介護ヘルパーってどんなことができるの?

homecare

介護が必要な状態になればまず第一にお世話になるのは介護ヘルパーです。在宅介護の場合介護ヘルパーなしで生活ができなく介護ヘルパーの重要性は体を持ってわかります。
しかし、介護ヘルパーは要介護者との間に問題がないわけではありません、自宅に他人が入ってくるということの 違和感などによる問題が発生することもあります。

今回は介護ヘルパーについて理解出来るようにご紹介していきたいと思います。

 

介護ヘルパーとは

介護保険におけるヘルパーの定義

平成12年に介護保険制度が創設されて「介護」が一般にも広く受け容れられるようになり一般的になってきました。それに伴い、訪問介護員(ホームヘルパー)という言葉も広がっていき、「ヘルパーさん」という呼び名も一般的に定着してきました。
訪問介護員(ホームヘルパー)とは、一般的に、サービスを利用されている方のご自宅を訪問し、食事、排せつ、入浴などの介助(身体介護・生活援助)を通じ、利用者の生活を支えるサービスを提供するという仕事に就く人を指します。
介護保険で訪問介護に従事されている方は、介護福祉士の資格保有者や定められた必要な研修を修了されている方でなければ介護サービスに従事できません。訪問介護ヘルパーとして要介護者への介護サービスを行うためには「介護主任者研修終了」という資格の取得が必要です。資格取得した後は都道府県の指定を受けた、事業所に所属していなければ介護保険のサービスや自立支援給付などのサービスを提供することはできません。

訪問介護ヘルパーができるサービス

ヘルパーのサービス内容は日常的な家庭家事を提供する「生活援助 」食事、入浴、排泄介助或いは歩行介助など 直接利用者の体に触れる「身体介護」となっています。
それぞれ区分によってサービスできる範囲、時間が定められています

介護保険法に基づくサービス

[要介護認定者向けサービス](訪問介護)入浴、排泄、食事などの介護その他の日常生活の世話
[要支援認定者向けサービス] (介護予防訪問介護) 入浴、排泄、食事などの介護その他の日常生活の世話

障害者総合支援法に基づくサービス

居宅介護、 重度訪問介護、同行援護、行動援護

介護ヘルパーの今後の必要性

[要介護認定者数等の見通し](性・年齢階級別の認定率等が現状のまま変わらないとした場合)

[平成28年2月29日社会保部会(第55回)介護保険部資料1]
上の調査結果判断できるように今後は、益々要介護者の増加が予想されます。そんな社会環境の中で現在資格保持者の介護ヘルパーは全国で42万その平均年齢が55歳を越えているのが現状で、

若い人の働く場所としての条件が悪く近い将来に、要介護者への介護サービスが満足にできなくなる可能性はこの状態が続けばありゆる事かもしれません.。

要介護者にとって介護ヘルパーとは

介護が必要になり「どこで介護をしてもらいたいか」と調査で最もも多い回答が「住み慣れた自宅で家族に介護してほしい」との回答が一番多く、その際に最も家族も利用者も頼らなければいけないのが、介護ヘルパーです。
介護ヘルパーは要介護者が安心して、日常の生活をできるような頼れる介護のプロとして要介護者にとっては命の絆という表現を使っても決して過言ではないと思います。

 

 

jikenbo3

 

 

介護ヘルパーの役割

在宅介護におけるヘルパーの役割

在宅介護でのヘルパーの存在は利用者を支えるうえで、重要な役割を果たしていると言えます。年を重ねて高齢になっても予期せぬことで障害をもつことになったとしても、長年住み慣れた自宅で家族や親しい友人のそばで、それまでと同じように快適な生活が送れるようにホームヘルパーは利用者の日常生活のお手伝いをします。また利用者の自立した生活を支える手助けも行います。
これは利用者だけではなく介護を行う利用者の家族にとっても嬉しいことです。ホームヘルパーの存在によって、それまで抱え込んでいた介護の大きな負担を減らすことができるようになります。

終わりが見えにくい介護を毎日行うことで身体的にも精神的にも追い込まれている家族は多くホームヘルパーの介入によってこの悩みが解決されたという声は多く聞かれます。

ホームヘルパーは介護サービスを行うプロであり、同時に在宅介護を支えるという大事な役割を担うお仕事です。ぜひ次の世代を担う若い人たちも介護ほど人の感情や気持ちが直接伝わり苦しい方が多いかもしれませんが利用者にとっては感動や希望与える仕事ですのでホームヘルパーを目指し社会で活躍してほしいと思います。

 

介護ヘルパーができることできないこと

現在の介護保険サービスでのヘルパーが行うことができるサービスは基本的には、要介護者の認可区分に基づいて行われます。その区分によるサービス以外の提供について、自己負担となりますので、ここでは介護保険サービスでできるものとできないサービスの内容について説明させて頂きます。

認定区分別適用できるサービス

[要支援1~2]

要介護状態にならないための予防介護が主なサービスで在宅から施設への予防的なサービス.

[要介護1~5]

ヘルパーが自宅に訪問して、身体介護や訪問看護、生活援助を行うサービスや福祉用品や
住宅改修工事等を安くする事ができます。

ヘルパーの基本的なサービスは「身体介護」「生活援助」の2種類に分類され、その中に細かくサービスが更に分けられています。この分類されたサービスできない事を、利用者も又その家族もヘルパーに言われる事があります。
①「通院の間、診察がお悪まで待っていてほしい」
②「一緒に散歩に行ってほしい」*歩行が不自由で介助gあ必要な場合、ケアプランに記載されているとき
③「洗剤が切れているから途中で買ってきて」
④「郵便物を出してきてほしい」
⑤「銀行でお金を降ろしてきてほしい」
⑥「新聞を代読してほしい」
⑦「入院しているのに、何故来ない」介護保険では利用者が入院中はサービス適用外として病院ではサービス  を行うことは出来ません。

ヘルパーのサービスはケアプランに基づいて行われるものですので、上にあげたようなイレギュラーの用件はヘルパーに頼んでも行われません

ヘルパーの役割は中立・公平を守る

介護保険は国の公的な保険制度ですのでヘルパーは公務員に準じる中立・公平な立場が求められます。利用者やその家族から「Aさんは非常によくやってくれたけどBさんはよくない」等の不平の声はでてきますが、原則的には「ヘルパーの指名はできません」が担当のケアマネージャーを通じて介護ヘルパーの相性、問題点などを、相談してヘルパーの変更も可能です。

 

 

keirou_katamomi_obaachan

 

 

介護ヘルパー注意点

公私混同

介護保険サービスが適用できる対象者はあくまでも利用者本人のみです。よく聞くことが長年在宅介護サービスを行い気心も知り合った中になればなるほど、「公私混同」へ繋がります。
ヘルパーは前の項でも説明しましたように介護保険の基本であるケアアシスメントのケアプランに基づいてサービスを実施していますので、洗濯、掃除、買い物といった「生活援助」の部分で,
利用者本人以外の家族等の「ついで」は絶対にヘルパーはできませんので、いくら気心が通った間と言えど「公私混同」は避けるべきです。

利用者の意思への注意

利用者さんが「○○のお店に○○を買いに行きたい」と申し出た場合、サービス適用範囲内であれば行う事は可能ですが、店までの距離が遠く時間がかかる場合はお断りすることもあります。又買い物によっては通販や配達をしてもらうことも検討すべきです。

例えば、日常生活に必要な飲料水にしても2リットルのボトルを6本購入して持ち帰るのは困難ですのでどうしても欲しいと言う場合は配達にしてもらわねばなりません。利用者さんが必要だという物であっても、ヘルパーが持ちきれなかったり、両手を塞いでしまう程の量は、買い物同行の範囲を大幅に超えてしまっています。訪問介護での買い物同行の場合、ヘルパーは荷物を持ちつつ、尚且利用者さんを支えられなければなりません。日常生活に必要でも、毎度の買い物同行では運ぶのが困難な重い物や量の多い物に関しては、事業所やサービス責任者に相談をし、配達が可能であれば配達にしてもらうなどの配慮が必要となってきます。
買い物に同行するときの注意点 買い物をする場合の移動手段に関しては介護保険内のものと実費(利用者さん)のものとがありますので、注意または指示通りに行う事が必要です。
また、移動手段に交通機関を利用する場合、利用者の状態や状況によって、介助が必要であるか必要でない(ただ隣に寄り添う)かによっても、利用者自身の実費となりますので注意が必要です。

移動時間が長く時間がかかる場合は、買い物同行の範囲外になる場合もありますので、買い物同行が行える範囲を把握しておきましょう
特に注意する点として、ヘルパーの車に同乗させてお店までの移動する事はできません。また、特定の場所での待ち合わせから買い物の同行も行えません。基本は利用者さん宅からお店へお店から利用者さん宅へ行います。

 

介護ヘルパーのこれから

変わらぬ介護現場の状況

前項の介護ヘルパーの今後の需要のところでも説明しましたが、現在の介護の現場の状況は改善どころの状態ではなく悪化の一途をたどっているような状況です。ネットで介護について検索してもどのサイトでも、共通して書かれている事が「万年人手不足」「待遇改善」「施設での虐待」「介護殺人」等のこれから介護を目指そうとしている人に明るい情報が伝わらないのが現状です。故にこれからの世代を担う若い人材が介護の世界を目指すことをしないのではないでしょうか。日本は世界の経済大国と言われても、世界に誇れる社会福祉国家とは決して言われないでしょう。
何故ならば社会福祉先進国の福祉に対する、歴史も違いますが、それ以前に要介護者の為の福祉を満足にするためには「介護者も要介護者と同等の権利」をもてるという基本的な考えが違い、
ケアレパイトや介護待遇等が社会全体で認められていて、介護職の社会的な位置付けも高い評価として認められています。
これからの日本は超高齢化社会になってきます。それに対して日本の政府のやり方が、今もマスコミで話題になっているような「学園」「学校」といった上物を税金をつかい、中身の人の育成には力が及びません、
近い将来日本は「介護貧困国」と言われないような早期の改善策を講じる必要性が急がれます。

 

 

14

 

 

まとめ

間近にやってくる介護問題について、決して他人事とは言えなくなってきます。ご自身も含め今おられる、ご家族の中に介護が必要な事態がやってきる事を、考えると在宅での介護の場合家族の生活環境が今までと一変します。
家族の中での様々「犠牲」というものが出てきますので、決して今から色々と検討されていても遅くはないと思います。

qna