高齢者マークをちゃんとしてますか?高齢者マークを大解剖!

driving-laws-for-the-elderly

高齢者の運転事故が多くなっています。いぜんから高齢者の運転する車に貼られていた高齢者マーク(もみじマーク)ですが、最近はとくに目につくようになりました。身近に高齢ドライバーがいる人や、もうすぐ高齢ドライバーになるという人は高齢者の運転についてちょっと考えてみませんか?

今回は高齢者マークについてとりあげてみます。

 

高齢者マークとは

高齢者マーク(もみじマーク)とは70歳以上の高齢ドライバーが車に表示するものです。正式名称は「高齢運転者標識」といいます。高齢運転者標識とは、道路交通法に基づく標識の一つで、70歳以上のドライバーが運転する普通自動車に表示される義務があります。

見たことがある人も多いと思いますが、形状は四葉のクローバーをモチーフにしています。そこに「シニア(Senior)」の「S」を組み合わせた葉の部分が4色に塗られています。この色つかいと運転初心者が若葉マークを付けていることに対して、よくもみじマークと呼ばれます。この高齢者マークですが、いままでに多様な変遷をたどっています。

当初、高齢者マークは、1997年の道路交通法改正により、75歳以上を対象とした努力義務規定の標識として導入されました。この時はまだオレンジと黄色の葉形のデザインで、高齢者のイメージから「枯れ葉マーク」とも呼ばれました。

これが2008年には75歳以上を対象に表示の義務化がされましたが、翌2009年にはすぐに表示義務の不適用化となりました。しかし、2009年4月に75歳以上の高齢者マークの表示義務が撤回され、70歳以上のドライバーを対象とした努力義務となりました。

2009年からデザインの公募が何度かされており、そのたびにデザインが変わりました。見慣れたもみじマークヴァリエーションができたのはそのためです。最新のデザインのものは一見高齢者マークに見えませんが、これは慣れの問題でしょう。

 

 

untenmark01_11

 

 

高齢者マークの役割

この高齢者マークですが、70歳以上のものはすべて表示する必要はあるのでしょうか。道路交通法では、70歳以上のドライバーで「加齢に伴って生ずる身体の機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがある」場合に、高齢者マークを表示して運転するように努めなければならないとされています。

このようにあくまで努力義務であり、表示していなくても罰則が科せられる事はありません。
警察庁では表示を推奨していますが、理由としては、高齢者マークを表示した車に無理な幅寄せや割り込みをした者は「初心運転者等保護義務違反」に問われとされています。高齢になると運転がスローペースになる方がいますが、そういった方を守るためのものだと考えられるでしょう。危険運転に対する抑止力にもなるからです。

高齢でもまだ自分の運転に自信をもっている方は、高齢者マークをつけることをいやがるかもしれません。しかし、自分では感じないまでも感覚の衰えは確実に起こっています。高速道路の出口に逆走してはいる事故をおこした高齢者はふだんは何も問題なく運転をしていたといいます。

高齢になれば運転をやめろとはいえませんが、自分が高齢期にはいり、運転に必要な感覚が低下していることを自覚する意味で、高齢者マークをつけることは必要なことだと思われます。また周囲にも運転をアピールできるという点からいってもメリットと言えるでしょう。

 

 

382b96db287dbc18e0b6b59f62e7ed34

 

 

高齢者マークのつけ方、使い方

それでは高齢者マークを取り付ける位置と入手方法はどうすればいいのでしょうか?高齢者マークの入手方法としては、運転免許センターや自動車学校、警察署やホームセンターで購入できます。相場としては300円程度で購入できます。

もっと安く済ませたいなら100円ショップでも購入できるところがありますが、100円ショップのものは粘着性が弱いものを扱っている場合があるので、できれば警察や自動車学校などで売られているものを買ったほうがいいかもしれません。もちろん100円ショップで売られているものはだめというわけではありません。念のため。

高齢者マークの取り付け位置の取り付け位置は道路交通法によって定められています。「地上0.4メートル以上1.2メートル以下の位置に前方又は後方から見やすいように表示するものとする。」となっています。厳密にメジャーではかって取り付けなくてもよいとは思いますが、要は、他のドライバーから見えやすい位置に貼るということになります。

高齢者マークはデザインが頻繁に変わっていますが、古いものを貼っていてもとくに問題ありません。しかし、シールも経年劣化で色があせて見えにくくなりますので、新しいデザインのものがでたのをよい機会として、張り替えることも必要かと思います。

 

高齢ドライバーの注意点

最近は高齢者が起こす自動車事故がよくニュースで取り沙汰されています。事故を起こした高齢者を調べると認知症であった例もありますが、認知症でなくとも高速道路を逆走してしまうような判断力の低下したドライバーも見受けられます。

高齢者マークを愛車に貼るようになった高齢のドライバーは、以下の点に注意するようにしましょう。

注意点

・ブレーキの反応が鈍くなっているので追突しないよう車間距離を取る。
・周囲の状況を把握する力が低下していることを自覚し、危険を素早く察知する。
・一時停止の場所を見落とさないようにし、発進するときは徐行運転。
・交差点での左折時には、子供など見えにくい対象者がいないか注意する。
・運転に自信が持てなくなったら免許の返納も考える。

交通手段が地域になく、生活のために車を運転しなければいけない方もいますので、注意して運転するようにいただきたいと思います。高齢者マークをつけるのをはずかしいと思う方もいると思いますが、義務と考えるべきでしょう。高齢者マークをつけていた場合、初心運転者等保護を受けられるようになります。

例えば高齢者マークを表示した車に無理な幅寄せや割り込みをした場合、初心運転者等保護義務違反に問われます。こういった場合の罰則は反則金と行政処分が課せられます。そういった危険運転に対する抑止力になることも知っておきましょう。以下に道路交通法第71条の5第3項を抜粋しておきます。

〈道路交通法第71条の5第3項〉

普通自動車対応免許を受けた者で七十歳以上七十五歳未満のものは、加齢に伴つて生ずる身体の機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがあるときは、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けて普通自動車を運転するように努めなければならない。

・反則金
大型車(中型車を含む):7,000円
普通車・二輪車:6,000円
小型特殊:5,000円

・行政処分:基礎点数点1点

 

 

car_driving_woman

 

 

まとめ

高齢者マークの表示は努力義務であり、表示しなくても罰則はありません。しかし、表示せずに自分が自動車事故をおこし、検挙された場合、注意されることもあります。交通事故は自分だけでなく、家族や相手の安全をおびやかし、多大な影響を起こします。

 

高齢者マークの表示は自戒の象徴です。車が必要な生活をしている方には最新の注意をして運転していただきたいと思います。

qna