居宅介護支援って何だろう?居宅介護支援を大紹介!

36b6694ba478b4699e61fe504cc4e33e_f157

介護保険制度は年々複雑になってきており専門的に勉強している者でなければ理解が難しいものになっています。しかし、介護保険サービスを利用するのはあくまで要介護高齢者やその家族であり基本的な理解は必要だと思われます。

介護保険サービスは施設介護と居宅介護の2つに大別されますが今回は居宅介護についてご紹介したいと思います。

 

居宅介護支援とは

介護保険サービスは施設介護と居宅(在宅)介護があります。介護施設へ入所(居)しケアサービスを受けるのが施設介護、在宅(高齢者マンションも含む)にいながら訪問介護や通所介護などのケアサービスを受けるのが居宅介護です。

施設介護は特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型病床の3施設の他、介護付き有料老人ホームなどに入居して受ける特定施設介護者生活介護があります。施設介護に比べると居宅介護のほうが種類が多く、また利用上の注意点なども複雑です。そのため普通はケアマネージャー(介護支援専門員)と契約します。ケアマネの助言を受けながら、ケアプランも代行作成してもらうことになります。

居宅介護支援の種類を一部ですが列挙します。

訪問系

・訪問介護
・訪問入浴
・訪問看護
・訪問リハリビ

通所系

・通所介護
・通所リハビリ

入所系

・短期入所生活介護
・短期入所療養介護
・認知症対応型共同生活介護

福祉用具

・福祉用具貸与
・福祉用具購入
・住宅改修

他に居宅療養管理指導、小規模多機能型居宅介護などがあります。居宅療養管理指導とは、医師や歯科医師、薬剤師などが訪問し必要な医療的指示を行います。小規模多機能型居宅介護は、通所、訪問、泊まりが一つの事業所で提供されるサービスです。

 

 

img07

 

 

居宅介護支援の特徴、ポイント

生活は非常に細かな雑多な要素で構成されています。施設介護の場合はケアサービスの種類が最初から一箇所(施設内)にパッケージングされています。ほとんど何も足しませんし、引かれもしません。程度の差はあれど利用者は施設に合わせる生活を強いられます。
一方、在宅(居宅)の場合は自分のプライベートな時間、空間、リズムを保ちやすいのが特徴です。そのため型にはまったケアサービスの方法にはなりえず、一人ひとりの生活状況に合わせたオーダーメードのケアを組み合わせることになります。施設介護に比べると、在宅介護は非常に多様です。
もう一つはケアマネージャーの存在です。施設介護にもケアマネージャーがいますが、利用者側が選択することはできません。しかし、居宅介護の場合は利用者がケアマネージャーを選択することができます。これは何を意味するかというと、自分と相性が合うケアマネを選べるということです。
介護は非常にプライベートな領域です。自分の病歴や障害はもとより、食事、排泄、入浴はどうしているか、どこに問題があるか。また家族の関係もケアマネージャーに話さなければいけません。信用できる関係性を築ける相手でないと、介護のことはまかせられません。ケアマネージャーからは利用するケアサービスの種類、事業所、利用回数などの助言を受けます。介護サービスは事業所の規模(定員、人員配置、加算要件など)でそれぞれ利用条件や利用料金などが微妙にことなります。

ケアマネも自分が連携しやすいサービス事業所を利用者に紹介します。医師や訪問看護師との連携が得意な人もいれば不得意な人もおり、こういった面からもケアプランの傾向が違ってきます。こういった点からも信用できる人に担当してもらうことが必要になります。

 

 

job_syakai_fukushishi_woman

 

 

居宅介護支援の例

以下に居宅介護支援の例をあげてみました。

例 S.Hさん(女性 80歳代)、要介護2、認知症なし

両変形性膝関節症のためごく短い距離しか歩行できない。既往として糖尿病があり、インシュリンを自己注射している。血糖値が高めでコントロールは不良。そのため人工膝関節の手術ができず、痛みを軽減する保存療法を受けている。

家族構成は長男、長女がいるが結婚して別居。高齢の夫(要支援1)が同居しており、家事やS.Hさんの介護を行っている。しかし夫も高齢で要支援1なので介護の負担軽減や室内の掃除の支援が必要な状況。また家屋は古い一戸建てで手すりなどがまったくついていない。

利用している介護サービスは以下になります。
・通所リハビリ(閉じこもりの予防と立位、歩行の個別リハビリのため)
・訪問介護(入浴介護、更衣介助、トイレと室内の清掃)
・福祉用具貸与(歩行の負担軽減のための杖)
・住宅改修(トイレの立ち座りの負担軽減のため手すりを設置)

上でみたように居宅介護支援の場合は利用者ごとに利用する介護サービスが大きくことなります。たとえ病気、障害の程度や家族構成が同じでも、本人の性格や自宅の構造、地域との繋がりなどによって必要な介護サービスがことなります。あくまでも一例だと考えてください。

 

居宅介護支援の注意点

居宅介護支援を利用するときの注意点について述べます。

ケアマネージャーは相性が合う人を

ケアマネージャーによっては訪問系、通所系、医療系の得意・不得意という差があります。しかしこれはあまり重要ではありません。重要なのは、利用者やその家族と相性があうかどうか、お互いに信用できる関係が築ける相手がどうかです。
介護保険制度は複雑になっていますので、ケアマネージャーもすべてを把握しているわけではありません。完璧なケアプランというのは存在しません。利用者とケアマネ、そして利用しているサービス事業者との掛け合いによって満足できる居宅介護支援が作られていきます。

介護サービス事業所は妥協しない

居宅介護は施設介護とは比べ物にならないくらい選択の幅が広いのが特徴です。地域によって違いはありますが、訪問介護一つとってもたくさんの事業所があり、それぞれに性格がことなります。そのためどうしても相性の問題がでてきます。これは事業所のケアのレベルの問題ではありません。
高齢者はお世話になっている事業所を変更することを遠慮しがちです。しかし自分に合わないところの利用を続けると、介護サービスそのものを拒否することにもなりかねません。またより良い事業所を利用者が選択することは競争原理が働き、ケアサービスの質向上に寄与します。妥協せず自分にとって良いサービス事業所を探すようにしましょう。

お客様目線になってはいけない

介護保険制度ができて介護は「サービス」という認識が広まりました。つまりお金を払っているのだから、ケアサービスを受けるのは当たり前と考える人が増えてきました。とくに居宅介護の場では事業所へのクレームという形としてあらわれています。
ケアの質の向上を求めることは問題ありませんが、中には本来自分でできるはずのことをケアサービスに求める人がいます。介護サービスは本人ができない部分をケアすることが目的です。また制度の知識がないばかりに事業所が介護保険上提供できる以上のものを求め、それがかなわないとクレームをつける人もいます。介護サービスはあくまで補助であり、自分の生活は自分で培っていく姿勢を忘れないようにしましょう。

 

kaigo_illust_20

 

まとめ

いかがでしょうか。

居宅介護は施設介護と違い多様性に富んでいます。利用者の選択する権利が保障されていることも特徴です。しかし、より良いケアサービスを活用しながら生活を営んでいくためには最低限の介護知識が必要になります。

また介護事業所と協働していく姿勢を持つことも忘れないようにしたいものですね。

qna