分にマッチした仕事先を探すには派遣で働くとサポート体制があるので安心です。

qna