デイケアってどんな施設?デイケアを大紹介!

patient-rehabilitation-with-exoskeleton

デイサービスとデイケア。デイサービスは介護保険法では通所介護と呼ばれますが、一方デイケアは「通所リハビリテーション」と呼ばれるサービスです。

名前が似ていてサービス内容も違いが分かりにくい両者。リハビリの名前が冠されているところに違いがあるのですが、今回はこのデイケアについて詳しくご紹介したいと思います。

 

デイケアとは

「通所リハビリテーション」とも呼ばれる「デイケア」は老人保健施設・病院・診療所などの施設において、日帰りでリハビリテーションを提供するサービスです。利用者が自立した生活を送ることを目的として、「運動器機能の向上」、「栄養改善」、「口腔機能の向上」などを行います。
デイケアには介護保険要介護者を対象にしたものと、障害者総合事業主に精神障害者を対象にしたものの2種類がありますが、ここでは介護保険のほうのデイケアを中心にしています。

利用者が日中に一定時間施設を利用するという点ははデイサービスと同じですが、利用者の目的は生活支援をうけることではなく「リハビリテーションをうけること」になります。リハビリテーションとは、機能の回復に重点を置いたサービスです。最近の傾向として食事、入浴サービスが提供されなくなりつつありますが、デイケアでも食事や入浴のサービスを受けられるところもあります。

提供している施設には介護老人保健施設か病院が多いです。デイサービスに比べると数は少なくります。スタッフは介護職員はもちろん看護師にくわえ、リハビリ専門職がおかれているところが特徴です。リハビリ専門職とは理学療法士、作業療法士を指します。珍しいところでは言語聴覚士が配置されているところもあります。

 

2015-06-04_12h11_02

 

 

デイケアの役割と機能

デイケアでは生活支援サービス食事、入浴もありますが、リハビリテーションが主な柱として提供されています。

身体機能の維持、回復訓練

・筋力の維持
・関節可動域の保持
・関節の拘縮予防

日常生活機能の維持、回復訓練

・歩行練習
・「寝返り」、「起き上がり」「立ち上り」の基本動作訓練
・「トイレ動作」、「入浴」などの日常生活動作訓練

デイケアにはデイサービスと違ってリハビリテーションを行う専門職が配置されています。
デイケアに配置されるのは、「医師」、「看護師」、「理学療法士PT」、「作業療法士OT」、「言語聴覚士ST」などです。リハビリ専門職は主治医の指示で機能訓練を行います。

リハビリの簡単な説明

・理学療法体操・運動・マッサージ・電気・温熱などの物理的手段を加える
・作業療法手芸・工作・日常生活の動作などさまざまな作業活動を手段とする
・言語聴覚療法言語訓練・発声訓練・摂食・嚥下訓練などを行う

介護職員も配置されていますので食事・入浴・排せつなどの日常生活上の支援も提供されています。認知症の利用者は断われる場合もあります。理由としては「リハビリができないから」とうものが多いようです。

しかし、これは介護保険施設としての理念からは逸脱しており、是正されるべきことでしょう。

 

デイケアの例

デイケアは介護保険の居宅サービスですので、まずは要介護認定を受ける必要があります。また利用には主治医が「心身機能の維持と回復、日常生活の自立のためにリハビリテーションが必要」と認めた場合に限ります。本人、もしくはケアマネージャーだけの判断では利用できません。

デイケアの一日の例

①送迎

9時から10時の間に迎えの車がきます。帰りは16時くらいです。中には午前と午後の2便あるところもあり、その場合帰りは12時くらい。午後の送迎として13時迎え、16時送りというところが多いようです。

②健康チェック

デイケアにつくとまずバイタルチェック検温、血圧測定、酸素飽和度チェックなどを受けます。ここでその日の体調をチェックされます。

③リハビリテーション

デイケアでは集団訓練もありますが、かならず個別訓練を提供しなければいけないと決められており、個別のメニューごとに一対一のリハビリを受けることができます。

④昼食 or お茶

昼食の提供があるところは昼食、ないところは水分補給の目的でお茶や水などを飲みます。<

⑤コミュニケーション

介護保険サービスとしてのデイケアが病院のリハビリ室とは違うところは利用者同士のつながりを重視する点です。集いの場としての役割もあります。

⑤入浴

入浴は午前に入る場合もありますし、午後の場合もあります。最近は入浴サービスを提供するデイケアは少なくなる傾向にあります。

⑥健康チェック

リハビリや入浴のあとにはバイタルチェックを受けます。運動後などに気分が悪くなっていないかをみてもらいます。

⑦送迎

自宅に送り届けてもらいます。

 

 

medical_houmon_iryou_woman

 

 

デイケアとデイサービスの違い

デイケアの概要についてみてきましたがデイサービスとの違いはわかりにくい部分があります。じっさいに両者の区分はあいまいなところがあります。リハビリ専門職の配置が大きくことなる部分ですが、デイサービスと冠されていても理学療法士を配置しているところもあります。そうするとほとんど違いがありません。

あえてデイケアとデイサービスの違いをあげるとすると、デイサービスはあくまで「日常生活の延長上」の場を基本としたものです。それに対して、デイケアは「リハビリテーション」を基本にし、「訓練の場」という意味合いを持たせています。

そのためリハビリの専門スタッフも訓練よりの考え方をもっている人が多く、機能訓練に特化したサービス提供になる場合が多くみられます。それに比べるとデイサービスでは訓練という考え方はあまりありません。日常生活上の延長として、レクリエーションを通した運動や、行事への参加を促し社会的活性化をはかったりといった手法をとります。

その他にデイケアの場合は「リハビリ専用のための部屋」が必要になっており、またリハビリに必要な機器なども完備されています。この点も、かならずしもリハビリ機器を用意する必要のないデイサービスとの違いです。

リハビリ型のデイサービスでも専門的な機能訓練を受けることができますが、これは医師の指示に基づいたものではありません。本人の疾病や障害の状態によっては医師の指示書があったほうがよいより専門的なリハビリ場合があります。このようなときはデイサービスではなく、専門スタッフもそろったデイケアのほうがよいでしょう。

 

デイケアの注意点

デイサービスとどちらのサービスを利用するかは、目的によって異なってきます。また、必要であれば「デイケア」と「デイサービス」の両方を利用することも可能です。デイケアの注意点についておさえておきましょう。

デイサービスと比べた場合のメリット

・リハビリ機器が充実している
・疾病や障害におうじた専門的なリハビリテーションが受けられる
・病状が急変したときは医療スタッフが多いので比較的迅速な対応が期待できる

デイサービスと比べた場合のデメリット

・デイサービスよりも利用料が高め
・デイサービスよりも食事・入浴などのサービスが簡素な場合があるもしくは全く提供されない
・個別訓練の意味合いが強いので、集団性の確保が難しい
・認知症の人は断られる場合がある

デイケア選びの場合は以下の点に注意するようにしましょう。

デイケア選びの注意点

・個別訓練以外に、自分に必要なサービス食事、入浴があるか確認しておく
・できるだけ事前に施設を見学・体験利用し、サービス内容や雰囲気が自分に合っているか確認する
・一日利用か半日利用かの利用時間を確認する
・利用料やその他の費用についての詳細を確認しておく

 

 

PIC-20140321061833

 

 

まとめ

デイサービスとデイケアの境界は年々あいまいになっています。しかしリハビリ専門職の配置がことなるなど、性格の違いはいぜんとしてあります。より専門的なリハビリが必要な場合はデイケア、そうでない場合は選択肢の多いデイサービスを利用するなどして、賢く利用したいですね。

qna