介護サービスの基本を学ぶ!

dementia-care

介護サービスをいざ使おうと思ったとき、たくさんの種類のサービスがあります。選ぶのも大変ですが、どうやってサービスを受けていいか分からないという意見も多いですし現場で働いている方もお客さんから聞かれて困ったという意見もよく聞かれます。

介護サービスの基本を今回は学んでみましょう!

 

介護サービスとは

介護サービスとは、介護保険法で給付されるサービスのことと前は言われていました。しかし、最近では混合介護と呼ばれるものや介護保険外サービスの検討も行われており、介護保険を使ったサービスのみのことを指さなくなりました。
では介護の定義とはいったい何でしょうか?

介護とは…老齢また心身の障害によって日常生活を送ることが出来なくなった人に対して生活の自立を図れるよう支援することです。

具体的な支援

・日常生活動作の介助
・健康面の管理
・社会活動の支援
・掃除、調理などの家事などが挙げられます。

サービスは多様にあり、その中から利用者の性格、どれくらい介護が必要なのか、介護にどれだけのお金がかけられるのかをケアマネジャーが見極めてサービスを受けられるように計画をするのです。
では実際にどのようなサービスがあるのでしょうか。
たくさんのサービスの内容がありますが、まず2つの種類に分けられています。

それが【在宅介護】と【施設介護】と呼ばれるものです。

【在宅介護】とはお家で介護を受けられるサービスのことです。【施設介護】は特別養護老人ホームのような施設で介護を受けられるサービスです。

ではどのようなサービスの種類があるのでしょうか?

 

 

pic_00

 

 

介護サービスの種類と内容

介護サービスとは先ほど挙げたように、【在宅】と【施設】の2種類あります。
今回は介護職が関わるところをあげます。

【在宅】

①訪問介護

訪問介護は居宅サービス中で最も利用されるサービスです。

②訪問入浴介助

巡回入浴車で家を訪問して入浴介助を行うサービスです

③通所介護

デイサービスともよばれています。日中デイサービスを提供する施設の方へ赴き日中の活動を提供してくださいます。

④短所入所生活介護

ショートステイともよばれています。利用者が数日から、1週間ほど宿泊するシステムです。これを利用して介護をする方が少しでも休みを取れるよう提供します。

⑤特定施設入所者生活介護

介護保険の指定を受けた有料老人ホームやケアハウスで過ごせるように援助するサービスです。
一見施設サービスに見えますが在宅介護になります。

⑥福祉用具貸与

家で暮らせるように住環境の整備をするために福祉用具のレンタル、もしくは特別福祉用具【シャワーチェア、ポータブルトイレなど】を販売することです。

⑦住宅改修

⑥と似ていますが、こちらは手すりの取り付けなど工事作業により、住宅を整備します。

【施設】

⑧特別養護老人ホーム

都道府県知事の指定を受けて、介護保険施設となったもので、入所には様々な規定があります。

⑨介護老人施設

医療と福祉の両方のサービスを提供することで、病院から自宅、施設へと橋渡しを担う施設です。

これだけのサービスがあり、介護保険を使える人は何かしらのサービスを使っているんだなと思われるかもしれません。しかし、実際認定を受けているにも関わらず1割の方は介護保険サービスを全く使っておられないのです。なぜでしょうか?

 

 

介護イラスト(お風呂)

 

 

介護サービスの保険を使う?使わない?

高齢者の中には、「福祉サービスを受けるのは恥ずかしい。」「私はそんなサービスを受けなくても問題ない。」「家族以外の人を家に来てもらうのはちょっと。」といった意見があります。もしかしたらいざ我々も高齢者と同じ状況になったらもしかしたら同じことを思うかもしれません。
また「ここのデイサービスはリハビリがないからいやだ。」男性の場合「デイサービスは知らない人が多いしさらに女性が多くていやだな。」とか事業所の方針が合わなくて拒否をされる方もたくさんいらっしゃいます。なるべく介護保険のサービスを使うことで、本人様の負担を減らすということもできるし、その家族さんの介護の負担を減らすことができるので可能であれば受けるといいと思います。ですが結局使うか使わないかを決めるのは本人様、もしくは本人様に決定する能力がない場合はその代理人さんです。しかし、明らかに本人様に何かしらのサービスがないと怪我をするリスクが高い、家族さんの負担が大きくなりすぎるなどということがわかっている場合きちんと提案してあげないといけません。どうして本人様がそのサービスを嫌がるのか、では違うサービスに変更することで補えないかなどの検討は必要になってくると思います。
では介護サービスの注意点はいったい何でしょうか?

 

介護サービスの注意点

介護サービスでまず気を付けなければならないことは【要介護認定】ではないのでしょうか?
なぜなら介護度によって受けられるサービスが変わってしまいます。介護度が高ければ高いほど、大きなサービスが使えるようになるのです。
また介護サービスには区分支給限度基準額いわば限度額が存在します。

区分支給限度基準額

要支援1 50,030円
要支援2 104,730円
要介護1 166,920円
要介護2 196,160円
要介護3 269,310円
要介護4 308,060円
要介護5 360,650円

この限度額を超えてしまうと残りの負担金は自費になるので注意が必要です。
しかし、いくら使ったかいちいち計算できないと思います。
そういった悩みを介護支援専門員=ケアマネジャーがいるのです。
ケアマネジャーはその人、一人ひとりに合わせたケアプランを作成して、限度額を超えないように調整しつつ他の事業所と連携できるようにするのがお仕事です。

もう一つの注意する点というより是非ともしてほしいことはケアマネジャーに相談するのは必要だとは思います。
介護サービスを使うためにはどうしてもケアプランを作らなくてはいけません。規定により本人様、家族様が作ることはできますが、限度額があり、たくさんの種類もあり、そこから絞ってケアプランを作成するのはとても大変なのです。

 

 

medical_houmon_iryou_man

 

 

まとめ

介護サービスにはたくさんの種類があり、役割が一つ一つ違います。そこをうまくかみ合わせることによって利用者の人生をよりよいものにしていくことが目標になります。

難しいところではありますが、様々な理由でサービスを拒否される方もいらっしゃいます。そうした思いをくみ取りながら、その人が日々の生活を送りやすいように設計するのも大切ですね。

qna