介護福祉士とは?介護福祉士について大紹介!

dementia_carer_A-orig

「介護福祉士」と言う名前は聞かれまたことありますか?

介護福祉士は福祉の資格の中で優位国家試験の社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士の国家資格の1つです。合格率も厳しい資格なので取得する事が難しいですが、最近は試験内容を緩和され取得しやすくなりました。
そんな国家資格の重要な「介護福祉士」について今回はわかりやすくご説明させていただきます。

 

介護福祉士とは

介護福祉士の存在

介護福祉士には国の方針として利用者の状態に応じた介護や、他の職種との連携を図るための幅広い知識や技術の習得が必要とされています。 更に初任者研修修了者や実務者研修修了者が行う業務と同様で、
通常の利用者への介護サービスも行い、並行して要介護者についての様々な情報活動やアドバイスを的確に行っていきます。その結果初任者研修修了者や実務者研修修了者は利用者に対して正しい介護指導方針を持って介護サービスにあたることができます。

介護福祉士は現場で働く介護職の手本となるべき位置づけにある存在です。
また、介護福祉士は専門的知識と技術を持って今増加しつつある認知症や寝たきりのお年寄り、障害があるために日常生活を営むことに支障がある人たち、に対し身体的、精神的、自立を助けるために専門的介護を行います
その利用者の家族などに対しても介護に関する専門的指導を行い、安心した介護に取り込めるよ専門的な国家資格を持っている立場の存在です。

介護士福祉士が持つ国家資格の意義

介護福祉士の国家資格は昭和62年5月21日に成立し5月26日に公布された国家資格で、社会福祉士及び介護福祉士法に定められており、今後増え続けてくるであろう高齢化社会のに対応するために専門的知識を持つ社会福祉士と介護福祉士の名称でこの法律が成立しました。

この二つの国家資格の制定により難易度の高い病気や症状などの要介護者に対して高度な介護サービスや要介護者への対応が可能となってきます。この二つの国家資格を制定することにより、今後はより高度な社会福祉の社会を実現させることに近づける事だと思われます

社会福祉士と介護福祉士の違い

社会福祉士と介護福祉士はどちらも専門的知識や技術を持って臨む資格です。社会福祉士は主に福祉に関する相談、助言、指導等の間接的な業務で、介護福祉士は入浴、食事、排泄その他利用者やその家族に対して介護に関する指導を行う重要的な援助となります。社会福祉士も介護福祉士も同じような業務内容ですが基本的に違うのが社会福祉士は「相談援助」という基本で介護福祉士は 「介護援助」と言うのが基本としています。

 

job_kaigoshi_woman

 

 

介護福祉士を取得するためには

介護福祉士を取得するための条件

厚生労働省の社会福祉士及び介護福祉士の国家試験の難関を乗り越えた人材は平成24年までの登録者数は社会福祉士が105千人 、介護福祉士が 1085千人になっています。

圧倒的に介護福祉士を目指している人達が 多いのが現実ですがこれだけの人材が難関を乗り越えても今の介護業界では十分な人材供給とは言えないような状態です。それでは介護福祉士の資格を取るためには、どのような条件があるかを説明いたします。

取得のための方法

介護福祉士の国家試験を受けるために次の様な法令が定められています。
1、実務経験による受験
2、福祉系高等学校卒業による受験
受験資格は以上の2通りがあります。実務経験とは3年以上で従業期間が1095日以上、従業日数が540日以上が条件とされます。
就業期間とは実務経験の対象となる施設や介護現場で休日なども含む在職期間で従業日数とは有給や研修など介護業務に従事しなかった日数を除き実際に介護などの業務に従事した日数です。

実際受験の申込日に3年未満でも筆記試験前日までに期間や日数がうえに挙げた以上の状態になる見込みの場合は受験が可能です。

受験資格の対象となる施設

1、社会福祉施設 (特別養護老人ホーム、障害施設など)
2、病院や病棟で主な業務が介護職員、看護補助者などの業務に携わっている人
3、介護事業所等に勤務の対象者

次のような職種は受験資格はありません。
生活支援員、児童支援指導員、心理指導担当職員など又社会福祉施設、病院、診療所の医師、看護師准看護師、機能担当職員、事務員など、また法人の代表者については受験資格がありません。

受験の流れ

受験は国家試験でも流れ的には簡単なことです。まずは筆記試験を受け、当然その合格者を対象に行われる実技試験を受けて、これに合格すれば介護福祉資格取得となります。

筆記試験

試験内容は120問出題されマークシート形式、試験時間は210分、試験科目 13科目です。
1、社会福祉概論
2、老人福祉論
3、障害者福祉論
4、リハビリテーション論
5、社会福祉援助技術(演習も含む)
6、レクリエーション活動援助法
7、老人障害者心理
8、家政学概論
9、医学一般
10、精神保健
11、介護概論
12、介護技術
13、形態別介護技術
試験の合格基準は問題の総得点の60%程度を基準として定めてあります。試験の合格率は第1回目こそ23.2%と難易度が高い試験となりましたが、近年は 60%を超える合格率表を保ってきました。実務者研修が必須となったら第29回は70パーセントを超えた合格率となりました。
「取れない国家資格」より「 とらせる国家資格」に路線変更することで人材が多いに不足ごしている介護業界への人材投入に大いに期待がされています。

 

 

kaigo_kurumaisu

 

 

介護福祉士に最適な資質

人との関わり

介護福祉士は技術面でも知識面でも、一般の介護職に比べて高度なものを持っていなければいけません。ゆえに 一般の介護職の手本となり、利用者に対する関わり方も通常の介護職に比べて色々な面での判断力や理解力等に敏感な事、介護の現場では転倒や徘徊等様々な条件を持った要介護者がいます在宅介護においても施設介護においても対象者は何らかの障害を持つ利用者です。

その利用者に対する関わり方は他の介護職とは格別な違いを感じることができるのも介護福祉士ならでの事です。

状況判断

在宅介護や施設介護においても介護という現場は、危険と隣り合わせの現場です。

まして現場の中心的存在が要介護者と言う障害を持たれた方で介護する側は常に「危険」という事を頭の片隅に置いてサービスに取り組まなければいけません。もし何らかの原因で転倒や事故が起こった場合瞬時の判断力、決断力が大きく言えば利用者の生命の危機に関わる様なこともあります。
そのためには介護福祉士の高度な技術や知識力により瞬時の判断力、行動力などによって事故の予知、防止につなげることができる存在だと思います。

介護福祉士の適性

介護福祉士は今まであげてきましたように判断力や行動力が非常に重要な要素となります。ゆえに周りとの協調性、連携の取れない人は介護福祉士の適正には不向だと思われます。
それだけ介護福祉士というのは周りとの連携また同じ介護職の人たちに対しても的確な判断、指示をださせる様な人材でなくては介護福祉士は勤まらないと思います。

 

介護福祉士のメリット、デメリット

介護福祉士は専門的な知識と技術を身につけていると証明された国家資格なので介護職員を取りまとめる現場のリーダーとして活躍することができます。
それは給与にも反映され、資格手当がつくところも決して少なくありません。介護サービス全体の質を向上させる狙いから、政府は介護福祉士を介護職員の中心的位置づけとしていく方向性で進んでいます。
また介護事業所での訪問介護サービスの規定で、配置が義務付けられている「サービス提供責任者」としても実務をこなせる資格があるので介護事業所でのスペシャリスト的存在に扱われることは間違いありません。

国家資格の重み

介護福祉士の最大のメリットは国から介護の専門家として認められたことではないでしょうか。この資格は誰でもが持てるというものではありません。やはり国家資格試験という難関を乗り越えなければいけません。
それだけで社会では重みのある資格として十分に認められると思います。

あなたが就職する際も国家資格取得者としての大きなメリットが就職の面接の時に輝いて見えると思います。国家資格であるということから信頼性は高く、求人を出す側、介護される人、介護を受けている人にとって、資格を持っていることが安心の目安であることも考えられます。
介護福祉士は通常は、他のヘルパーとし同じで介護サービスを中心に行っていますが、介護福祉士は介護現場では、最も権威ある国家資格保持者であるので在宅においても施設でも、
利用者やその家族、周りの介護職から知識面、技術面等での高い信頼性を求められている立場的人材でもあります。

介護福祉士の需要

現状介護福祉士は、施設や在宅介護の現場において女性が8割近くをしめており、男性の介護福祉士はまだ比率的に高くはありません。しかし今後は男性の資格保持者も増え需要も増加する事は予想されています。
国の方針でも施設で働く職員は介護福祉士相当がよいとされ、(介護福祉士でなければいけないというわけではありません)、
将来的にはさらに施設での需要が多くなると見込まれています。介護福祉士の資格は介護現場で働くためには必須資格となる可能性もあり、介護施設には介護福祉士の人員の設置が義務付けられるという事も検討されています。
介護福祉士はこれからますます介護の分野では、需要は高まっていくでしょう。

 

 

 

介護福祉士の試験について

資格取得のための学校

介護福祉士の試験受けるために先の項目でいろいろと説明してきましたが、その中の一つ資格取得のための学校についてもう少し掘り下げていきたいと思います。
①2年以上の介護福祉養成施設(専門学校、短期大学、大学)を卒業する
②福祉系の大学で必要科目を履修し、その後1年以上の介護福祉士養成施設を卒業する
③社会福祉士養成施設などを卒業後、1年以上の介護福祉士養成施設を卒業する
④保育士(保母)養成施設を卒業し1年以上の介護福祉士養成施設を卒業する
以上の4通りがあります。
ここでの養成施設とは厚生労働大臣が指定する学校のことで、これは全国に約490学科の養成課程があります。
養成施設への入学は性別や年齢制限は原則ありませんが、学校によって制限を設けているところもあります。女子短期大学に、男性は入れません。
卒業だけでは資格は取れませんが受験資格を取得できる通信制の学校もあります。

技術試験免除制度

介護福祉士国家試験は従来、筆記試験合格者がさらに実技試験を受験し、これに合格してはじめて介護福祉士の資格を得られる仕組みでした。
厚生労働省は、平成17年度からこの制度を改革し介護技術講習制度を導入しました。この新しい制度は、筆記試験については従来どおりですが実技試験については受験者はあらかじめ実技試験か介護技術講習のいずれかを選択し、介護技術講習を選択した者は養成施設が実施する32時間以上の講習を受講し、講習内容の修得状況を含めた総合評価や受講態度などを総括的に評価・判断の結果、修了認定を受けた者には、その者の申請により、介護技術講習を修了した日以降に実際に介護福祉士国家試験(筆記試験)を受験したか否かにかかわらず引き続いて行われる次の3回の実技試験を免除するというものです。

 

介護福祉士の注意点

受験の時の注意点

受験申し込み時に、「実技試験を受験するコース」か「申請により実技試験を免除するコース」のいずれかを選択しなくてはなりません。さらに筆記試験の前に介護技術講習を受講 修了しておく必要があります。
受講定員には定員があるため必ずしも希望する実施施設で受講できるとは限りません。実施施設によっては抽選方式をとるところもありますので、早めに確認することをお勧めします。

現状の問題点

現在介護福祉士を取り巻く介護の環境は介護福祉士に限らず、介護現場で働いている介護職全員に匹敵すると思いますが様々な問題は山積みされているような状態が現状です。
待遇面での改善、それに伴う常に抱える人材不足の問題、頻繁に繰り返される介護保険制度の見直し、それに伴う書類の山積み介護の現場はボランティア的な人材による労働力で行われていると言っても過言ではないでしょう。
介護の業界はここ10年さかのぼって振り返ってみても待遇等の職場の改善ついては何だ手を打たれてないって言っても消して、大げさなことではないと思います。反面要介護者の増加により一人の介護職にかかる、
負担はかなり重労働になり腰痛や体の不具合の変化を訴える介護職が多く見られます。また介護福祉士もサービス安全責任者と兼務など事業所内での様々な仕事に従事させられ、1日の勤務時間も長くなり今後体の維持が大変な環境になって来ることが予想されています。

 

 

family_big

 

 

まとめ

介護福祉士という職種少しは理解していただきましたか。

しかし 介護福祉士に限らず現在介護の世界は介護する側と介護される側の状況がかなりの格差があります。介護福祉士と言う国家資格おいても他の様々な国家資格に比べて介護福祉士の資格は相当の評価に値されていないように想われます。

今後若い人たちもこの資格に挑戦して、それを生かすため利用する現場から改善する必要性が大いにあると思われます

qna