認知症カフェは地域の介護問題を解決!?

3346784017_2364697c7c_z

近年増えてきてその認知度も上がってきた認知症カフェですが、名前は知っていても中身はどんなものなのでしょうか。今は全国各地で見るようにはなってきましたがその中身はあまり知られていません。

認知症でないと通えないのか どこにあるのか 料金はかかるのか 何をやっているのかなどあまり知られていない事もありますので、今回は認知症カフェについてまとめてみたいと思います。

 

認知症 カフェとは

認知症カフェとは、認知症の人や家族の方が地域の人や専門家と交流する場を設けている場所の事をいいます。

~認知症カフェはどこがやっているのか~

認知症カフェを運営している事業体は様々です。
現在は国が設定した「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」に沿って全国的に普及運動がすすんでいます。その中で運営母体として最も多いと言われているのがNPO法人です。それに次いで社会福祉法人や医療機関などが運営しているものがあります。

~どんな形でやっているのか~

カフェと聞くと、何だかお店のようなイメージを持ちますがその場所や運営方法は様々です。
福祉施設や病院の一角でやっている所もあれば、民家を使ったり公共の集会所を使うケースもあります。開催頻度もまちまちで、ある場所で月に一回、週に一回、毎日などこれもまた様々です。

~中身はどんなものなのか~

厚生労働省によると認知症カフェは「認知症の人と家族、地域住民、専門家等の誰もが参加でき、集う場」と定義されています。ゆえに「気軽な交流」をコンセプトにしている所がほとんどなので、コーヒーを飲みながら雑談みたいに専門家や地域の方と話をしたりする事が多いようです。
その他にも、色んなイベントやレクリエーションが企画されており、認知症の人とその家族の方が一緒に楽しめる場になるように工夫もされています。
料金もまちまちですが、コーヒー代のみ実費としている所が多いようです。
また、介護保険のサービスではないので、ケアプランに位置づけされていなくても誰でも参加できるものとなっています。医師の診察なども必要ありません。

 

 

 

ce4507841ee6c6b4cf3fbb955024455c

 

 

認知症カフェの役割

認知症の人と家族、それに近隣住民と専門家などが集う場として開催されていますが、一体どんな事が期待されているのか、その役割についてです。

~駆け込み寺としての役割~

高齢者の4人に1人が認知症、またはその予備軍と言われています。家族がおかしいなと思っても診察に抵抗があったりしてなかなか行きにくいケースもあります。そんな中で、診察までも行かなくても何となく気軽に相談に行ってみようかななどで参加が出来ます。実際にそういった相談を重ねるうちに介護サービスにつながっていく事もあり、家族が本人を説得して受診するよりも介護サービスへの移行がスムーズな事も多いです。

~外出のきっかけとして~

家族が認知症になって、どこに連れて行っていいのかわからない、連れていく自信がないなどの悩みを持つ人は多いです。そんな時に利用することで外出のきっかけになり、同じような悩みを持った方と話をすることや専門家の意見を聞いたりする事が出来るという役割があります。

~オレンジプランの推進~

国が推進している新オレンジプランですが、その内容は「認知症の人の意志が尊重され、出来る限り住み慣れた地域の良い環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指す」というものです。
もう少し具体的に言うと
1 認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進
2 認知症の容態に応じた適時・適切な医療。介護等の提供
3 若年性認知症施策の強化
4 認知症の人の介護者への支援
5 認知症の人を含む高齢者にやさしい地域作りの推進
6 認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、介護モデル等の研究開発及びその成果の普及の推進
7 認知症の人やその家族の視点の重視

認知症カフェは上の内容の中でも特に「認知症の人の介護者への支援」に対して強い役割を持って普及運動が進んでいます。

 

認知症カフェがある地域

認知症カフェは今や様々な場所や地域に展開しています。都市部かどうかなどの地域の事情によってその数はまちまちですが、いくつかの地域を例に見てみます。

~横浜の場合~

横浜の各区にそれぞれ認知症カフェがある状態です。区によって数は違いますが、1つの所もあれば4つほどある区もあり、横浜全体では35か所にのぼります。
場所は、病院内や地域の交流センター、介護老人福祉施設内、薬局内、自治会館や町内会館などがその主な設置場所です。

~名古屋の場合~

名古屋もまた各区に認知症カフェがある状態です。その数は総数で100件以上にのぼります。
開催場所としては、デイサービス内や病院内、介護老人福祉施設内、地域の交流所や集会所などもさることながらハウジングセンターの一角を利用していたり普段は店舗として営業している所を時間を決めて認知症カフェとして対応している所もありました。

~京都の場合~

京都も様々な場所に認知症カフェがありますが、その総数は22か所にのぼります。
開催場所としては、デイサービス内、地域の公民館や小規模多機能型居宅介護の一室でというものから、小学校を利用したものや、普段は足湯を行っている店舗での開催や普段は喫茶店の店舗を時間を決めて認知症カフェとして対応する。という形が多いです。

現在は国が新プランを2018年に新設する予定であり、全ての市町村に「認知症地域支援推進員」が設置され、全ての市町村に認知症カフェを設置することを目標にして事業は推進されていきます。

 

 

PIC-20160224135829

 

 

認知症カフェのメリット、デメリット

ここでは認知症カフェのメリットとデメリットについて考えていきましょう。

~認知症カフェのメリット~

・同じような悩みを持った人同士で本音で話せる

なかなか話しにくい事でも、同じ立場の人や専門家になら本音を話せる人も多いです

・多くの情報を得る事ができる

同じような悩みや境遇の方がいる場合が多いので、お互いに情報交換をしあって助け合う事ができます

・ひとりではない、という安心感を得られながら仲間もできる

人と話す事だけでもずいぶん気が楽になりますが、それによって仲間意識や絆が芽生えて心のよりどころになっていきます

・外出先として楽しむ事ができる

家にいるだけでは心も体も沈みがちになりますが、外出して楽しい時間を過ごす事で心も体も明るくなります。そして楽しかったからまた行きたいとなります。

・社会性を保つ、人とのかかわりを保つ

人と会わない生活は地域の中で孤立感を強めてしまいます。認知症カフェを利用してヒット関わる時間を過ごすことはそういった孤立感の解消につながります。

・支援してくれる人がいる事に気づく

認知症カフェで専門職などに出会う事で助けてくれる人たちがいるのだという事に気づきます。そしてそういった専門職に相談することで具体的な介助方法や関わり方を学ぶ事もでき、実際に介護サービスにスムーズにつなげる事もできます。

・早期に認知症に気づける

認知症カフェを利用した当初は認知症ではなかったり軽度だったりしても状態が変わっていく事はあります。専門家の場合それらの変化に気づきやすいため、早期に対応できる事があります。

~認知症カフェのデメリット~

認知症カフェの中身に関しては特に見当たりません。もしもデメリットがあるとしたら、それは運営する側にとってではないでしょうか。

・運営資金においての収入面がほぼない

開催頻度やその場所によって運営にかかるお金は変わってきますが、多くの認知症カフェがコーヒー代程度しか利用料金として徴収していません。
ですから、その運営内容に関する人員的な面はほぼボランティアに頼るしかないのが実情です。
実はその運営ノウハウというものが世間に広まっておらず、運営に苦慮している認知症カフェが多いと言います。運営に関わる資金は自己資金や自己負担がその6割を占めるとされます。
地域によって助成金がありますが、それを受け取って運営している認知症カフェは2割程度と言われています。もっともっと活用しやすいものになっていくと良いと思われます。

 

 

20160215154859-01695

 

 

まとめ

いかがでしたか。

今後の高齢者の増加率を考えると、認知症またはその予備軍の方も増えていく事は容易に想像できますが、そういった方たちが安心して地域で暮らしていけるようにするには認知症カフェの今後担う役割はとても大きいと言えます。
制度の新設されてますます広がっていく認知症カフェですが、ぜひ応援していきたいですね。

qna