介護の夜勤を現役介護士が語る!

night-time-care

介護職において夜勤の仕事はとても重要な仕事です。施設によっては夜勤のシステムも違うことがあります。もちろん夜に行う仕事ですのでかなり大変な仕事ではありますがそこには夜勤だからこそ体験することができるたくさんのドラマがあります。

今回は介護を業務するうえでの夜勤の様子とその特徴について記載していきます。

 

介護の夜勤とは

介護業務において夜勤はとても大切な仕事の一つです。

そこに入所されている利用者が安全にかつ少しでも休んでいただけるように支援をするのはもちろんですが、不眠の方や、夜は落ち着いかれない方がいらっしゃった場合少しでも安心して過ごしていただけるように支援をしなければいけません。

また施設によって時間は異なるかもしれんが、巡回に口腔用品の洗浄など決められた業務もたくさんあります。皆さんのイメージで介護の夜勤とはかなり辛いと思われる方もたくさんいらっしゃると思いますし、生活リズムも大きく崩れますので、実際人によっては過酷だと感じることは多いと思います。

まず日中の業務とは違い、必要最低限の人数しか確保されないので場所によっては一人で業務を行わないといけないので、その分責任が重大になります。また、何か事故があったときもその時の対応次第で利用者の命に関わる可能性もあります。このことからも業務をするうえで冷静沈着にそして臨機応変に対応しなければいけません。
夜勤には様々なスタイルがあります。

例えば業務スタート時間と業務終了時間が施設によっては異なることがあります。また夜勤の回数も変わるなどいろいろあります。では夜勤の種類はどれくらいあるのでしょうか。

 

 

image21

 

 

夜勤の介護の種類

夜勤は施設によって勤務時間がちがうことがあります。

夜勤の勤務時間

①16時~9時までのパターン(16時間勤務)
②23時~8時までのパターン(8時間勤務)
施設によっては多少の時間のずれはあるかもしれませんが、大抵の勤務時間の8時間~16時間に設定されます。

①の場合労働基準法では16時間勤務ですので、実質2日分働いたことになるので、このことを(2労働夜勤)と呼ばれています。

②の場合は日中の勤務をそのまま夜勤に移行したものと思えばイメージが付きやすいですね。
①に比べたら時間も少ないし体のへの負担も少ないと思われるかもしれません。
①1日目夜勤→2日目明け→3日目休みとなります。しかし、②の勤務の場合、1日目夜勤→2日目明け→3日目出勤となります。
つまり準備と休みがとりやすいのは①の勤務体制です。
※ちなみに①の勤務体制が全体の70%、②の勤務体制が30%くらいで採用しているといわれています。

また夜勤の回数ですが、人数によって回数が変わります
夜勤の回数(1か月)…平均4~5回、人手不足だと9~10回まで跳ね上がります。
どうしても人数が少ないと夜に出なければならない可能性が高まります。
このことからも大きな施設より、小さな(グループホーム)施設のほうが夜勤の回数が自然と多くなります。
実際の夜勤の流れはどのようなものになるのでしょうか。

 

介護の夜勤の流れと仕事内容

夜勤の種類によって動きが変わりますが、今回は①の16時間勤務編成で解説していきたいと思います。時間設定、16時~9時までの勤務です。

夜勤の流れ

16時
出勤→申し送り、業務開始します。
食事までの間でトイレ誘導、口腔体操などを行い、少しずつ食事介助の準備をしていきます。

18時
食事介助→見守り、食事が終わった方から服薬介助、口腔ケアを行います。

20時~21時
までのところでパジャマ交換、就寝前のトイレ誘導、人によって眠前薬を飲んでいただいてお部屋へ連れ帰りを行い、休んでいただきます。

21時消灯
ここからは2時間おきの巡回、おむつ交換、トイレ誘導、ナースコール対応、口腔ケアの消毒などが業務を行っていきます。

1時休憩仮眠
お疲れ様です。少し休みをとりましょう。

朝6時くらいから少しずつ起床介助から始まります。
起床介助→朝の更衣、洗顔、トイレ誘導を行います

7時早番出勤
申し送り後できなかったところは早番にお願いして朝食介助を行います。

朝食介助後かたづけをしながら服薬介助、口腔ケアを行います。

8時半日勤出勤
申し送り、やり残した業務を終わらせあとは記録をして9時に業務終了となります。

基本、この業務で動きますが臨機応変な対応が求められるので時間通りにいかない場合もあります。

介護の夜勤にはいろいろなハプニングがあります。今回は3つ事例をあげてみましょう。

 

 

PIC-20151119082253

 

 

介護の夜勤で実際にあったこと3選

夜勤では一風変わったハプニングが起きやすいです。日中では考えにくいことが起こります。

1, 夜勤の巡回中に一人の認知症の利用者さんがいなくなっていました。周りの職員に確認をとっても誰も見ていないといいます。もう一度探ってみると、部屋の押し入れの中に隠れていたのです。そのあとは、バイタルサインを測って、怪我がないか確認して少しお話をしてから休んでもらいました。そしてヒヤリハット報告書に記載をしました。

その時は寿命が縮むかと思いました。でもなぜわかったかというと、押し入れから独語が聞こえました。実際中には、ベッドの下にもぐられているというパターンもあるみたいですので、その方に怪我がなくてほっとしました。

2,夜2時ごろ男性の利用者さんのお部屋からナースコールが鳴り、伺うと本人様よりトイレに行きたいとのこと。よく見ると、本人様はズボンを脱いでおられ下着の姿でおられました。その方はポータブルトイレによる対応でしたので、座っていただいた後に失禁がないか確認し洋服を着なおしていただき休んでいただきました。

3,   女性のご利用者さんが悲しそうな表情で徘徊しておられたのでホールにて少しお話をさせていただくことにしました。その方は旦那さんがおられたのですが、かなり前に亡くされていました。
どうもそれを思い出してしまい、悲しんでおられた様子でした。普段は全くそんな素振りを見せないとても明るい方なのでびっくりしました。
最初はかなり感情的になっておられましたがだんだんと落ち着かれました。
最後にその方から「話を着てくれてありがとう。」その言葉に少し泣きそうになりました。
夜勤は嫌なことだけではなく、こうしたドラマみたいなこともあります。

 

 

PIC-20140608073947

 

まとめ

利用者さんが日中元気で過ごせるのは夜勤の方たちが、頑張ってくれたおかげです。
夜勤は肉体的にも精神的にも大変だといえますが、だからこそ介護という仕事に誇りをもってほしいなと思います。

また仕事をするうえでしっかり休むということも重要になってくるので、職員さんと協力をしながら無理のない生活を送ってもらえればと思います。

qna