介護支援専門員を目指すには!?

iStock_000017172581Small

介護保険を利用したことがない方が家族に介護が必要になったときに、必ず必要な存在が介護支援専門員(ケアマネージャー)があります。

どんな仕事をしてどんなことについて相談したらいいか最初分からないと思います。

今回はこれから介護支援専門員に相談しようされている方の為に介護支援専門員とは何かという事についてご紹介します。

 

介護支援専門員とは

介護支援専門員とは介護保険の基本理念である「利用者本位」を実現させるための手法としてケアマネージメントが制度化され、それを利用者に変わって担う立場が介護支援専門員です。
一般的にはケアマネージャーと呼ばれていますが本章ではあえて「介護支援専門員」として進めていかさせていただきます。
介護支援専門員は利用者や、その家族がどのようなサービスを希望するか(インテーク)、それに対してどのようなサービスが必要か査定(アセスメント)、介護保険が適用できるサービス計画(ケアプラン)
更にサービス開始後も利用者に適切なサービスが実施されているかフォロー(モニタリング)等を行います。
介護支援専門員は、介護が必要な利用者と介護保険のサービスのつなぐ大切な位置付けにあり、その業務内容も利用者優先の業務内容で代表的なものが以下のような利用者にとってなくてはならないものです。

介護支援専門員の業務内容

◆要介護認定業務  市町村から委託を受け、要介護者の自宅を訪問し、心身の状態を確認します。
また、更新申請に関する書類作成の代行業務を行います。
◆ケアプランの作成 重要なのが、ケアプランの作成です。課題分析(アセスメント)を行い、目標を設定たうえでケアプランは作成されます。

これなしで介護保険サービスは受けられません。また、介護支援専門員しかできない仕事であり、介護支援専門員の最も重要な役割といえます。このケアプランとは、わかりやすく言えば介護サービスのスケジュール表のようなものです。

 

57434

 

介護支援専門員の役割

介護保険制度では介護支援専門員を中心として、要介護者のケアマネージメントを行う事が役割とされています。介護支援専門員は自分の担当する要介護者に適切で有効的なサービスが提供されているか各担当の事業所と連携して連絡を取り合い、情報交換することも重要な役割です。

介護支援専門員の最も重要な役割は、要介護者が介護認定申請するときから、要介護者の体の状態を最も理解して「今、どこで、何が」要介護者に必要か又それを実行させて効果が出るようなケアプランを作成して介護保険制度の基本の「利用者本位」の結果が出るまで要介護者のケアを行う義務があります。

介護支援専門員は「介護が必要な人と介護保険サービスを繋ぐ」大きな役割があります

 

介護支援専門員はどこで探せばいいか

介護支援専門員は主に居宅介護支援事業所もしくは介護保険施設、介護療養型医療施設、高齢者住宅などに所属しています。

自宅で生活をしている場合には地域包括支援センターまたは市区町村の窓口などに問い合わせると、住んでいる地域を担当している居宅介護支援事業所を教えてもらえます。

施設に入所している場合には、その施設に所属している介護支援専門員にお願いできます。

居宅介護支援事業所は介護保険制度に位置づけられたサービス事業所の一つであり、居宅において受けられる介護サービスなどの紹介、ケアプランの作成とサービスの調整やサービス給付費の計算や請求などを利用者に代わって行います。

これらの業務を実際に手がけるのが介護支援専門員です。また、施設に入所している利用者についてもニーズに応じて施設サービスが適切に提供される必要があります。そこで介護保険施設でもケアマネジメントが行われ、それを担う立場として介護支援専門員の配置が義務づけられています。

 

 

job_hokenshi_man

 

 

介護支援専門員になるには

介護支援専門員になるには様々な壁を乗り越えていかなければ、簡単にはなれません、まず受験するための資格について説明します。

介護支援専門員になるまで

Step1介護支援専門員実務研修受講試験

業務に関する基礎的な知識や技術が備わっているかを確認するための試験(介護支援専門員実務研修受講試験)に合格することが必要です。介護支援専門員実務研修受講試験を受験するにはいくつかの要件があります。
例えば社会福祉士・介護福祉士・看護師等の国家資格を取得したうえで実務に5年以上従事した経験があることや、相談・援助業務や介護サービスなどの直接的な援助業務に5年以上従事した経験などが必要となります。
※実務経験とは実務経験5年という表現は正確には「通算して5年以上であり」かつ当該業務に従事した日数が900日以上であることを指します。
介護支援専門員実務研修受講試験の合格率は、平成22年は20.5%、平成23年は15.3%、平成24年は19.0%、平成25年は15.5%と、おおむね15~20%で推移しています。

Step2研修修了書の交付

Step3各都道府県の介護支援専門員実務研修受講

介護支援専門員実務研修受講試験を合格すると今度は都道府県での介護支援専門員実務研修受講を受けると共に都道府県へ登録を行います。

Step4介護支援専門員証の交付

Step5業務の実施

実務研修は、「介護支援専門員として必要な知識、技能を有する介護支援専門員の養成を図ること」を目的としています。具体的には、介護サービス計画(ケアプラン)の作成やモニタリングの実施など、ケアマネジメントに関するさまざまな業務に関する専門知識や技術を学習します。

実施時期は都道府県によって異なりますが、研修は国が定めたカリキュラムにそって実施されます。国が定めたカリキュラムでは、研修期間は6日間、研修時間は合計44時間以上と示されています。通常は前期・後期に分けて実施されます。
研修は、介護支援専門員指導者や大学教員、県・市区町村等の行政担当職員等が講義を行います。実務研修を修了すると各都道府県で介護支その上で都道府県知事に対して申請を行うと、「介護支援専門員証」が交付されます。

これを手にすることで初めて介護支援専門員の業務を行うことができます。

 

介護支援専門員仕事の内容

要介護者の問題発掘と解決

要介護者の希望としてはやはり住み慣れた自宅で暮らしたいもので、その為に介護支援専門員は何ができ何が出来ないかを把握して対策ができればそのプランをたてます。

介護支援専門員はよりよいプラン作成のために以下のような点について特に確認します。

◆今までどのような生活をしていたか
◆どうして介護が必要になったか
◆これからどのような生活をしたいか
◆家族とはうまくいっているか
以上のような項目に、要介護者が生活のなかで不便や不都合等の問題点を抱えていたら、それらの解決策のプランを作成して実行させていきます。

サービス担当者会議の運営

担当者会議は利用者がどのようなサービスが一番適しているか各分野の担当者が集まり、打合せを行うものです。

担当者会議は次のようなと時に行われます。
◆はじめてケアプランを作成するとき
◆要介護度が変更になるとき
◆要支援から要介護へ変わったとき
◆要介護の更新認定を受けたとき

担当者会議は利用者の状況把握の為には、絶対的に必要な打ち合わせで、サービス内容の確認や変更が必要な場合にいち速く対処できます。

介護支持サービスの記録

毎日の訪問記録やサービス、担当者会議の打ち合わせ記録等の決定事項を残すことも仕事のひとつで利用者や家族から閲覧希望があれば、応じます。

 

guide_index_image

 

介護支援専門員の1日の流れ

介護支援専門員の仕事については、今まで色々と説明させて頂きましたが、利用者や家族に対しての仕事が多いことは理解していただいたことだと思います。現在の介護支援専門員の実情をみると、

介護支援専門員への資格をとる人が減少の傾向にあります。その原因として考えられるのが以下のような点が考えられます。
◆仕事のボリュームに対しての報酬面などの条件が悪い
◆資格を取るには最低で5年以上はかかる

それでも介護支援専門員は要介護者の唯一の頼れる存在であり、介護者が毎日安心して生活を出来るのも介護支援専門員があるからと言っても過言ではありません。そんな位置付にある介護支援専門員の1日の仕事については紹介させて頂きます。

1日の流れ(居宅介護)

介護支援専門員の1日の仕事始まりは要介護の高齢者のサービスのモニタリングのチェックから、始まり次にその日の相談相手や訪問先のチェックが行われます。
09:00~09:15出勤後メールのチェック、郵便物の確認
10:00~12:00電話対応や関連先の相談業務、ブログの更新、要介護認定の書類作成代行、ケアプラン等、作成、事務作業

13:00~16:00の施設や病院など関連先への挨拶回り、利用者宅訪問
16:30帰社し、事務処理や電話対応
18:00何もなければ帰宅

1日の流れ(施設介護)

8:00 出勤
8:30 ミーテーィング
9:00~11:00 フロアリーダーとの協議、電話対応、関係先との相談業務、要介護認定の種類代行、ケアプランを作成

11:30~12:30 食事介助
13:00~14:00 フロアリーダーとの協議
17:00~17:30 帰宅

利用者の為の環境つくり

介護支援専門員の1日の仕事のなかで最も多く時間や神経を注ぐのが利用者が安心して生活できるような環境作りをする為のケアプランについてです。
この利用者が快適に生活できるため環境つくりのケアプランを達成させるには、本人や家族以外に、地域包括支援センター、介護保険事業所、病院などの医療機関、民生委員、地域のボランティア団体、看護師や担当医、障害者相談所など、
多数の機関が関わっており、介護支援専門員はこれらの機関と旨く連携をとって、利用者本人が快適に暮らせるように環境を整えることが重要な1日の仕事になります。

居宅と施設の介護支援専門員の違い

施設で働く介護支援専門員は利用者本人がそこにいるので、出勤したら前日からの体調を確認し、1日の計画を立てます。反対に、居宅介護支援事業所に勤務する介護支援専門員は、施設勤務と違って、利用者本人がそこにはいません。
ですから前もって決めておいた訪問日に合わせて利用者のご自宅や施設まで伺い、そこでモニタリングを取らなければなりません。ケアプランを作成するという点ではどちらも変わりませんが、仕事の内容は結構違いがあるのです。
居宅介護支援専門員と施設介護支援専門員の1番の違いは「介護支援専門員業務に専念できるか、できないか」ということ。施設介護支援専門員の場合は他の業務を兼任しながら働ています。
なので施設で介護や事務員などを兼任している介護支援専門員の場合は、基本的には日勤だけの方が多いようですが施設の人手が足りない時は夜勤に出なければならない時も普通にありますが居宅支援事業所にお勤めの方に関しては夜勤はありません。

施設兼任介護支援専門員、居宅介護支援専門員は仕事内容もそれぞれ違いがありますし、介護施設や事業所毎にも異なるので全ての介護支援専門員がこのようなスケジュールで動いている訳ではありません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

介護を必要とされたときに最も頼りにしなくてはいけない立場の職種が「介護支援専門員」です。介護というものが始まりもとの状態に戻ることは誰でも期待しています。
しかし、現実は介護と永遠に付き合う結果になっていることの方が多く、その際に介護支援専門員の力が絶対的に必要になってきます。

要介護者にとっては介護のはじまりから最期迄介護支援専門員とは繋がり続けます。

qna