よく聞く「介護レクリエーション」って何?医学生が調べて紹介します!②

maxresdefault

 

前回は介護レクリエーションにについてざっくり説明しました。

 

今回からは具体的なレクリエーションについて紹介したいと思います。

具体的なレクリエーションについて

 

☆レクリエーションの種類(前回の復習)

 

①頭を使うレクリエーション(脳トレ)

 

②身体を使うレクリエーション

 

③手先・指先を使うレクリエーション

 

④歌・音楽のレクリエーション

 

⑤社会貢献のレクリエーション

 

①頭を使うレクリエーション(脳トレ)

 

・〇文字しりとり

 

グループごとに文字数に制限のあるしりとりを行ってもらいます。

 

(例 三文字しりとり:りんご→ごりら→ラッパ…)

 

参加者のレベルによっては、○文字の食べ物のしりとり、などの調節をしてみるとより楽しめるかもしれ

ません。

 

・数式の泉

 

五人一組のグループを数個作ります。各グループに紙を一枚配り、「答えが30になる数式は?」とい

うように数字の指定をします。

 

(例 5×6、15+15…)

 

制限時間の一分間に何個できるか、グループごとに競うとより盛り上がります。

 

 

②身体を使うレクリエーション

 

・新聞紙へびとり

 

椅子に座って、二人一組で行うゲームです。二人の間に新聞紙(幅10cmぐらい)を一枚床に置きます。足

のみを使って、新聞紙を取り合います。瞬発力を鍛えるとともに下肢の筋肉を鍛えることができます。

 

・風船バレー

 

二つのチームに分かれ、向かい合って座ります。うちわで風船をあおぎ、相手のチームの床に風製を落

としたチームの勝利です。

③手先・指先を使うレクリエーション

 

・折り紙

 

利用者になじみのある、定番のものや季節のイベントごとに即したものを作り、目に見えるところに飾

るといいかもしれません。

 

・新聞紙ビリビリ

 

制限時間内に 新聞紙を何分割できるか競うゲーム。ちぎり方を「両手」「片手」など制限を付けてい

くとより盛り上がると思います。

④歌・音楽のレクリエーション

 

・わらべ歌や童謡を歌う

 

・音楽を聴きながら、頭に思い浮かんだイメージを絵にかいてもらう

⑤社会貢献のレクリエーション

 

・異世代交流

 

保育園や幼稚園の子供達と交流する中で、子供たちにゲームを教えて、満足感を得ることもできます。

 

・バザーなどで作品の販売

 

趣味活動の一環にもなるうえ、社会参加のきっかけになります。

 

 

まとめ

 

今回は介護レクリエーションについて紹介しました。

 

次回は介護レクリエーションの素材・ネタ探しにおすすめのサイト、レクリエーション介護士について

説明します。

qna