福祉タクシーはどんな使い方ができるの?補助金は?

Document

身体自由な人であれば、移動するときに電車を使うことが多いのですが、もしあなたの身の回りに(ご親族やお友達など)体の不自由な人がいたとき、あなたはどのように彼らと移動するのか。
こちらの記事では、身体不自由な方が移動手段に困ったときに使える資源「福祉タクシー」についてご紹介させていただきます。

 

福祉タクシーとは

高齢者や体の不自由な方の外出や移動を支援するタクシーサービスには介護タクシーや福祉サービス等数種類ありますが、それぞれの種類によって運転手が保有する資格、車両の種類や料金体系などについてはそれぞれ異なってきます。

その中でも今回紹介させていただく福祉タクシーとは、一般タクシー事業者が福祉自動車を使用して行う運送や、障害者等の運送に携わるタクシー事業者が行う運送のことを指す。先進国の中で最も高齢化が進んでいる日本では、年々増える身体障害者のニーズが高まることにより、福祉タクシーの車両数は着実に増加してきております。車種別車数量では車椅子専用車が最も多きい割合を占めており、次いでは兼用車となっています。それ以外にも回転シート車、セダン車や寝台専用車があります。

福祉タクシーは特に身体障害者が外出するときの移動をサポートするためのサービスとなるため、高齢者のご利用は含まれておりません。そして福祉タクシーでは、身体不自由な方には車椅子のまま乗車できるリフト付車両が導入されたりしています。ここで一つ注意していただきたいのは、乗務員は基本的に乗客の体に触れることが不能なため、ご親族のためにもタクシー乗車時には家族や付き添いの方などを必ずサポートで入るようにしてください。

 

 

6525e0996d7a04cd5b5530a0339db279

 

 

福祉タクシーの役割

障害者や高齢者が暮らしやすい街づくりは、高齢化が進んでいる日本の一番大きな課題の一つといっても過言ではないでしょう。その課題を解決するための一つの手段として、福祉タクシーは取り上げられることができます。福祉タクシーとは一般的に、車いすに乗ったままでも乗車できるタクシーではありますが、体の調子が悪いひとでもご利用することができます。

外出することに不安を抱えておられる身体不自由な皆様の足として福祉タクシーのご利用をお勧めいたします。特に以下のような方にぜひお勧めいたします:障害を抱えている方、車いすを利用している方、転倒などの不安がある方、歩行補助杖を利用している方、歩くのに介助が必要な方などです。

また、福祉タクシーでは以下のようなシーンで活躍することができるでしょう。

利用シーン

① 天気のいい日は遊園地に
② 外での楽しい食事に
③ 時にはスポート観戦に
④ 病院への通院に
⑤ 介護福祉用品のお買いものに
⑥ 楽しみにしていた演奏会に

体が不自由だからといってあきらめている方にはぜひこの福祉タクシーをご利用頂き、お買い物やレジャーを普段の生活を楽しみませんか。
利用料金は各事業所によりますが、一般のタクシーと大差ないので、お気軽にご利用いただけます。詳細については担当のケアマネージャーに相談するか、サービスを提供している事業所に直接問い合わせてみましょう。

 

 

タクシーイラスト画像_1

 

 

福祉タクシーのご利用の流れ

ここでは、福祉タクシーのご使用されるときの流れについてご紹介させていただきます。

STEP1:

まず、ご利用される日にちが決まりました事業車へ電話で問い合わせ、利用内容や目的地を伝えると、利用する大まかな金額を教えてくれます。また、そこで要件や要望を伝えて、予約していただきます。条件について以下の数点について確認すると良いでしょう;①利用日、迎え時間、行き先②利用日に乗車する人数や名前③車両の種類(車いすもしくは兼用車など)③車いす利用する場合はご自信ものか事業社の車椅子を使用するかなど。

STEP2:

ご予約時間のお出迎え。
(乗車までの介助が可能の場合もありますので、事業社に聞いてみるのも良いでしょう。)

STEP3:

目的地までに到着、精算。
(現金以外でのお支払いについて各事業によって異なりますので、事前に確認してみましょう。)

 

福祉タクシーの注意点

福祉タクシーのご利用にあたって、以下の数点にご注意ください。

注意点4選

①保険適用

市町村によっては、介護補助制度がございますが、それはあくまで「介護タクシー」が対象となりますので、「福祉タクシー」では介護保険が適用されません。

②家族のサポート

福祉タクシーは乗務員が介護職員初任者研修の資格を持っていなくても運営できます。その代わり、利用者の身体に触れる介助ができないため、乗り降りのサポートは家族がする必要があります。

③利用用途

福祉タクシーは、利用目的が主に通院に限定される介護タクシーと違って、どのような目的でも利用することができます。例えば旅行や買い物などに利用することもできます。

④利用料金補助制度

市町村によっては、福祉タクシー利用料金補助制度がありますので、ぜひご利用されたい市町村のホームページにて福祉タクシー利用券の交付あるかどうか確認してみてください。
尚、利用できる対象者やタクシー会社などに規定がありますので、必ず詳細内容を確認するようにしてください。
(例えば、品川区では以下のようなサービスが提供されています。

URL: http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/page000003800/hpg000003772.htm)

市町村によっては「福祉タクシー」のことを「介護タクシー」と言っている場合がありますため、両者の性質は大きく異なるので、その点は事業所に必ず確認を取るようにしてください。

 

 

taxi_isu

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は福祉タクシーについてご紹介させていただきました。

高齢化が進む中、福祉タクシーとは高齢者や障害者にとって、とても安心できるサービスの一つなので、ぜひこのようなサービスを活かしていただき、ご親族などと幸せなひとときをお過ごししてみてはいかがでしょうか?
また、高齢化が進め日本社会の中で必要不可欠の社会資源となるこの福祉タクシー業界にビジネス展開されてみてはいかがでしょうか。

<参考元>
① 地域における福祉タクシー等を活用した福祉輸送のあり方調査-国土交通省
② 介護タクシーグループアイラス
http://www.ailus.jp/cpu/column/theme01/column06.php
③ NPO法人 日本福祉タクシー協会
http://www.fukushi-taxi.com/index.html

qna