老人ホームの費用を知りたい!入居一時金って?高いの?

care-home-fees1-880x495

有料老人ホームに入居するには、とうぜんですがお金がかかります。とくに入居一時金という有料老人ホーム特有の仕組みは少し複雑で、理解していないと損をすることも。けっして安い買い物ではない老人ホーム。

人によっては晩年を過ごす我が家でもあります。今回はこの有料老人ホームの費用についてご紹介したいと思います。

 

老人ホームの費用とは

有料老人ホームの特徴として、月額の利用料金とは別に、入居時にホームに支払う費用があります。それが「入居一時金」です。終身の利用権を取得することを目的としたもので、実質的には家賃の前払いと考えてよいでしょう。

金額はホームごとに任意に決めることが出来ます。数十万円から数億円という幅があります。最近は入居一時金を無料にしている法人ホームもあります。但し、一般的に入居一時金が0円の施設は、月額費用が高くなります。入居一時金は毎月の家賃に分割されて割り振られるからです。
この入居一時金ですが、入居時に一部が初期償却されます。初期償却分の割合もホームごとにさまざまですが、30%が多いようです。残りの70%分の金額から、償却年数で少しずつ償却されていきます。
もし、償却年数の途中で入居者がホームを退去した場合は、残っているお金が返還されます。老人ホームによって、入居一時金の額と償却方法(初期償却の割合、期間)は異なります。入居前に必ず確認が必要です。また、あまり一般には知られていませんが、入居一時金にはクーリングオフが適用できます。契約から90日以内に契約を解除した場合は一時金が全額返還されます。

 

 

img009

 

 

老人ホームの費用の種類

老人ホームの費用のウエイトを占めるのは、主に入居時に支払う「入居一時金」と「月額費用」です。加えて介護や医療にかかるお金なども計算にいれておかなくてはいけません。それらの費用について詳しくみていきます。

入居一時金

入居一時金とは家賃の前払い費用です。家賃相当額の全部または一部を前払いします。金額は施設によって0円(なし)から数億円と大きく幅があります。また各ホームで「償却期間」定められています。償却期間とは、前払い金をどのくらいの期間で使い切るか?ということです。
また一時金は初期償却されます。割合は30%程度が一般的なようです。例えば初期償却が30%で償却期間が5年間だったとします。一時金が1500万円だとすると、初期償却金が450万円。残りの1150万円を5年間で割っていく形になります。
一時金の初期償却の割合と償却期間が長いホームほど良心的な運営をしているところと言えるでしょう。入居一時金の場合は入居後90日以内に退去した場合は、入居一時金は初期償却分も含めて全額返還されることは覚えておいたほうがよいと思います。

月額利用料

つぎに毎月かかる費用についてです。この「月額利用料」は主に3つに分類されます。
家賃・・・居室を利用するための費用です。有料老人ホームが立地する地域の家賃相場等をもとに決定されます。またマンションなどと同じで、同じ施設でも居室の広さや間取り等に違いがある場合は、それにより家賃が変動する場合もあります。

食費

・・・多くは朝食、昼食、夕食それぞれに価格が設定されています。食べた分だけを負担することが多いです。介護付き有料老人ホームの場合は特別職(腎臓食、糖尿食)の場合は別料金になることもあるので確認しておきましょう。

管理費

・・・居室以外にも談話スペースや食堂などの共有スペースがあります。また浴室、空調などの維持管理のための費用です。清掃や、買い物代行まで含める所もあり、この費用に含まれる範囲は施設によって異なります。

医療・介護に関する費用

こちらは住宅型と介護付きの有料老人ホームで少し異なります。住宅型有料老人ホームは「介護保険上のサービス(入浴、排泄、食事の介助など)」は提供していないので、外部の在宅介護サービスを利用することになります。よって利用者ごとに金額は大きく異なります。
いっぽう、介護付有料老人ホームでは、ホーム内の職員が「介護保険上のサービス(入浴、排泄、食事の介助など)」を提供します。要介護度別に介護費用が決められています。看護師が配置されているので、簡単な処置は介護費用のなかに含まれています。

住宅型も介護付きも病院受診の費用は医療保険を利用するので、自宅にいる場合と変わりません。

 

 

 

illust3471

 

 

老人ホームの費用の入居金と償却金

入居一時金は、利用者が老人ホームに「前もって家賃を預けるお金」です。そのため、入居者が途中で退去することになった場合、償却分を引かれた残りのお金が返還されます。償却についてのチェックポイントを3つ紹介しておきます。

1.償却期間の長さ

一般的に、介護付きの場合は短く設定されます。5年程度が多いようです。住宅型の場合は長めに設定されます。10年〜15年程度に設定するホームが多いようです。

2. 初期償却される金額

入居一時金の初期償却とは、ホーム側の利益確保分として、入居者が入居した時点で引かれるお金のことです。これは各ホームが独自に決めることができます。とくに統一された基準はなく、0%から80%と、かなり幅があります。初期償却はクーリングオフ期間をすぎると戻ってきませんので、かならず確認しておくべき項目です。

3. 償却方法について

少し専門的になりますが、入居一時金の償却には、2つの方法があります。「定額償却」と「定率償却」です。「定額償却」は月割で同じ金額が償却されていく方法です。いっぽう「定率償却」は期限ごとに同じ率で償却される方法です。

 

老人ホームの費用 注意点

豪華な施設や、特別なサービスが付いている老人ホームほど、入居一時金、月額費用ともに高くなります。しかし、高いからといって満足できるホームとは限りません。反対に、料金が安いからサービスが劣るとも言えません。使えるお金を持っていることは選択肢を広げることは確かにできますが、良いホームを選べることとは直結しません。
ホームのサービスや居心地は、かかる費用の多寡よりも、スタッフの質と経営者の運営方針によります。老人ホームは単なるマンションではありません。マンションなら設備や部屋の快適さのみを追求してもよいかもしれません。しかし、老人ホームで最終的に頼れるのはそこで働くスタッフになります。
入居一時金を無料に設定しているホームも多くなってきました。住み替えに支障がでる初期償却金が少しずつ問題視されてきており、今後は入居金が無料のホームが多くなる可能性もあります。しかし、現在はまだ入居一時金を設定しているホームが多いのもたしかです。
「晩年をすごすところだから良いところを」、と入居一時金が高いホームを選び、月額費用も収入ギリギリのホームを選ぶと、あとで生活が成り立たなくなる可能性があります。例えば長期入院になった場合などはホームの費用と入院費用をあわせて負担しなければならなくなります。
単に金額だけで判断するのではなく、総合的に情報を集めるようにしましょう。

そして、一時金は余裕を持って支払える金額を条件にすべきです。

 

 

roujin_syokuji

 

 

まとめ

有料老人ホームを探しているときには退去時のことは考えないと思います。ですが、退去時に返還されるお金のことを考えておくのも大事です。有料老人ホームはとても高いものですし、また生活のベースになるところです。

少しでも居心地がよいところ、よいスタッフがいるところを選択したいものですが、もし自分に合わない場合、住み替えが可能かということも念頭においておきましょう。

qna