高齢者向け住宅を学んで将来に備えたい!

IMG_0482_usa_08-2011

現在、高齢者の方と同居されている方も多いと思います。その中で、この家は高齢者の方にとって不便だなと感じる方も多いのではないでしょうか。今回のこの記事では、高齢者の方にとって住みやすい住宅というものは存在するのか。また、住みやすい住宅というのはどのようなものなのかをご紹介したいと思います。

 

高齢者向け住宅とは

では、高齢者向け住宅とは具体的にどのような住宅のことを指すのでしょうか。

①高齢者の身体的負担にならない住宅

例えば、車椅子などの福祉用具を家で利用されている方だとしたら、住宅はバリアフリーである必要があります。段差が多い住宅なども、高齢者の方の身体的負担になってしまいます。日常生活を送る上で、高齢者の方が不便さを感じにくい作りになっている必要があります。

②事故の可能性のない住宅

高齢者の方にとって、一番怖いのは転倒や転落事故です。そのような事故につながる可能性のある障害が、住宅に存在していないか確認する必要があります。階段や段差などもそうですが、事故の多いと言われる浴室などの注意が必要です。

③自立につながる住宅

もし一人暮らしなどの場合は、少しでも本人の力で生活ができるような住宅であることが望ましいかと思います。住宅に不便さを感じることが多いまま生活を続けると、寝たきりになってしまう方が多いと言われているのです。また家族のいる場合は、少しでも家族の介護の負担が減少できる作りであることが大切です。例えば、介護力のない、または時間のない家族の場合、日常生活の介護が困難になり適切な介護を行うことが出来ず、そのことが高齢者の方の寝たきりにつながってしまうこともあるのです。

④適切なサービスが受けられる

高齢者向け住宅の種類によっては、日常生活の援助サービスや介護サービスが受けられる場合もあります。サービスを受けながらも、自分らしい生活が送ることができるのです。自分の要望に合わせた住宅を選ぶことが出来ます。

 

 

myhome

 

 

高齢者向けの住宅の種類

高齢者向けの住宅にはどのような種類があるのでしょうか。いくつかご紹介したいと思います。

①サービス付き高齢者向け住宅

これは、名前の通り高齢者の方にとって生活のしやすいよう作られた住宅のことです。都道府県で認可がされている賃貸住宅となります。また、生活援助サービスも受けることが出来ます。サービス内容はそれぞれ異なりますが、食事の提供や洗濯など様々です。また、夜間は安否確認もスタッフの方が行なってくれることも特徴の一つです。ある程度自由のきく自立した生活が可能です。

②シニア向け分譲マンション

こちらも高齢者向けのマンションになります。スタッフや看護師が在住し、こちらも生活援助サービスを受けることが可能です。また、有料老人ホームなどと異なり、所有権が持つことが出来ます。

③有料老人ホーム

民間企業によって運営がされる有料老人ホームは、いくつかの種類に分けることが出来ます。介護付き有料老人ホーム、宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームがなどがあげられます。それぞれ、介護サービスや生活援助サービスが受けられるものや、反対に介護が必要となった場合、退去となってしまうものなどがあるので自身のニーズに合わせて選択する必要があります。

④自身の家の改装・改築

自分の住み慣れた家から移りたくないという方のための選択肢として、自分に家をリフォームするという手段もあります。自宅をバリアフリーにしたい場合などは、介護保険からリフォーム費用が支給される場合があります。(全額ではありません)住み慣れた我が家だからこそ、その欠点などもはっきりしていると思いますので、その状況に応じて手すりの設置、段差の解消などを行います。

 

 

kaigo_barrier_free

 

 

高齢者向け住宅を選ぶポイント

まず、住宅を選ぶ大前提として自身の介護度を知る必要があります。その介護度によって、どのようなサービスが必要になるのかを判断するためです。それぞれのサービスに特化した住宅がありますので、自身の状況に合わせて選ぶ必要があります。今は、ほとんどの住宅が事前見学が可能ですので、もし気になる物件がある場合は一度実際に内見することや、担当の方に話を聞くことをオススメします。特に、費用面については一番重要なことだと思いますので、納得がいくまで確認を行ってください。受けられるサービス内容も、それぞれ異なります。生活援助サービスはもちろんですが、今後介護サービスが必要になってくる場合も考えられるかと思います。

例えば、重度の介護が必要になった時はどうなるのか、また、医療サービスなどは受けられるのかということも重要になってくるかと思います。そして、見学時に注意して見ていただきたいのが、同じ入居者の方の雰囲気です。これから長らく関わることもあるかと思いますので、こちらも必ず確認をする必要があると思います。

また、住宅のリフォームを考えている方は、自身のニーズを明確に伝える必要があります。特にこの場合は、介護のスタッフや生活援助のスタッフが在住しているわけではありません。自身の力や、家族の力が必要になってくるかと思いますので、自身の生活をサポートしてくれるような住宅を依頼できるようにしましょう。

 

高齢者向け住宅の注意点

ではこの高齢者向け住宅を選択することにどんな注意点があるのでしょうか。まず、介護度が上がってくるとそのまま住み続けることが困難になってしまう場合があります。例えば、サービス付き高齢者向け住宅の場合は食事の提供や洗濯などの生活援助サービスは受けることが出来ますが、介護サービスは提供されていない所もあります。その為、介護が必要となった場合は自身で外部の事業所と介護サービスの契約を選ぶ必要があるのです。また、「介護度が上がった場合などは退去の可能性がある」ということを、常に頭に入れておかなければなりません。その為にも契約時に、どのようなサービスを受けることが可能なのかをきちんと確認し、いざという時に不満が残らないようにする必要があります。
自宅のリフォームを選択する場合は、資金の援助などは受けられる場合がありますが、それでも自己負担分の費用は発生しますのでその分の費用の確保が必要になります。また、家の状態によってはリフォームが不可能な場合があったり、あくまで住宅の状態を改善することなので、こちらも介護度が高くなった場合のことを考える必要が出てきます。また、家族と同居している場合は、家族の理解を得る必要もあります。

 

tatemono_jutakugai

 

まとめ

高齢になってくると体の衰えなどを感じやすくなります。そうすると、今まで出来ていたことが出来なくなってしまうので、自分の周りを取り巻く環境が大きく変化していきます。それは年齢を重ねるにつれて避けられないことだと思います。その中でも、一番重要になってくるのが日々の生活をする住宅、家です。少しでも自分らしい生活ができるよう、現在は選択肢がたくさんあるかと思います。まずは、自身はどのような住宅を求めているのかを明確にし、情報収集することが大切です。これからの未来、その選択肢はもっと増える可能性もありますので今からでも将来を考えることは大切だと思います。

自分ではなくても、もし家族の為に住宅のことを考えなけらばならなくなった時、安全で快適な生活が送れるような選択ができるようにしましょう。

qna