ケアマネージャーとは?ケアマネの実情を大解剖!

premises-home-001

介護保険サービスを利用するときに必ずお世話になるのがケアマネージャーです。ケアマネという略称を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。ケアマネージャーはケアサービスの管理、調整を行い、ケアプランを作成してくれる人です。直接介護は行わない裏方の仕事ですが、今回はケアマネについて詳しくみていきます。

 

ケアマネージャーとは

ケアマネジャー、略してケアマネとよばれることも多いですが、正式名称は「介護支援専門員」といいます。西暦2000年の介護保険制度が始まったときに誕生した資格です。この資格は国家資格だと思われている方もいますが、そうではありません。厚生労働省が認可し、各都道府県が管理しています。
ケアマネの資格取得にはかならず実務経験が必要になります。しかも介護福祉士、看護師、医師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、栄養士などの国家資格があり、実際に業務に就いた経験が5年以上という条件が課されています。その上で、各都道府県ごとに毎年行われる介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、その後数十時間の研修を受けることではじめて取得できる資格です。
ケアマネは要介護者やその家族からの相談に応じ、利用者の希望を聞き取ります。そして介護事業所や病院などの関係機関と連絡調整をはかり、適切なケアプランを作成します。このようにケアマネの仕事は相談、連絡、調整が主になります。
ケアマネジャーはかならず法人に所属している必要があります。個人単位の営業はできません。在宅介護であれば居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、小規模多機能型居宅介護、認知症共同生活介護に所属します。施設の場合は介護保険施設、特定介護施設に所属しています。
在宅介護の場合はケアマネージャーは自分で選択することになっています。自治体の高齢介護課や地域包括支援センターに行けば、住んでいる地域の居宅介護支援事業所を教えてもらえますが、特定のところは紹介してもらえません(公平、中立性を保つため)。施設に入所している場合には、その施設のケアマネジャーが自動的に担当になります。

 

 

20160215154758-00767

 

 

ケアマネージャーの役割

ケアマネージャーはその名前のとおり、介護サービスを調整するマネージャーです。介護サービスの利用者は心身機能が弱っていたり、認知機能の低下をおこしている人が多くいます。また介護制度が複雑化していますので、サービス利用時には専門の知識が必要になります。ケアマネは利用者やその家族の代わりになって介護サービス利用のマネージメントを行うのが役割です。
またあまり知られていませんが、介護報酬の単位計算と給付管理も大事な役割です。実は介護保険サービスは要介護認定を受けていればケアマネージャーもケアプランも必要なく利用できます。ただし、その場合はいったん10割の利用料金を支払い、加えて利用者自身が給付管理をしなければいけません。
給付管理とはどの介護サービス種を使ったか、さらにそれぞれのサービス単位を計算したものを自治体に提出することです。その後、保険分のお金が返還されます(償還払いと言います)。
ケアマネージャーにケアプランを作成してもらうと、この給付管理もやってもらえ、償還払いも必要ありません。介護保険では1ヶ月に利用できる保険分の上限が決められており、その上限を超えてサービスを利用すると、超えた分は全額自己負担になります。ケアマネージャーはサービス事業所との交渉を行ったり、利用回数を計算し介護保険の負担上限を超えないよう単位計算を行っています。

 

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネジャーの仕事は多岐にわたります。利用者側にしてみると仕事の範囲がわかりにくい職種です。以下にはケアマネの仕事と、そうでないものをあげてみました。

ケアマネの仕事内容

・介護認定申請の代行

介護保険サービスを利用するときには介護認定を受ける必要があります。初回申請、更新申請ともにケアマネージャーが代行申請してくれます。要介護度によって1ヶ月あたりの負担上限額が変わるため、上限額ぎりぎりの利用をしている利用者にとっては更新申請は早めに行ったほうがよいとされています。

・介護認定調査

市町村から委託を受け、介護認定調査も行っています。要介護者の生活場所に訪問し、心身の状態を確認します。74項目からなる認定調査項目をシートに書き込み、それが一次判定に使われます。一次判定で出た結果が要介護度として確定することが多いので重要な仕事です。

・ケアプランの作成業務

ケアプラン作成にかかる一連の業務です。利用者、家族から話をききとり、課題分析(アセスメント)を行い、生活上のニーズを導き出します。そして自立支援に資するようにケア目標を設定し、ケアプランを作成します。

・サービス担当者会議

ケアプランの原案を作成し、サービス調整を行った後、各サービス事業所のサービス担当者を集めてケアプランの内容を検討する会議を開きます。このサービス担当者会議は、利用者の状態像の変化や、介護認定の更新時に開催されます。

・定期訪問

実際に介護サービスが開始されると、定期的に要介護者の自宅を訪問し、生活状況や目的にそったサービス提供がされているかなどをモニタリングします。また次月のケア内容の確認をおこない、問題なければ利用票に押印をもらいます。

・給付管理業務

毎月の支給限度額の確認と利用者負担の計算を行います。介護サービスの予定と実際に利用した実績をパソコンソフトに入力(給付管理票の作成)し、国保連に提出します。

ケアマネジャーの仕事ではないもの

・身体介護

食事介助、排泄介助、入浴介助、移動介助などといった直接的な介護。

・生活支援

食事の用意、買い物、掃除、洗濯などの家事支援全般。

・身上監護

お金や重要な書類の管理・保管。病院の保証人になること。

 

 

yjimage (2)

 

 

ケアマネージャーに必要な資質

ケアマネジャーの受験資格は複数あります。そのため一言でケアマネと言ってもそれまでの経験がまったく異なります。病院の看護師経験があるもの、施設(あるいは在宅)介護の経験しかないもの、介護とは関係ないもの(栄養士や歯科衛生士など)などさまざまです。
ケアマネジャーによって得意分野が異なりますが、いずれのケアマネにしろ必要な資質は共通しています。ケアマネージャーに求められるのは単なる調整者(マネージャー)ではありません。老病死をかかえてなお生きる人々に対する共感者としての資質が問われます。人間を深く理解しようとする姿勢を持ち続けることが必要です。
また利用者本人をとりまく状況は非常に多様です。介護はケアサービスだけでは完結しません。医療や看護、リハビリ、生活保護のケースワーカー、各介護サービス事業者、そして家族といった周辺の人たちの思惑はぞれぞればらばらです。ばらばらなのは仕方ありませんが実際の関わり方までばらばらだと非効率ですし、利用者のQOLの向上に繋がらなければ問題といえます。
そのため誰かがケアの方向性を決めていかなくてはいけません。それがケアマネージャーに求められるものです。

それぞれの思惑(=価値観)を尊重しつつ、妥協点を示していくためにはケアマネ自身の自己覚知(自分を知ること)が優れていなければなりませんし常に冷静な判断がくだせる能力も必要とされます。

 

 

yjimage (1)

 

 

まとめ

ケアマネージャーは非常に多岐にわたる仕事を行っています。そしてその多くが表にはでてこない裏方の仕事です。仕事の多さ、複雑さの割にはケアマネの報酬は安めに設定されており、居宅介護支援のみを独立させ運営することは難しいのが現状です。今後も質のよいケアマネを確保するためには、利用者側の理解と介護報酬の見直しが必要になってくると思います。

qna