介護のパートって最近どうなの?

comfort-keepers-services-Adult-Respite-Care

介護職で働く人の中ではたくさんのパートの人がいます。人手不足の介護業界において、パートで働く介護職の人は大きな戦力となっています。主婦だと時間が限られていて、パートでしか働きにくいという実態があります。そんな主婦にとって、パートの介護の仕事は年齢が高くなっても働けるありがたい仕事です。

 

介護のパートとは

介護のパートで働く人たちは、年齢層が幅広く20代~70代が働いています。パートで働く人は施設でも在宅でも女性が多くパワフルに働いています。最近は男性の介護士が増えてきましたが男性のパートは、デイサービスやデイケアでの送り迎えや夜勤専門の人が多いです。

介護職のパートは特別養護老人ホーム、老人保険施設、グループホーム、デイサービス、デイケア、ヘルパーステーションなど、どこにでも多くのパートの人が働いています。介護職員として働くためには、ハローワークや広告、転職サイトなどの募集を見てきた人がほとんどです。派遣会社を通してきた人もいます。時には家族がしているから勤めだしたという人もいます。

介護業界のパートは掛け持ち禁止にしているところはほとんどないので複数かけ持つことが出来ます。正職員は責任が重く、掛け持ちはできません。パートは介護業界では勤めやすく、年齢制限がないところが多いので働きやすい職場だと言えます。休みが少ない正職員と違って、パートは時間だけを働けばいいのでブラックになりかねない介護業界ではパートは働きやすいと言えるかもしれません。

 

介護のパートの役割と仕事内容

パートの役割

介護のパート職員の役割は、時間内で与えられた仕事をすることです。仕事内容によって違いますが、パートは専門に仕事を行うことが多いです。パートの人が様々な分野で働くことによって、利用者の生活が守られ、施設運営や事業所運営が成り立ちます。

介護の仕事内容>/h3>

施設のパートの人は、日勤のみの人、夜勤のみの人、入浴介助専門の人、給食部門の人、朝食や昼食、夕食の時間のみのパート、大きい施設だと洗濯専門のパートの人、掃除専門のパートの人など様々な部門に分かれてパートの人たちが活躍しています。

1、日勤のみのパート

施設によって違いますが、8:30~17:00の日勤のみの時間の勤務です。資格がない人でも施設は受け入れている所が多いですが、身体介護はできないので仕事内容は限られてきます。

2、夜勤のみのパート

夜勤のみの働き方です。午後6時~翌9時とかの勤務で丸2日分通して仕事をすることになります。夜勤は少人数の所は1人体制で、収容人数が多いところは2人体制で働きます。夜勤は身体介護が入ってくるので資格が必要になるところが多いです。

3、入浴介助専門のパート

入浴介助のパートの人がいると、施設のほかの人の介助に専念できます。二人の職員が抜けてしまうと、他の利用者を介助する人数が足りなくなります。入浴介助専門のパートは入浴介助用の服で、利用者の更衣介助、入浴介助、おむつ交換まで行います。施設によっては掃除専門のパートを入れているところもありますが、普通は風呂掃除もしてから上がります。入浴介助は体力のいる仕事です。

4、給食部門のパート

栄養士の指導の下に利用者にあった調理を行います。利用者に配ることまでする場合があります。

5、食事時のパート

お茶を沸かし、食事の配膳、食事介助、下膳を行います。

6、洗濯専門のパート

大きい施設だとパートが洗濯を専門にしている場合があります。職員の洗濯もしてくれるところもあります。

7、掃除のパート

施設内の掃除、風呂掃除を行います。

在宅で働くパートの人は登録ヘルパーとして働いています。事業所に登録して、自分の働きたい時間を申請しておくと、その時間に仕事が入れば20分~1時間半くらい、利用者のお宅でケアをします。在宅の事業所によって違いますが、登録の場合、移動費が支給されるようになったので、利用者の家から家に移動する交通費が別途に支給されます。在宅ではパートの人の移動の時間は入りません。家で勤務していた時間のみになります。

在宅での登録ヘルパーはヘルパー2級、介護福祉士、初任者研修修了者の資格がなければできません。仕事内容は介護士としての仕事で、生活援助、身体介護全般を行います。利用者の家へ直行直帰なので、事務所に行くのは月に数回です。あとは電話連絡やメール連絡になります。

在宅での正職員の主な仕事は、パートの人たちのシフト管理や技術指導、責任者としての役割です。パートの人たちは、実際に現場で働く縁の下の力持ちです。正職員並みに仕事を入れて、多くの利用者様の家を掛け持ちしている登録ヘルパーもいますし、数件だけ行っているパートの人もいます。

 

介護のパートの給与

介護の仕事は公的資金によって賄われています。そのため、高時給を望むことは難しいです。待遇面で昔に比べて、かなり改善されています。そのため、
介護のパートの給与は県によって若干差があります。

地方別のヘルパーの平均時給

北海道・東北の平均時給・・・1,022円、
関東の平均時給・・・1,133円、
甲信越・北陸の平均時給・・・1,018円、
東海地方の平均時給・・・1,024円、
近畿地方の平均時給・・・1,094円、
中国・四国地方の平均時給・・・1,069円
九州・沖縄の平均時給・・・984円

これは、有資格者と無資格者を分けていない平均の時給です。無資格者だと800円~900円くらいです。介護の仕事をする場合は初任者研修修了の資格を持っておくと仕事の幅も広がり時給が上がります。介護福祉士を持っているともっとアップするところが多いです。

一般に介護福祉士、初任者研修の資格がある人で900円~1,300円で、無資格の人は800円~1,000円が相場です。主婦のパートの中では高い時給だと言えます。

訪問介護員の平均時給は1,116円で、850円~2,000円という開きがあります。訪問介護員の場合、身体介護と生活援助に分けられている場合が多く、生活援助は900円~1,500円くらいで、身体介護は1,100~1,800円くらいです。訪問介護員の時給は一般の時給より高いですが、移動時間の往復を入れると、施設内で働くこととさほど変わらないようです。

 

介護のパートの注意点

介護の仕事を転職する場合、次に働く所に関してよく考えて探さなくてはなりません。介護現場をやめる原因は人間関係が悪い、理念、運営の在り方がよくない、収入が少ないの3点です。次の職場を探すときにはどうしたらいいかをまとめています。

介護のパートを探す場合の注意点

施設では同じ空間で他の人と働くので、人間関係が大事になってきます。面接のときによく観察して、職員同士の言葉遣いや利用者に対する態度を見ていくと人間関係が良いか悪いかわかります。また、応募しようと思う求人先の理念や経営方針をネットなどで調べておくと、わかりやすいです。介護職専門の転職エージェントがあります。そこを利用すると、応募先の施設内の様子や給料、雰囲気などを聞くことが出来ます。応募から面接の手配まで行ってくれるので、転職エージェントを利用すると探しやすいかもしれません。

パートで働いて、待遇面ではどうなのか、有休はあるのか、

訪問介護士のパートとして働く注意点

登録ヘルパーとして働く場合、求人に乗っている時給だけを見ると、とてもいい時給に思えます。しかし、仕事によっては朝夕のデイサービスの送り迎え30分ずつとか生活援助45分とかのサービスが増えてきています。すると、30分の身体介護の仕事をして次の仕事まで1時間ぐらい空いてから45分の生活援助の仕事に入るといった働き方になり、トータルで働いた時間が少なくなる場合があります。仕事の合間は自由時間なので自分の好きなことをすればいいという気楽さはあります。

直行直帰なので施設のようないろいろな人との人間関係の悩みは少ないですが、逆に一人でしなくてはいけないので自分だけで悩みを抱えてしまうということがあります。

介護のパートとして働く場合、メリットデメリット両方あるので良く調べてから応募することをお勧めします。

 

まとめ

介護のパートとして仕事はたくさんあります。人材不足の折、施設だと無資格でも60代でも雇ってもらえる仕事なので、パートだといくつか掛け持ちすることが出来て、残業や責任が正社員に比べて少ないです。

介護のパートの仕事は求人が多く、働きたい職場を知ってから転職するといいですね

qna