介護の相談員ってどんな仕事なの?介護相談員について大紹介!

Do-I-Need-a-Study-Abroad-Consultant

介護の世界で、介護ヘルパーや介護支援専門員(ケアマネージャー)と言う言葉はよく耳にしますが「介護相談員」はいかがですか、普段ヘルパーやケアマネ以上身近な存在と言っても決して過言ではありません。介護相談員は利用者の良いことも、悪い苦情等についても公平な立場で判断をして適切な処置に繋げていきます。

又利用者が行政機関の関与等が必要とされた時は市町村の窓口を通じて的確な対応をとります。
介護相談員はサービス利用者・サービス提供者・行政機関の橋渡し役です。

そんな「介護相談員」についてご紹介したいと思います。

 

介護の相談員とは

介護相談員は利用者の個人的悩み 要望 苦情など事業所に対してサービスの提供や、介護の問題、行政に対しては制度、施設での虐待などについて関係各所と相談、協議を重ねて利用者にとって最もサービスの質が改善される結果を出す立場の存在です

介護相談員の条件

介護相談員は市町村が介護相談員の実務を実施するにふさわしい人格と、熱意を持っていると認めた人で一定水準の以上の養成研修を受けた人と定めています。

養成研修

介護保険制度の仕組み、高齢者福祉に関する事項、高齢者の心身の特性、コミュニケーション技法まで約40時間に及びます。

現任研修

活動中の介護相談員と元で最新の介護保険制度の情報や、認知症の人への対応方法など、相談活動の現場でスキルアップを目指します。

情報収集

たとえ相談を受けなくても、利用者との会話や行動に参加することなどで、問題、改善点などを発見することができそれを担当の事業所に伝えるのも介護相談員です。

虐待防止へのつとめ

介護相談員の訪問で虐待の早期発見防止につながったケースや、施設と介護相談員が 一緒になって身体拘束に取り組んだ結果、身体拘束ゼロの施設が数多く出ています。

介護相談員の活動は利用者の権利保護、生活の質の向上などに結びつきます。

認知症の人への改善対策

介護相談員は研修を通じて認知症の人への、基本的な知識と対応は学んでいます。話をしたり一緒に過ごすこと
で信頼関係を築く事ができ、本人に何か不安な気持ちがあって行動に表れてないか、
適切なケアがなされているか等をみて施設と問題の解決の方法などを相談します。

介護相談員の存在の意義

介護相談員の存在は施設や介護事業所にとって、利用者の日常の声を聞くことで重要なサービスの改善点を見つける情報をもらうことができ更にサービスの質の向上にもつながります。
平成18年度から始まった「介護サービス情報の公表 」の中の項目で「入所者の権利侵害を防ぐため、施設が開放的になるような取り組みを行っている 」か等を検証するために介護相談員の苦情、相談などの記録が必要となってきます。

それだけに介護相談員の活動の計画や記録は利用者の権利を守るために重要なものになります。

 

 

counselor

 

 

介護の相談員の役割

介護相談員の役割の位置づけ

[市町村]
養成    情報の共有・提供・報告

(介護相談員)
[事業所] ← 訪問 ← 利用者の声、希望等を事業所に  → 訪問 →[家族・利用者]
伝える橋渡しを行う

介護相談員の資格とは

介護相談員という資格が存在していると、思われている方もおられる事でしょうが、実際はそのような資格は存在しません。資格ではなく職種の名前です。

呼び方も「生活相談員」や老健(介護老人保険施設)では「支援相談員」と呼ばれています、勤務する場所によって呼び方に違いが出てきます。業務の内容は殆ど同じです。

介護相談員の担うもの

介護相談員は利用者やその家族から生活の相談を受けるソーシャルワーカーとしての役割を担います。 また介護保険や医療保険に基づいたサービスや制度化されていない、NPO法人、ボランティアグループのサービス、家族支援などが適正に行われるように情報提供して利用者がより良い豊かな生活を行えるようケアマネージャーと共同でサービスの提供を行う大きな役割を担います。

更に、スタッフと利用者の間の架け橋としての役割も担います。

介護相談員への相談業務とは

見学業務

多くの利用者は家族のともに施設を選ぶとき、料金、内容、サービス形態等について疑問点が出てきます。

その時に施設の見学を兼ね利用者の様々な疑問に対して適切な情報を提供して施設の選択に貢献します。

面談

利用者が施設入所する時や計画の見直しの時など、利用者やその家族、必要に応じて利用者がかかりつけの医療関係者などと面談をします。面談の中で家族や利用者の要望などの情報を収集していきます。

意見交換

面談データ情報をもとに入所判定委員会などの情報を提供します。ケアマネージャーなど関係先スタッフと情報を共有することで、サービスの開始から円滑なサービスができるようにします。
介護相談員はその他にも利用者の観察、相談、また他の機関との連携、新規利用者の入所契約、介護事務作業など業務は多岐にわたります。
しかし介護相談員は「なんでも屋だ」と思われていることがあります。施設ではあらゆることに関わってきます スタッフや家族にとって介護相談員は「なんでもわかる人」が素晴らしい相談員として評価されます。
又事業所や経営社側から見ても信頼性は厚く、頼りにされている人材ですが、決して「なんでもできる便利屋的存在」として位置づけられることは決して望ましいことではありません。

 

 

soudan_setsumei_business

 

 

介護相談員の仕事内容と流れ

介護指導員の仕事の流れは基本的には、利用者の生活の安定をはかるために、色々な観点からの情報の収集をはじめとして、関係先とそれらの情報を共有と提供を行い、利用者にとって最適なサービスが実施できるような情報の中心的存在です。

利用者に関係する全ての関係先、事業者と連携を密接にしていくために毎日の仕事が「人と会い」「人と話す」からはじまり 「人と話す」で 終わり 多くの情報を収集することが仕事の流れとなります。

介護相談員の働ける仕事場

◆デイサービス
◆ショートステイー
◆病院
◆特別養護老人ホーム
◆有料老人ホーム
◆障害者福祉施設
以上の施設で介護相談員前項で挙げました業務を行っていきます。

現在の介護保険法では介護指導員の基本的な業務については次のように定められています。
◾ 入所者や家族の処遇上の相談
◾ レクレーションの計画、実行
◾ 市町村との連携
◾ ボランティアの指導
以上のように定められていますが、施設規模や施設種別、施設の方針などによって仕事の幅が大きく異なります。
施設と在宅でも変わります。老健と特養でも利用者の利用目的が変わると仕事の流も変わってきます。

共通するのは、相談員は外部機関との窓口であるということです。介護相談員の主な仕事が利用者か家族との相談窓口、ケアマネージャーや他医療機関との情報連携窓口、行政や公的サービスとの情報提供窓口などが挙げられます。

利用者か家族の窓口ということは施設側から見れば利用者を連れてくる窓口であるため、ベッドコントロールといった稼働率管理も求められ、また苦情やご意見の受付窓口といった仕事も担うことが一般的です。
在宅では家族窓口や利用稼働率管理を行うため、必然的に介護職員への指示を出すようになり、リーダー職の方が担う場合は多いです。

 

 

pic_1

 

 

介護相談員の注意点

介護相談員が行えないこと

◆サービス提供事業者の評価
◆車椅子への移乗、食事の介助の等の介護にあたる行為
◆利用者同士のトラブルの評価
◆家族問題の 介入
◆遺言、財産処分などの相談
◆部品の修理
以上の様な事が利用者や 家族の方から相談を受けた場合は、介護相談員はこれらを受けることが出来ません

介護相談員仕事のうえでの注意点

業務範囲

介護相談員は相談業務だけを行うわけではなく、ケアマネージャー業務、介護事務や送迎業務なども行います。どうしても相談業務以外をしたくない場合は「相談業務だけを希望します」と、進言できなくもありませんが事業所側の意向とそぐわない点が出てくるかもしれません。

中立的立場

介護相談員は利用者と施設の間の中立の立場であることが必要です。どちらかに片寄った意見や、独断的な忠告はしてはいけません。利用者の相談を受けた際に最も適切な返答が見つからない場合は一度持ち帰って他のスタッフと意見交換をすることにより、冷静な対応をするようにすることです。

介護相談員の立場の明確化

介護相談員は今まで説明して来ましたように仕事の範囲はかなり多岐にわたります。そのため「何でもしてくれる人」 というイメージを持たせないことが一番の注意点だと思います。
介護相談員は利用者のために多岐にわたる仕事をこなし、それに伴う情報の収集を行い最終的に利用者が安定した快適な生活をおくれるようなサービスを実施するための存在ということを関係する全員が理解すべきだと思います。

 

 

57434

 

 

まとめ

利用者、家族、事業所、介護サービスを一貫して繋ぐ事ができる介護相談員は各部門との「架け橋」や連絡調整役としての仕事のやりがいは十分に感じられ、利用者にとっても期待や信頼といったものが介護相談員にはよせられます。

これからも介護相談員はケアマネージャーや他の介護職に出来ない「情報収集」ができる立場として利用者の情報の中心地としてなくてはならない存在です。

 

qna