認知症と寿命は何か関係性があるの?関係性を大解剖!

Stress-in-older-adults-may-trigger-mild-cognitive-impairment

御身の回りで決して慣れ浸しんではいけない言葉ですが「認知症」言う言葉に最近はマスコミ等でも頻繁に話題として放映しています。「認知症」は他人事だと思われている方へ「直ぐに自分やご家族に症状が出てから」では遅いです。また認知症になった結果どうなって行くかのなども知られていません。

今から決して元のように直ることは現在の医学ではありませんが認知症を知ることによって少しでも対応することができるようになります。

「認知症」と「寿命」について分かりやすくご紹介したいと思います。

 

認知症と寿命の関係

現在65歳以上認知症と呼ばれる対象者200万人を超えています。更に次のデータでもわかること思いますが
今後は益々増加していく傾向は避けれません。

「厚生省データー」
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_recog.html

認知症とは

認知症とは「生後いったん正常に発達した精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」をいいます。
つまり、後天的原因により生じる知能の障害である点で、知的障害(精神遅滞)とは異なります。

今日、認知症の診断に最も用いられる診断基準のひとつが、アメリカ精神医学会によるDSM-IVです。診断基準には次の4項目です。

DSM-Ⅳによる認知症の診断基準

•多彩な認知欠損。記憶障害以外に、失語、失行、失認、遂行機能障害のうちのひとつ以上。
•認知欠損は、その各々が社会的または職業的機能の著しい障害を引き起こし、病前の機能水準から著しく低下している。
•認知欠損はせん妄(意識障害)の経過中にのみ現れるものではない。
•痴呆症状が、原因である一般身体疾患の直接的な結果であるという証拠が必要
最近では、認知症早期診断もかなり進歩してきて、上記にあげた診断基準になるような進行した、認知症も増加してきており、早期治療にはつながらないという意見があります。そこで、早期診断を可能にする新たな診断基準も作成されています。
認知症の原因としてはアルツハイマー病が最も多いとされていますが様々な疾患が認知症の原因になりえます。とくに中枢神経系に病巣をもつ次の疾患が代表的です。
•ピック病など前頭側頭型認知症は、記憶障害よりも性格・行動面の変化が目立ちます。
•レビー小体型認知症は、アルツハイマー病とパーキンソン病の特徴を併せもつ疾患です。
•脳血管性認知症には様々なタイプがありますが、その診断には認知症状態・脳血管疾患の存在、認知症症状が現れることと脳血管障害発症の時間的関連性が必要となります。
•治りうる認知症、つまり可逆性認知症もあります。うつ病の仮性認知症と薬物惹起性の認知症様状態が有名です。
•スピロヘータ、HIVウイルス、プリオンなどによる感染症が認知症の原因となることもあります。
このように認知症はアルツハイマー病等もう身近な難病として生活の中に、浸透してきています。ご自身のご家族などでここにあげた症状などが見受けられたら、大学病院等の神経内科に受診される事をお薦めします。

認知症の発症から寿命

認知症の初期症状

初期症状でよく言われているのが「物忘れ」という人が多くいます。まるっきり外れてはいませんが、それ以外の症状の方が重要です。例えば暴力、暴言、徘徊、幻聴、幻覚等が初期の症状に現れますが症状の現れ方は患者の状態によっても違ってきます。それは患者の脳のどの部位が変性しているかによって初期の症状の現れ方に違いが出てきます。

症状の進行

現在もっとも多い認知症の形態がアルツハイマー型認知症です。冒頭に申し上げましたように、現在の医学では、認知症の進行は防止できても回復は不可能です。ではもしご家族で認知症と判断されたら、まず気になるのが「どのくらい介護しなくてはいけないか」「病気による寿命がどのくらいなのか」等が気になってきます。
アルツハイマー型認知症は、初期症状が出始めてから段階を経て、少しづつ悪化してきます。初期症状の段階では本人の記憶もしっかりとした状態もありますが、徐々に軽い記憶障害なども見られてきます。

初期の段階では「自分が置いたも物がどこか」「待ち合わせの時間がわからなくなったり」高齢者にあるボケなのか「認知症」なのか判断がつきません。
発症から3年から5年近くが経過すると、中期的段階に進み記憶力が低下したり、簡単な計算ができなくなったりする「中核症状」が 出てきます。
同時に自分が今どこにいるのか、何をしているのかが分からなくなったり、日常生活の中でそれまで出来ていたことが出来なくなることで認知症に気づくというケースもあります。
まだこの時期には食事、入浴、排泄などを行うことも難しくなってきて、介護施設に入ることも検討しなくてはいけない時期になります。
さらに時過ぎて発症から10年近くが経つと症状は重度になります。記憶障害が進行して自分が何をしてきたかどの様な人間なのかということさえもわからなくなります。
難しい作業の仕事もできず自分がどこにいるのかという感覚が麻痺してきます。 やがて家族では面倒見れない寝たきりになり寿命を迎えます。

アルツハイマー型認知症の場合症状を発症してから寿命は10年から15年と言われています。

ここであげました寿命はあくまでも、過去の認知症患者の データに基づいたものなので、人の寿命はデータでは決して確信的には取れない部分もあり、本人の持つ「生命力」というものは決してデータでは判断できません。

 

 

 

sick_jakunensei_alzheimer

 

 

医療知識では

認知症の予防と原因

一般的に言われるのは認知症=アルツハイマー型認知症と思われがちですが医学的には認知症は3つに分類されます。それは「アルツハイマー型」「脳血管性」「レピー小体型」が代表的な認知症として分類されます。
その他にも認知症は発症の原因によって 数十種類もあると言われています。

認知症の症状・予防

誰もが認知症にかかりたいと思ってる人はまずいません。しかし誰でもが発症する可能性は持っています。そのためには原因、予防、症状について理解すべきだと思います。また実際に医学の世界では認知症の予防医学の研究も進んでいます。

症状の種類と特徴

認知症の種類                     症状の特徴
アルツハイマー型認知症[軽度]   日時がわからなくなる・ 不要な買い物をするようになる
[中度]   場所の認識ができなくなる・ 大声を上げたり暴言を吐いたりする
暴力や 徘徊行動等の問題行動が起きる

脳血管性認知症    [重度]   被害妄想や幻覚などが頻繁に起きる・ 身近な人のことがわからなくなる
身体機能が低下する・半身に麻痺状態が起きる・ 意欲が低下する
頻尿、失禁を起こす・ 歩くことが困難になる

レピー小体型認知症  [重度]   幻覚、幻聴、幻想を起こす・ 人間関係や環境に無反応になる
睡眠障害を起こす・ 便秘や血圧の変動等自律神経障害を起こす
一日の中で感情の起伏が激しくなる

認知症は上記の症状以外に機能障害というものが出てきます。それについて説明させてもらいます。
認知症の患者は脳が受けた部位によって症状が異なりますが、

脳のダメージを反映した直接的症状の中核症状による、色々な機能障害が出てきます。代表的な機能障害をご紹介します。

機能障害の種類

1. 記憶障害       脳内で記憶を司る部位と言われる「海馬」が萎縮することで起こる症状。
2. 見当識障害      今現在の時代や日時、又居場所について理解できなくなる。
3. 理解・判断能力障害  考えるスピードが遅くなる・同時に2つ以上の物事を考えられなくなる。
4. 計算力能力障害    外出先で買い物ができなくなったり金融機関のATM操作が出来なくなる。

認知症になられると以上のような症状や機能障害を患います。 このような状態にならないために普段の生活の中から予防対策をされてみてはいかがですか?

生活の中でできる認知症予防対策

それは食事の方法です。特別なメニューや栄養を考える以前にできることがあります。体が健康な老人は脳も健康だと言われています。

食事での予防

1よく噛む、咀嚼(そしゃく)することで満足感を得られます。摂取カロリーも制限され栄養素の吸収されやすく、脳の聴覚、視覚が活性化して 活力が増すと言われています。
2. ボケ防止効果としては脳への血流が促進され知覚や記憶力が高まる傾向にあります。
3. 副交感神経が刺激されることにより白血球の中のリンパ球を増やし免疫力を高めます。
4. よく噛むことで消化酵素に頼る事を減らし、胃腸の負担を軽減でき、健康に寄与します。
5. 顔の筋肉が鍛えられ、肌の弾力性を保つ効果があります。

メニューによる予防

毎日の献立 魚野菜中心の和食を中心とした献立を考える。
DHA、EPAが 認知症予防に効果があると言われています。これらは魚(特に青魚)に含まれており、野菜と合わせると、より効果が見込めます。和食を中心にすれば自然と実現できるものです。
※DHA、EPAも 人の体に必ず 必要な 栄養素で 必須脂肪酸と言われるものですが体で作ることができないので食物でとるしか方法がありません。

 

 

nanchou_ojiisan

 

 

介護の現場では

前の項で認知症の平均的寿命について、ご説明しましたが平均的寿命と関連してくるのが、ご家族による介護です。ご家族の本音として
「これからどのくらい介護続けなきゃいけない」のかこの問題が一番ご家族にとって重大な課題です。 先が見えない認知症の介護はご家族にとって最も過酷な生活になってきます。
介護は長い間続けば当然の様に ストレスが溜まり先行きの不安など自分自身が追い込まれてしまいます。大手調査会社による認知症の介護平均年数は6年から7年となっていますが、当然これは全員に当てはまるものでありません。中には10年介護を続けられている方もおられます。介護する側始めから長期戦になることを想定して準備する必要があります。
認知症のかたを介護することは他の病気や加齢による介護とは、当事者の症状も含め回りの環境がかなり違い、重度な状態での昼夜を問わない「徘徊」は介護するご家族にとって、最も辛い試練になります。
そんな辛く、長い認知症の介護を少しでも緩和するためにやるべき方法をお伝えします。

周囲の協力

認知症を抱えられる家族の方のほとんどが孤立化してしまうことが多くあります。そのために周囲の人たちがいかに協力をしてくれるかということに孤立化にはならないようになります。
◆介護を一人に負担させないように関係者で分業する。
◆話し相手を作る
◆デイサービスなどを使って息抜きの時間を意識的に作り、自らリフレッシュするように心がける。
◆各地「認知症体験者家族会」などが多くありますので、そこへ積極的に参加して色々な意見の交換をすることにより新たな方法が見つかるかもしれません。

認知症の相談窓口及び医療機関

もしご家族の方で認知症と疑われるような症状が現れたら自分で判断する前に、早期に専門医に受診すれば認知症は早期段階で進行を遅らせたり、症状を緩和することも期待できます。

「認知症かなと思ったら積極的に医療機関」相談に行かれることをお勧めします。

[医療機関]

◆物忘れ外来          認知症治療の専門医が開いている外来
◆精神科・脳神経内科・老年科  認知症の専門医がいる診療科
◆老人性痴呆疾患センター 精神科を設置している総合病院

[相談窓口]

◆認知症予防財団        無料で認知症に関する電話相談などを受け付けてくれます。一人で悩みを抱え込まず相談しやすいと思ったところに遠慮せず思いを打ち明けてみてはいかがですか。
ご家族中に認知症を患った、家族がおられた場合、今までにない過酷な辛い日々が続く事もあり得ます。
そんな時は自分だけで悩むと先の見えない「認知症の介護」は続かなくなりますので、

そんな時はケアレスパイト等の行政サービスの利用などで、少しでも介護から開放的され自分の時間を持つ
ようにされてはいかがですか。

 

認知症と寿命の注意点

認知症を患った患者さんは 色々と注意すべき点はあります。その中の最も代表的なものが「徘徊」です徘徊
は自分の意志で行っているように見えますが、

当事者はそれに気付いていません。それを防ぐのは周りがいかに注意してあげるかと言うのは簡単な事です
が実際は想像以上の辛さです。回りの方は次のような注意点を気をつけて下さい。

徘徊での注意点

◆何処かにいこうとしていたら「どこに行くの」とお声がけしてやってください。
◆何をしようとしているか考えてみましょう(日々の生活の中にヒントがあるかもしれません)
◆ブログを徘徊してても 理由も聴かず連れ戻すことは解決策にはなりません。
◆徘徊した時のために安全な工夫を施す。
普段の生活の中から徘徊する時間を把握しておく

身の回りに危険な物を置かない注意点

危険と判断される物は、認知症の方が気付く前に処分するか、手の届かない場所に片付けましょう。

◆身の回りに変なものが置いてある場合は気づかれないように片付けましょう。
◆認知症のかたが動ける場合 なるべく回りに物を置かないようにしましょう。
◆ 認知症の方の物を動かす時には気づかれないように元に戻しましょう。

介護する上での注意点

◆認知症の患者に危険が及ばないような環境の整備。
◆ 認知症になる前の行動を把握する
◆ 認知症の方の回りに危険なものはすべて取り除きましょう。
◆ 触ったら危険なものだけではなく誤飲になるものや転倒に繋がる物は取り除きましょう。
認知症の患者さんの介護は通常の在宅介護よりもはるかに気配りが必要な状態です。そのためには事前準備の 万全な必要性です。日々の行動記録や自宅内での物の設置場所など、あらゆる情報を把握しておいて対処する必要があります。それだけ認知症の介護というもの注意点は重大な事です。

 

 

nin

 

 

まとめ

いかがでしたか「国民病」病とも言える「認知症」について、少しは理解していただけましたか、もう遠い病気ではなく、身近な病気として、自分自身が真っ向から向かい会わなければならないようになります。

その時にどう対処するか今考えておく必要性があります。今言えるのは日々の生活記録を取っておいて、それの変化を把握することをはじめて、 更に認知症の患者を抱えられた場合は、決して一人で悩まず関係先と相談されることをぜひお勧めします。

qna