要介護1について教えて!要介護1を学んで認定調査に備える!

nurse

皆さんは介護保険を適用して、介護サービスを受ける様な状態になられた時に要介護認定の資格取得が必要な事はご存知ですか?

今回はご存じない方のために介護保険の要介護認可申請について紹介します。これから認可申請を行われる方はで軽い症状要介護1についてご紹介したいと思います。

 

要介護1と介護保険

今回のテーマの「要介護1」 と言うのは要介護認定の区分の一部を言います。要介護認定の区分を理解していてもらう前に介護保険の基本的な事について理解していただければ、もっと要介護認定について分かっていただけると思います。

介護保険の基礎的な事から介護認定の認可までの流れを簡単に説明させてもらいます。

介護保険制度

皆さんは介護保険についてある程度のことは理解されているかと思います。40歳になると介護保険料の支払い義務が生じて、 65歳になると介護保険が適用できるようになる事はご存知かと思います。その時に送られてくるのが「介護保険被保険者証」です。しかし、もし介護サービスや、福祉用品等が必要になった場合、「介護保険被保険者証」だけではサービス等を受けることはできません。

それには要介護認定という資格の取得が必要になります。

要介護認定資格取得

在宅介護サービス、施設介護サービス、福祉用具の購入、住宅改修等のサービスを受けるためには要介護認定を受け、その資格区分によりサービスの適用範囲が異なってきます。その要介護認定資格取得の為に申請する書類、申請審査内容、さらに認定取得後の区分毎のサービスの違いを理解して頂く事で、今回のテーマの「要介護1」についてより理解して頂けると思います。

要介護認定資格取得申請書類

①印鑑
②介護保険披保険証
申請する本人が 65歳以下の場合は国民健康保険などが必要です。
③主治医の意見書
意見書は各市町村の窓口でもらうことができます。
それを ご自身のかかりつけ
主治医で 作成してもらうか若しくは、市町村で紹介してもらう医師で作成してもらえます。

要介護認定資格取得までの流れ

医師からの意見書も揃い申請手続きを済ませた後、申請者の審査が始まります。その審査結果により要介護認定の区分が決定します。
①1次判定
各分野の専門家による、審査、分析を行い 1次判定を行います。
②訪問日程調整
各市町村の担当調査員の自宅への訪問調査日程を調整をします。
③訪問調査
自宅で訪問調査員により、申請者本人へインタビュー形式の調査が行われます時間は約1時間程度かかります。調査内容は申請者の生活上でできない事や体の状態についてかなり細かいとこまで質問されます。(※注意点の項目で詳細を説明しています)
④2次判定
訪問調査員のインタビューの結果や一次判定の結果を総合的にコンピューターにかけ2次判定とします。
⑤認定結果通知
申請、審査を終えて 約1か月ぐらいで認定結果が確定します。その結果は自宅の方に通知され、それから各介護サービス等を受ける事ができる資格取得者となります。

介護サービス等を受ける為には

ご自身の介護認可が決定してそれで全ての介護サービスや福祉用具の購入ができるというものではありません。それをするためには、ケアマネージャーの存在が重要になってきます。介護サービスを受けるためにはケアマネージャーが作成する「ケアプラン」がなければサービスは受けれません。

介護認可を取得されてからいろいろなデイサービスを含む施設などを利用する場合もケアプランによる計画実行が必要です。

 

 

160119165641_0

 

 

 

要介護1とは

要介護認定決定

自宅の郵便受けに要介護認定の結果通知が送られてきて中には「要支援1~2」「要介護1~5」の区分のいづれかが結果として通知されています。今回はその7区分ある介護認定のなかで「要介護1」に紹介のさせていただきます。

要介護と要支援の違い

要支援

1.自宅で生活しながら受けるサービス
2.施設などを利用して受けるサービス
3.介護の環境を整えるためのサービス

要介護

1.自宅で生活しながら受けるサービス
2.施設などを利用して受けるサービス
3.介護の環境を整えるためのサービス
4. 施設入所して受けるサービス&

要介護1の状態

ここまでで介護保険の要介護認定を受けるまでの流れについて、少しは理解していただいたと思います。その中の要介護1のサービスや、利用限度額などについてこれから紹介させていただきます。

生活の一部に介護を必要とする状態
①食事や排泄はほとんど自分でできるが、時々介助が必要になる
②立ち上がりや歩行に不安定さがあり
③問題行動や理解力に低下が見られるときがある

このような状態に該当する人の内、適切な介護予防サービスにより状態の維持や改善が見込まれる人は要支援2に認定されることもあります。

 

要介護1の在宅介護サービス限度額

(2015年8月~)
1ヶ月当たりの支給限度額(1割及び2割負担)    受けれるサービスの内容
単位数:16,691単位                                                             *週3回の訪問介護サービス
上限額:166,910円 *1単位10円で試算                       *週1回の訪問看護サービス
地域よって単価の差はあります。                    *週2回の通所系サービス
東京、大阪等は11円~12円の間                                           *3ヶ月に1回程度の短期入所

自己負担:1割16,691円・2割33,382円                               *福祉用具の貸与(歩行補助つえ)

要介護と要支援の格差はかなりありますが、要介護状態になるということは体の具合も悪くなっている結果に、なりますのでやはり介護認定受けないような元気な、体が一番いいことです。

 

 

money_chokinbako

 

 

要介護1の特徴

要介護の認定を取得することで要支援状態とは色々な目んでの要介護ならでの特徴があります。

公的介護保険の給付

公的介護保険の給付は、要介護認定を受けた利用者が「1割または2割」の利用料を支払うことで、「現物給付」による介護サービスを受けることができます。

要支援との自己負担額の格差

[要支援2の上限額及びサービス]
単位数:10,473単位                                                  *週2回の予防訪問介護
上限額:104,730円 *1単位10円で試算            *介護予防系通所サービス
地域よって単価の差はあります。      *月2回施設への短期入所
東京、大阪等は11円~12円の間                             *福祉用具の貸与(歩行補助つえ)
自己負担:1割10,473円・2割20,960円

この数値でもおわかりのように要支援2と要介護1のひとつの区分での違いで上限額で毎月6万円以上の違いがあり介護サービスも要支援状態では予防という段階のサービス中心となります。では実際に要介護1で自己負担がサービスを受けてどのくらいになるか検証してみます。
*条件1 A子さん 65歳 *要介護1
* 受けているサービス     単価       回数      総額
訪問介護 3,580円    週3回月12回   32,500
訪問看護         8,140円 週1回月 4回 46,560
デイサービス 7,720円 週2回月 8回 61.760
ショートステイ      8,550円        1回 8,550
福祉用具貸与                月額      25,000
①利用料金合計 174,430円
②要介護1支給限度額 166,910円
③支給限度額超過分 ①ー② 7,520円
※単価は全国平均単価を適用 ※利用回数は要介護1適用範囲内で利用
④支給限度額内サービス利用額(1割負担)      16,691円
⑤支給限度額超過分 ①ー② 7,520円
⑥介護保険対象外サービス(ショートステイ食事1回 2,500円
自己負担合計④~⑥ 26,611円
ここでのシュミレーションでお分かりの様に、要介護1の認定を受けることによって介護サービスや デイサビスなどのサービスを毎月受けて月額3万円以下ですみます。しかしこれは要支援となると介護サービスが ほとんど自費に近くなります。月額上限額も変わり、もし同じサービスを要支援2で受けた場合、倍以上の 自己負担額になると思います。それだけに要介護1の認定は利用者にとっては、かなりの自己負担軽減額になります。

 

 

money_fly_yen

 

 

要介護1の注意点

要介護の認定、要支援認定においても行うことは申請の準備、書類申請 、一次審査、二次審査等を行います。いずれも目的は介護認定取得するために行いますすが、どの作業も申請には十分に気づかう必要があります。この申請から認可までの、なかで特に注意すべき点は訪問調査による面談インタビュー が最も緊張する場面でもあり 注意すべき点でもあると思いますその代表的な質問項目などをあげてみますのでこれから調査員の訪問を受けられる方は参考にしてみてください。

調査前に注意すべき点

1.認定調査の質問項目を、事前に確認しておく

認定調査の際、質問される項目の数は全部で74もあります。何を質問されるのかわからないまま、矢継ぎ早の質問に答えようとすると普段から思っていることでもうまく伝えられないものです。どんなことについて質問されるのかを事前に調べて、自分なりに回答を整理しておいた方がいいと思います。

2.普段の介護内容についてメモを取っておく

誰が、いつ、どのような介護を行っているのかについて、普段からなるべく細かくメモを取るようにしておくといいです。特に要介護者が認知症などで問題行動を起こすことがある場合は、それらの行動を記録しておき調査当日に調査員に手渡すと当日の様子だけではわからないことも伝えることが可能です。

介護日記などをつけている場合は特に気になる出来事があった日に付箋を貼っておき、調査員に見てもらうのもオススメです

3.これまでにした病気や怪我についてメモを取っておく

要介護認定の際の判断基準の一つである主治医の診断書には、必ずしもすべての既往歴が書かれるわけではありません。介護を行ううえで気になる病気や怪我の既往歴がある場合は、なるべく細かくメモに取っておき調査当日に調査員に手渡すと良く理解してもらえます。

調査当日の注意点

1.必ず家族が立ち会うようにする

要介護者だけで認定調査を受けると、プライドや思いこみなどのために普段できないことでも「できる」と答えてしまうことが珍しくありません。調査当日は必ず家族が立ち会い実情を詳しく伝えるようにしたほう誤解いを防げます。

更新のために面談を受ける場合はホームヘルパーやデイサービス、ショートステイなど日頃よく利用する介護保険サービスの担当者に同席してもらえないか相談してみるといいです。必ず同席してもらえるかどうかは断言できませんが、同席してもらえることになった場合は、普段の要介護者の様子をよく知る頼もしい味方になってくれるはずです

2.気づいたことは遠慮なく伝える

要介護度認定調査票には特記事項を記入する欄があり、要介護者の日頃の様子や行動などの具体的な記入があれば介護認定審査委員会で要介護度を検討する際の参考としてもらえます。調査員から質問されることだけではなく気づいたことや日常生活で困っていることなどがあれば、どんどん伝えて特記事項に書いてもらいましょう。

3. 困っていることはできるだけ具体的に伝える

困っているという状況を伝えるだけでは、調査員も正確な判断をすることはできません。「足の力が弱くなったので、洋式トイレでも手すりがないと立ち上がれない」「関節痛で膝が痛くて曲がりにくいので、和式トイレが使えない」「大たい骨を骨折して人工骨を入れる手術をしたため、股関節が開きにくい」など、できるだけ状況を具体的に伝えるようにしましょう。

4. ありのままの状況を正確に伝える

要介護者まかせで実際の介護状況より控えめに伝えてしまうと、要介護認定を受けることができなくなってしまいます。また逆に、要介護度を上げてもらおうと思って実際よりオーバーに伝えてしまうと介護認定審査委員会で「主治医の意見書と合わない」と判断され、再調査を受けることにもなりかねません。

調査員からの質問にはできるだけ正直にありのままの状況を正しく伝えるように心がけた方が印象的にはいいと思います。

 

 

counselor-e1447758463180

 

 

まとめ

介護サービスを受ける方にとって介護認定区分については最も気になる点で結果により、毎月の生活費でもかなりの金銭的負担の違いが出てきます。

申請にはケアマネージャー等の意見も参考にされて確実な認可取得が出来るように、今回お伝えしている事でお役にたてればと思います。

qna