介護のインテークを学びたい!

success_in_health_care_interview

皆様は、介護用語の「インテーク」というものをご存知でしょうか?これは援助者により良い介護や援助を提供するためにとても大切なものになるのです。

インテークを行なってこそ、一人一人に見合った介護を提供することが出来ると言えます。では、実際にインテークというものはどういう事をいうのでしょうか?

 

介護のインテークとは

介護のインテークとは、簡単に言うと面接のことを指します。ケアマネージャーが援助者の置かれている状態を把握したり、どういうケアを望んでいるのかを確認するために行う初回面接をインテーク面接と呼ぶのです。

ケアマネージャーとは介護支援専門員と呼ばれる方々のことで、仕事内容の中で援助者のケアプラン(介護計画)を立てる必要があるのです。このケアプランの役割として、援助者の希望を聞き適切な介護サービスが提供できるよう計画を立てることで、援助者に介護を提供する側の人間も目標がわかりやすくなりますし、介護保険などを利用する時にも使用されます。

このインテークは状況に応じて複数回行うこともあります。この時のインテークが上手くいくかによって、援助者の満足度が大きく変化していくのでとても重要なものだと言えるでしょう。インテークを行う側も相手の希望や状態を正確に汲み取れる環境を作る必要があり、インテークをされる側も自分の状態や目標を分かりやすく伝える必要があります。

個別援助をする上での、始まりの一歩がこのインテーク面接なのです。

 

 

hellowork_mendan

 

 

介護インテークの役割

上記でも説明しましたが、このインテーク面接の役割は援助者のニーズを聞き出し把握することです。ケアマネージャーはこの後、実際に援助計画を作成しなければなりません。この時に立てた計画の目標が実際に達成可能な者なのか、適切なものなのかが決まるのは、この面接で決まると言っても過言ではありません。その為面接を実施する側は、この時に援助者やその家族と信頼関係を結ぶ必要があるのです。

しかし、援助者から言われた希望をそのまま鵜呑みにするのも問題があります。インテークする側は慣れている方もいるかもしれませんが、相談する方は初めての方が多いのです。こうしたい、こうなりたいという希望があったとしても、それをどう表現したら良いのかわからない方もいます。また、表に出さないだけで心の中では様々な思いを抱えている場合もあるのです。その為インテークを行う際には、援助者の雰囲気、状態、表情、言動などを注意深く観察する必要があり、また援助者と同じ目線に立って話を聞く必要があります。

 

介護のインテークのポイント

では、このインテークを行う際のポイントをお話ししたいと思います。

まず大前提として、面接とは相手との対話が基本となります。面接を開始する前に援助者は、自分の状態や目標を明確にしておくとスムーズに進みやすくなります。また、受け取る側も相手に適切な質問を投げかける必要があります。

例えば相手の情報を知りたい場合は、相手が答えやすい質問をしなければなりません。今日はどのようなことを相談しに来たのか、今はどのような状態なのか、今後どのようにしていきたいのかを相手に答えさせることによって、情報の量が増えていくでしょう。また、これも介護の世界でよく使用される言葉ですが、傾聴という技術があります。傾聴とは、相手の目的を理解することです。ただ話を聞くということではありません。また、一方的にこちらが話をすることでもありません。聞く側は知識が豊富なので、どうしても専門的な言葉を一方的に投げかけることが多く、それは介護職や医療従事者には分かりやすいかもしれませんが、援助を受け取る側にとっては適切ではありません。なぜなら、同じ目線に立っていないからです。相手の目線に合わせることを忘れず、目的を明確化し一番重要なことは何かということに焦点を当てていくと良いでしょう。

また、援助を望む側もしたいことだけを並べていては、相手も介護サービスの選択のしようがありません。出来るだけ具体的に要望を伝える為に、自身の身体的なことや置かれている環境などは正確に理解しておく必要があるでしょう。

 

 

soudan_setsumei_business

 

 

介護のインテークのやり方、流れ

ここでは、実際にどのようにしてインテーク面接が行われるのかご紹介したいと思います。

⑴対面

実際に援助者の方との対面することから、インテークは始まります。この時にお互い自己紹介をし、聞き手は自分がどういう機関の人間なのか、どういった仕事をする人間なのかを伝え理解してもらいます。

⑵質問

聞き手は相手にいくつかの質問をし、置かれている状況を理解する必要があります。主に家族構成、病気の有無、障がいの有無などです。

⑶相談

これは、主に援助される側がすることです。どのような介護サービスがあるのか、自分にとって適切なものは何かを知る必要があります。また、わからないことや不安な点がある時は、この時に確認しておくと良いでしょう。

⑷アセスメント

アセスメント(事前評価)とは、援助者にとっての問題点や今後の方針、また介護サービスや医療機関との連携を検討することを指します。本人や家族の持っている力などを考慮しながら提案していきます。

⑸インテークを通してのケアプランの作成・目標設定

道筋の方向性が見えたら、援助計画(プランニング)の作業に入ります。後にこのケアプランに基づいて、専門職によるサービスの提供が開始されます。サービスの提供が開始されたら、そのサービスが適切かどうか、評価(モニタリング)する必要があります。この評価によっては、ケアプランを見直す場合もあります。

 

介護のインテークの注意点

では介護のインテークを行う際、どのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

まず、聞き手は相手が話をしやすい環境作りをしなければなりません。自分の身だしなみ一つでも、いい印象を持ってもらう必要があるのです。悪い印象の相手に、自分のことを相談しようとは思わないからです。また、聞き取りやすい声のトーンや相槌の打ち方も気を配る必要があります。援助者の多くは不安を抱えています。どんな話の内容も受け止め、理解する必要があります。また、時には柔軟な対応が求められることもあります。援助者の状況が変われば、援助内容も大きく変化していくからです。自分の話で理解できるか、提案したものに不安や不明点はないかを確認することが大切です。そして、最も重要なことが、秘密保持を守ることです。介護のスタッフや医療従事者と情報を共有することはありますが、それらの目的以外で援助者の情報を漏らすことは厳禁です。援助者の信用を失うことになります。全ての援助サービスは、お互いの信頼関係が築けなければ行うことはできないのです。そのことを忘れてはいけません。

だからこそ、初回面接の際に少しでも相手に好印象を与えることが大切になってくるのです。

 

 

image10

 

 

まとめ

介護の援助やサービスは、機械で行うものではありません。人と人が行うものです。だからこそ援助者が何を求めているのかを知り、今後のあり方を考えることは、とても重要なことです。目に見えないことの相談なので相手は不安を抱きやすくなっています。また、様々な家庭環境があるので時には複雑なものも存在するでしょう。

マニュアル通りに行うのではなく相手に合わせて話を進めることが大切です。

qna