デイサービスの管理者ってどんな仕事してるの?一日の流れは?

services_geriatric-manager

在宅介護サービスの中で最も頻繁に利用するものに通所介護(デイサービス)があります。デイサービスは要介護者にとって、とても身近なサービスです。在宅介護を支えるには必要不可欠といっても良いでしょう。そんなデイサービスですが、運営の要になるのが管理者です。管理者によってデイの個性が決まるといっても過言ではありません。

今回はデイサービスの管理者についてご紹介したいと思います。

 

デイサービスの管理者とは

在宅介護サービス事業所にはそれぞれ管理者をおくことが法令で定められています。訪問介護、訪問看護、訪問リハビリ、訪問入浴、通所リハビリ、福祉用具貸与など、すべての事業所に管理者がいます。訪問介護事業所の場合はサービス担当責任者という名称でも呼ばれます。

デイサービスにも管理者を必ず一人置かなくてはいけないことになっています。利用定員10名以下の小規模施設であっても常勤勤務しなければならず、さらにもっぱらその職務に従事すること、という条件があります。ただし、管理者は他の業務と兼務することが認められています。

規模が大きくないデイサービスでは、管理者は他の職種と兼務することが多いようです。これは主に人件費削減のためです。兼務として多いのは生活相談員、もしくは介護職です。とくに生活相談員と管理者の業務は重複することも多いので、小規模なところほど兼務している例が多いと言えるでしょう。結果的にはそちらのほうが効率がよくなるからです。

デイに置かれる生活相談員や看護師、栄養士などの専門職には資格が必要ですが、管理者には特別な資格は必要とされていません。それではこの管理者は具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。

 

 

syokujikaijo

 

 

デイサービスの管理者の役割と業務内容

管理者の仕事は、デイサービス全体の運営・管理にあたることです。具体的には経理や予算、事業計画の策定、職員採用や人事評価など、経営業務全般を行います。これらを法人の理事や施設長に現場の意見をあげながら作り上げていくのが仕事です。

また管理者の大切な役割は、施設の利用者やそこで働くスタッフが快適に過ごせる環境を整えることです。さらに重要な役割として、従業員に指揮命令をして法令を遵守させることもあります。介護保険は複雑な内容になっていますので、デイサービスが行うべき保険サービスとそれ以外のものを明確にしておかなければなりません。

例えば送迎時には買い物などを理由にデイと自宅以外の場所におろしてはいけないことになっています。一般的な介護職員はそこまで把握していないことがありますので、管理者が指導する必要があります。デイのサービス内容も法制度にしたがったものでなければなりません。

また利用者の送迎や入所案内、職員の勤怠管理、営業もこなします。通常の介護業務を行う場合もあります。管理職は施設の顔となる存在です。ケアマネとのやりとりや、苦情対応も大切な業務内容です。このように、管理者の仕事は多岐にわたります。

 

デイサービスの管理者の一日の流れ

次に管理者の仕事の一日の具体的な流れを見ていきましょう。管理者といっても介護をしたり、また相談員としての仕事も同時進行で行っている場合が多いので、非常に忙しい一日となります。下は管理者の一日の例です。

1日の流れ

朝礼

朝に全スタッフに申し送り事項を述べます。利用者の休みの連絡などが入っていれば伝えます。

送迎

車で送迎に出ます。利用者は地域に点在しているので人手がいります。

食箋提出

昼食の食事箋を栄養士に提出します。食事箋がないと昼食提供した証拠が残らないため、大事な仕事です。

稼働率会議

経営者などと先月、今月の見込み稼働率をもとに来月の対応を検討します。営業をかけるかどうかなども話し合います。

昼食介護

昼食時には職員も昼休みにはいるため、人手不足になりやすいものです。管理者といえども昼食介護にはいることは多いです。

サービス担当者会議参加

ケアマネとのサービス担当者会議があれば参加します。生活相談員の仕事ですが、兼務の場合は管理者も参加します。

サービス計画書の作成,/h4>
デイの個別援助計画書を作成します。一人ひとりの利用者にそれぞれ必要です。ケアマネの居宅介護サービス計画書をもとに作成します。

送迎

帰りの送迎です。何かかわったことがあれば家族に申し伝えます。

反省会

一日の業務のなかで気になったことなどがあれば全員でシェアします。その反省会を取り仕切ります。

レセプト入力

給付管理のためにパソコンへの入力作業です。これがサービス利用の実績になります。

翌日の送迎表作成

新しい利用者などがいればその送迎ポイントなどをいれこんで翌日の送迎表を作成します。

 

 

 

syazai_business_man

 

 

デイサービスの管理者 注意点

上で見てきたようにデイサービスの管理者の仕事は非常に多岐に渡っています。それでは管理者としての注意点とはどのようなものでしょうか。
まず求められる人材として、リーダーシップと人と接することを楽しめる人でしょう。施設の運営を任されるため、責任感も必要です。
介護の現場は度重なる制度改正によって常に変化します。新規の情報や今後の動向などを把握して運営していく必要があります。そのためにはつねに新しい情報を収集する気持ちをもつ人が適任です。
また、管理者はスタッフを教育するのも仕事の一つです。研修を企画して自分が講師になったり、外部研修の計画をたてます。それだけでなくスタッフの悩みの相談にものりますし、対外的なトラブルや利用者からの苦情対応なども行います。
このように他者からの感情を受け止め、それを上手にコントロールし、返していく能力も必要です。また自分自身の自己覚知(セルフコミュニケーション)能力も問われます。俯瞰的なものの見方ができる人が向いているといえるでしょう。
管理者の仕事でいちばん重要なのは、人材をまとめていくことです。

どれだけ優秀な人材が集まっても、まとまりがなければより良いサ―ビスの提供はできません。スタッフが互いによいコミュニケーションがとれる職場環境を整えるようにすべきです。
デイの管理者になるには、事業所の新規立ち上げのときか、前任者が退職したとの後任としての2通りあります。とくに後任として採用された場合は、前任者が築いた方法や雰囲気を大切に引き継ぐように心がけるべきです。

スタッフは自分たちがやり慣れた方法を変えられることに抵抗を示すものです。ですから、改善点を見つけても、それを1人で変えようとせずにかならずスタッフに一度提案する必要があります。
更により良い施設にするためにはどうすればよいかを全員で考えていきます。しかし、ときとして速やかな対策が必要な場合もあります。
その場合は責任者として解決するように働きかけていきます。客観的な判断、真摯な姿勢によって、利用者やスタッフは信頼を寄せるものです。まずはしっかりした信頼関係を築くことで、より良いデイ運営の基盤とするようにしたいものです。

 

 

生活相談員-292x292

 

 

まとめ

デイサービスの管理者は多くの仕事をこなさなければなりません。事業所の問題点や改善点が管理者まで情報が上がってくる風通しのよい職場環境作りを行い、対外的な対応もしつつ、利用者の満足度をあげるための運営指針を示す。大変ですが、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

ますます在宅介護サービスが重要視される今後、デイサービスに課される期待と責任はいっそう大きなものになるのではないでしょうか。

qna