老人ホームの種類を教えて!

Wayne County CC_54_0

核家族化が進む現代、高齢夫婦世帯や高齢者の独居が増えています。実際に介護が必要になったときに同居できる家族がいることは稀で、多くの場合は老人ホームの入所を余儀なくされます。
老いてから生活の場となる老人ホームでの暮らし。安心して過ごし、適切な介護や支援を受けることができる環境選びはとても重要ですね。

「老人ホームの種類」について詳しくご紹介したいと思います。

 

老人ホームの種類

目的や入居条件の違いによって、老人ホームや介護施設にはさまざまな種類があります。大きく分けると、介護付き有料老人ホームやシニア向けマンションなどの「民間型」と介護老人保険施設や特別養護老人ホームなど社会福祉法人や自治体が運営する「公共型」があります。

老人ホームにはどのような種類があるのかをみていきましょう。

■主に自立状態の方を対象とした施設

民間型

・サービス付き高齢者住宅
・高齢者専用賃貸住宅
・高齢者向け優良賃貸住宅
・シニア向け分譲マンション

公共型

・軽費老人ホーム
・ケアハウス

■要介護状態を対象とした老人ホーム・介護施設の種類

民間型

・介護付有料老人ホーム
・住宅型有料老人ホーム
・グループホーム

公共型

・特別養護老人ホーム
・介護老人保健施設
・介護療養型医療施設

 

 

tatemono_kaigo_shisetsu

 

 

老人ホームの種類の注意点

老人ホームは種類によって運営主体や介護保険制度適用の範囲も異なります。そのため、入居条件や料金設定も異なります。特に以下の点で注意が必要です。

注意点1:【料金設定・利用形式】

介護保険の定めの中で利用料金や負担限度額(※)の減額の適用施設が異なります。
例えば介護老人保健施設では世帯の収入割合に応じて居住費と食事代が減額対象となると、通常料金が割り引かれますがグループホームでは減額を適用させることができません。
※負担限度額による減額:世帯の収入によって、居住費・食費が減額となること。ショートステイや介護老人保健施設、特別養護老人ホームなどの利用で適用されます。

利用料金についても、介護老人保健施設や特別養護老人ホームでは利用した期間(利用した日数分)に対しての請求となりますが、グループホームでは1か月の定額となります。

高齢者専用賃貸住宅やシニア向け分譲マンションでは各々の契約書の内容によって料金や提供されるサービスが異なり、オプション的に料金が発生することもありますので内容の理解を十分にして契約しましょう。初期費用が掛かることも多いので試算をしっかりしましょう。

また、老人ホームの括りにはなりませんが、宿泊を伴うサービスとして小規模多機能居宅介護支援事業所では介護度別に1ヵ月の定額制となっています。

注意点2:【利用申し込み対象】

特別養護老人ホームでは原則として要介護3以上の介護認定を受けている方が基本的に申込できることになっています。
ただし、要介護1.2の方でもやむを得ない事情で、居宅において日常生活を営む ことが困難である場合(次の「特例入所の要件」に該当する場合)には、特例的に入所 が認められます。

特例入所の要件

①認知症である者であって、日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の 困難さが頻繁に見られる。
②知的障害・精神障害等を伴い、日常生活に支障を来すような症状・行動や意思 疎通の困難さ等が頻繁に見られる。
③家族等による深刻な虐待が疑われる等により、心身の安全・安心の確保が困難な 状態である。
④単身世帯である、同居家族が高齢又は病弱である等により、家族等による支援が 期待できず、かつ、地域での介護サービスや生活支援の供給が不十分であること。

 

 

free-illustration-roujin-food-woman-irasutoya

 

 

老人ホームの種類のポイント

老人ホームには様々な種類があります。入所にあたっては、自分に合った条件の施設選びをすることになります。老人ホームのある地域、介護の量が大きく介護を受けることを主にするのか、自立した生活を楽しむことを中心に考えるかなどで大きく違ってきます。

■介護量が比較的多く長い期間の入所となる場合

介護を受けることを中心にした場合は、介護職員の体制がどうかは気になるところでしょう。介護量が多く、自宅での介護は将来的にも困難な場合は特別養護老人ホームなどの利用が現実的となります。特別養護老人ホームの利用ではそれ以前にショートステイの利用をしていると、どうしても介護度の高い方が多いことでショートステイとの雰囲気の違いに違和感を持つ方もいます。しかし、ショートステイと特別養護老人ホームでは対象とする利用者も異なりますし、厳密にいうとショートステイは在宅の括りになります。こうした制度的な意味合いの違いもあります。

■医療面でのケアを必要とする場合

医療面でのケアが必要な場合は医師や看護師の配置がある施設の優先順位は高いでしょう。具体的には介護と医療の中間施設と呼ばれる介護老人保健施設などがそれにあたります。介護老人保健施設は常勤の医師がおりますし、他の老人ホームに比べて看護師の配置人数も多いです。また、機能訓練を行うことが出来るので理学療法士や作業療法士もいる良いでしょう。

■比較的元気なうちから利用する場合

「有料老人ホーム」は、主に民間の企業によって運営されています。介護付・住宅型・健康型の3つの種類があります。
入居対象となる方はホームによって異なりますが、概ね65歳以上の方で、自立から要支援、要介護の方まで幅広く入居することができます。ホーム内での日常生活を快適に過ごせるように様々なサービスが充実しています。居室は個室がほとんどで、プライバシーにも配慮されています。娯楽や余暇活動を楽しむための設備が充実しているホームが多く、レストランやシアタールーム、カラオケなどを持つホームもあります。また、医療ケアが充実しているホームなども増えてきています。

最期に、老人ホームの種類に関わらず入居にあたってのポイントについて・・・
老人ホームに入所すると、ホームが生活の場となり利用者本人にとっては環境が一変することになります。
そのため、孤独や不安感を強く抱くことになるので家の近くのホームであることや知り合いも入居しているなどの、立地場所も安心材料の一つのポイントとなります。また、家族の通いやすさも重要になります。
一方、老人ホーム入所時は介護をほぼ必要としない方でホームでは自立した生活を楽しむことを目的にして入居した場合は、将来的に介護が必要になった時のこともイメージしておくと良いでしょう。入所時にその老人ホームを終のすみかにしたいのか、いずれ住み替えをする可能性があるのかも考えておきましょう。

 

 

roujin_syokuji

 

 

 

まとめ

老人ホーム選びは新たな住まい探しと同様です。環境の変化は高齢者の心身に大きなストレスを与えかねません。介護が必要となった本人は意思や希望を表明できない状況にあるかもしれません。

大切な家族が毎日安心して暮らすことができるように、老人ホームの仕組みや特色を理解するようにしましょう。

qna