介護のオムツ交換のプロになる!介護のオムツ交換を大紹介!

5568493_f260

介護をしていると必ずしなければならないのがオムツ交換です。

オムツ交換で尿が漏れてしまったとか排便があった時にうまく処理できないということを経験することがあります。利用者さんの体形など人さまざまなので、オムツがぴったり合う人、痩せすぎていて横漏れしやすい人、その人によって当て方を工夫しなくてはいけないことがあります。

今回はそんな「介護のオムツ交換」をご紹介致します。

 

介護のオムツ交換のやり方

歩行できる人や車いすの人で立位のとれる人はトイレでおむつ交換する場合と立位が取れないためベッド上で寝たままおむつ交換する場合とあります。それぞれの場合のオムツ交換の方法を説明します。

立位保持できる人のオムツ交換する場合

1、利用者に合ったオムツ、パット、使い捨て手袋、汚れたものを包む新聞紙やビニール袋、人肌くらいのお湯を入れた陰部洗浄用ボトル、お湯を入れたバケツと清拭用タオルを準備する
(立位の取れる人の場合、昼はパンツ、夜はオムツにしている場合があります)
2、尿意や便意を確認してトイレに誘導する。
3、トイレの手すりを持ってもらい、転倒しないことを確認し、ズボンを膝下までおろす
4、排泄物を確認しながら紙オムツを外し、トイレで座位保持姿勢にしてもらう
5、陰部洗浄ボトルで陰部を洗う
6、陰部、臀部を陰部から肛門にかけて清拭する
7、手すりを持ってもらい、立位になり、拭き残したところがあればきれいに拭いて新しいパットとオムツを当てる
(介護者はオムツを片膝で押さえるようにするとやりやすいです。オムツは利用者の腸骨部に合わせて鼠径部に添わせるようにしてあててテープを止めます)
8、ズボンを上げて、服を整え、利用者の手を洗う
9、気分を確かめてもとの位置に誘導する
10、後片付けをして手洗いをする

寝た状態でおむつ交換する場合

1、オムツとパットをあらかじめすぐに当てられるようにセットしておく。
(オムツの片方だけ中心に向けて巻いておくと当てやすい)
使い捨て手袋、汚れたものを包む新聞紙やビニール袋、人肌くらいの入れた陰部洗浄ボトルとそれより熱めのお湯を入れたバケツ、清拭用タオル数枚、トイレットペーペー、使い捨てのぼろ布などを準備する
寒い時は、室温調整をする
2、利用者に尿便意を確認し、おむつ交換の声掛けをする
(尿便意がわからなくても意識づけのために必ず声をかけます。体調の変化にも気を付けます)
3、掛け布団を外し、体にクッションや三角マットなどを当てている場合はそれも外す
4、ズボンを膝下までさげる
(利用者がお尻を浮かせられるなら浮かせてもらい、そうでない場合は膝を立ててもらうと外しやすい)
5、オムツを開けて、排泄物の量、色、におい、混入物などを確認する
(排泄物が出ていれば、オムツのきれいなところで軽くとっておくと後処理が楽です。汚れを内側にして汚れたオムツを他につかないように丸めておきます)
6、腹部をのの字を書くようにすばやく清拭する。次に陰部洗浄しながら前から肛門部にかけて清拭する。
(陰部洗浄の方法は陰部にできるだけ近い位置でゆっくり多めに流します。ただれないように水分をしっかりふき取ります。)
7、患側が上になるようにして側臥位にする
(足を軽く曲げるか交叉させると側臥位に動かしやすくなります。肩と腰を支えて側臥位にします)
8、臀部を清拭する
(排泄物がある場合は、トイレットペーパーで軽くふき取り、軽く洗い流しながらきれいにふき取ります。
9、他を汚さないために汚れたオムツを体に巻き込み、清潔なオムツとパットを汚れたオムツの下に敷く
10、体を仰臥位に戻し、臀部を軽くあげて汚れたオムツをとり、しわにならないように新しいオムツを出す(オムツは又に添わせるように引き上げてとめます。この時に排尿しやすくするために股間に膨らみをもたせる)
11、オムツを閉じて衣類を整え、利用者の手をウエットテイッシュなどで拭く
12、患側は上にしてクッションや三角マットなどを安楽になるようにあてる
13、状態を観察し、後片づけをする

 

 

fujjsrjht-300x225

 

 

介護のオムツの交換のコツ、ポイント

立位保持できる人の場合

立位保持ができる人でもふらつかないように手すりを持ってもらうと本人が支えることが出来るのでおむつ交換が楽です。認知症などでうまく手すりを持てない人やトイレなどの狭い空間を嫌がる人はベッド上でのおむつ交換が安全です。

立位になっている時にオムツを当てますが、利用者に手すりの方を向いてもらい、介護者は利用者の後ろからオムツを当て片膝でおむつを押さえるようにして前へ引き上げるとオムツが外れずにつけやすいです。

寝た状態でおむつ交換する場合

パットは男性が前の部分を厚く、女性は後ろの部分を厚くします。準備段階でおむつとパットをセットし、片側だけ巻いておくとすぐに充てられるので楽です。尿とりパットは男性が三角にして陰茎を包むようにあてて、女性は尿の出方で前後にずらします。

排便臭がしていて、毎回緩い便が多量に出ている場合はズボンも汚れている時があるので、おむつ交換の前に体の下にビニールを入れておくと、ベッドを汚さなくて済みます。オムツをあけた時に、先にオムツのきれいな部分で便をぬぐって、汚れた方が内側になるようにオムツを丸めておきます。

側臥位にする時は、患側を上にして体を小さくすることによって、重い人でも動かしやすくなります。患側の手は胸にのせて、利用者のひざを立てるか交差させると軽い力で側臥位にできます。

側臥位にして、体がもとに戻る場合は、背中にクッションや三角マットを挟むと、利用者の体がもとに戻らず、楽におむつ交換ができます。汚れたオムツは体の下へ巻き込んでおくと元の姿勢に戻したときに、少し体を上げただけでおむつをとることが出来ます。その時に新しいオムツを体の下に敷いておきましょう。できるだけ、利用者が何回も体を向けなくても済むように1回で終わらせることがコツです。

ズボンを着脱するときは、健側だけでも膝を立ててもらうと着脱しやすくなります。利用者を動かす場合のポイントは、体を小さくまとめるとやりやすいです。介護のオムツ交換の注意点

オムツ交換をする場合、利用者に尿便意の確認やおむつ交換をすることの声掛けをしましょう。認知症の利用者の場合、急にされるとパニックに陥る場合もあります。オムツ交換は見られることが恥ずかしいものです。ドアを閉める、カーテンを閉めるなどプライバシーに配慮することが大切です。

立位でのおむつ交換は、転倒しないように必ず手すりをしっかり持っていることを確認してから行います。特に、ズボンの着脱の時は脚をあげるのでバランスを崩しやすいため利用者の転倒に気をつけます。

室温が低い時は、おむつ交換をして風邪を引いたりしないように室温を調整します。バケツの温度を少し厚めにして人肌のお湯を入れた陰部洗浄ボトルをバケツに入れておくと冷めにくいです。介護者の手が冷たい時は、手を温めてからおむつ交換をしましょう。冷たいと介護拒否されることになりかねません。

褥瘡は皮膚が湿っているとできやすいので、水分をふき取るために、最初は濡れたタオルで清拭して、そこを乾いたタオルで清拭すると水分がきれいにふき取れます。

足の動きの邪魔にならないようにまたの部分に指が1本くらいのゆるみを持たせ、男性の場合陰部を圧迫しないように陰部の部分を少し膨らませ、余裕を持たせます。オムツにしわが寄っていると褥瘡になる恐れがあるので、しわが伸びているか確認します。

 

 

room_toilet

 

 

介護のオムツ交換の実例

85歳男性 要介護5 右半身まひ 筋力低下 言語・尿意・便意不明 認知症あり 思いに反すると怒り出す 冬の寒い時期

要介護5の男性で自分の意に反すると怒り出すため、本人の意思を尊重していることを示さないと介護拒否になってしまいます。

 

オムツ交換の流れ

1、室温を調整し、手をお湯で温める。
2、オムツと三角にしたパットをセットする。人肌より熱めのお湯を入れたバケツ、人肌のお湯を入れた洗浄ボトルを用意し、洗浄ボトルをお湯につけておく。タオルを数枚準備。新聞紙やビニール袋、トイレットペーパーを準備
3、尿便意を確認します。「これからオムツを変えますね」と声掛けをする。
4、布団を外し、邪魔にならないように足元におく
5、右半身まひなので右側から介助する。ベッドを介助しやすい高さに上げて、右側のベッド柵を外す。
6、左ひざを立てて、ズボンを膝下までおろし、オムツを開ける。お湯で濡らし絞ったタオルで腹部を清拭する。
7、汚れたオムツを内側に丸めて、陰部洗浄をすることを伝えて、陰部に近いところからゆっくりとお湯を流し洗浄を行い、陰部清拭をする。
8、声かけをしながら両手を胸で組んでもらい、左ひざを立てて、肩と腰を持ち側臥位にする
9、背中に三角マットをあててもどらないようにする。声掛けしながら臀部を清拭する。
10、汚れたオムツを体の下に巻き込み、新しいオムツを敷く
11、体を元に戻し、お尻を少し上げて、汚れたオムツと新しいオムツを引き出す
12、股間に膨らみを持たせ、足の部分は指1本のゆるみを持たせてオムツをあてる
13、左膝をたてて、ズボンをあげて衣服を整える
14、終わったことを告げて、布団をかけて柵をはめ、ベッドの高さをもとに戻す

本人がオムツ交換をすることによって心地よいと感じると、介護拒否なくスムーズに行うことが出来ます。そのためにも声掛けは欠かせません。本人が安心して介護してもらえるような環境作りも大切です。

 

 

imasia_15099517_s

 

 

まとめ

オムツ交換は特に施設では必ずある仕事です。オムツ交換をきちっとしていない場合、漏れたり、便がはみ出てしまったりして次におむつ交換をする人が大変な思いをしたり、家族が大変だったりということがあるかもしれません。失敗はだれでも経験することです。

オムツ交換を上手にできることによって介護のプロとみなされます。

qna