介護のレベルを上げるためにはどうしたらいいの?

nursing_home_1

介護のレベルをあげたいと思っている人は介護福祉士や認知症ケア専門士などの資格をとってキャリアアップを測っています。もし、介護をする人のレベルが図れる基準ができたら自分のレベルを上げていくことが出来て、それが評価の対象になったらいいですね。

レベルが上がっていくと、自分のモチベーションも上がります。

 

介護のレベル 基準

厚生労働省では、介護職員資質向上促進事業について介護職員の資質向上を図っていて評価基準の策定及び改善を行っています。また、介護プロフェッショナルキャリア段位制度の講習を行っています。

キャリア段位制度とは

キャリア段位制度とは、成長分野における新しい職業能力を評価する仕組みです。今まで、事業所や企業ごとにばらばらの物差しだったが、共通の物差しを作りそれに基づいて人材育成を行うことです。

成長分野の介護サービスの従事者に対して介護プロフェッショナルのレベル認定が行われて、そのレベルはエントリーレベルからプロレベルまで7段階あります。そして、「わかる(知識)」と「できる(実践的スキル)」の両面で評価します。介護プロフェッショナルでは、まずレベル1~レベル4についての基準を作り、レベル認定を行います。

 

評価レベルの基準

分野共通の考え方 介護プロフェッショナル
レベル7 その分野を代表するトッププロフェッショナルの段階
レベル6 ・多様な生活生涯を持つ利用者に質の高い介護を実践

・介護技術の指導や職業間連携のキーパーソンとなり、チームケアの改善に貢献

レベル5 プロのスキルに加えて、特定の専門分野・業種におけるさらに高度な専門性を持つ、あるいはその人の独自の専門性が顧客等から認知・評価されている段階 ・多様な生活生涯を持つ利用者に質の高い介護を実践

・介護技術の指導や職業間連携のキーパーソンとなり、チームケアの改善に貢献

レベル4 一人前の仕事ができることに加え、チーム内のリーダーシップを発揮出来る状態 チーム内でのリーダーシップ(サービス提供責任者、主任等、部下に対する指示・指導、

本レベル以上がアセッサーになれる

レベル3 指示等がなくても一人前の仕事ができる状態 利用者の状態像に応じた介護の他職との連携を行うための幅広い老域での知識・技術を習得し的確な介護を実践
レベル2 一定の支持のもとにある程度の仕事ができる段階 一定の範囲で、利用者のニーズや状況の変化を把握・判断し、それに応じた介護を実践
レベル1 エントリーレベル 初任者研修により、在宅、施設で働く上で必要となる基本的な知識、技術を習得

 

 

I_04_kaigo_ofuro

 

 

介護のレベルを測る方法

キャリア段位を取得する職員を評価するにはアセッサーという評価者を職員の中から選んで講習を受講する必要があります。キャリアのレベル評価が高い事業所は質が高い事業所とみなされます。施設や事業所において、OJTの一環としてこの制度を導入することによって、介護職員の処遇改善のための介護報酬の一定割合が加算される「処遇改善加算」のキャリアパスの要件を満たすことが出来ます。

そのことによって、介護職員のモチベーションアップにつながり離職率を減らす狙いがあります。

 

わかる(知識) できる(実践的スキル)
レベル4 介護福祉士であること(国家試験合格)または介護福祉士養成課程を修了した者 「基本介護技術視点での評価」「利用者視点での評価」「地域包括ケアシステム&リーダーシップに関する評価」
レベル3 介護福祉士養成課程修了または実務者研修修了者 「基本介護技術の評価」「利用者視点での評価」
レベル2 介護初任者研修終了(ホームヘルパー2級または1級研修終了も含む) ①     「基本介護技術の評価」「利用者視点での評価の一部(感染症対策、衛生管理)」

②     「基本介護技術の評価(状況の変化に応じた対応を除く)」「

レベル1 レベル2に同じ なし

 

「できる」の評価には大項目→中項目→小項目でチェックするようになっています。

大項目 基本介護技術の評価 利用者視点の評価
中項目 入浴介助

食事介助

排泄介助

移乗、移動、体位変換

状況の変化に応じた対応

利用者家族とのコミュニケーション

介護過程の展開

感染症対策、衛生管理

事故発生防止

身体拘束廃止

終末期ケア

 

小項目チェックの一例
1、食事介助ができる・・・・・・・・・・・・小項目
・食事の中身を利用者に説明する等、食欲がわくように声掛けを行ったか
・利用者の食べたいものを聞きながら介助したか
・利用者と同じ目線の高さで介助し、しっかり咀嚼して飲み込んだことを確認してから次の食事を口に運んだか
・自力で摂食を促し、必要時に介助を行ったか
・食事の量や水分量を記録したか

 

2、入浴介助ができる・・・・・・・・・・・・小項目
・バイタルサインの測定や利用者へのヒヤリング等による体調確認、意向確認を行い、入浴するか否かについて確認したか
・バイタルサインや医療食の指示、既往歴などに基づいて、利用者の状態に応じた入浴方法を選ぶことが出来たか
・体調や気候に配慮しながら、利用者の好みの洋服を選んでもらったか
・スクリーンやバスタオルを使い、プライバシーに配慮したか
・脱衣の際に健側から患側の順番で行ったか
・ボタンの取り外し等、自力でできるところは自分で行うよう利用者に促したか

 

20160215154851-00868

 

介護のレベルのポイント

レベル評価基準のポイントは、基本介護技術、利用者視点、地域包括ケアシステム&リーダーシップの3つの大きな評価項目を設定することやOJTツールとして利用でき、簡素で、住宅、施設共通で、客観的に評価できる基準を作成することです。

チェック評価の基準

A:できる B:できる場合とできない場合があり、指導を要する C:できない
-:実施していない評価は実践的スキル(できる)と知識(わかる)の両面から行います。

実戦的スキルの評価

・介護サービスを提供している事業所・施設において、一定の要件を満たした「アセッサー(評価者)」と呼ばれる人が介護職員の日ごろの様子や業務の記録等を実際に見て、評価することとしています。(内部評価)
・併せて事業所、施設等において評価が適切に行われていることを第三者機関が評価することとしています(外部評価)

 

知識の評価

既存の介護福祉士など国家資格との関係を明確にすること、視覚との観点を複雑にしない観点から、原則として、介護福祉士養成課程、介護初任者研修等の講義を修了したことで評価することとしています。
このようなOJT、つまり実務においてスキルアップを支援する中で客観的な評価が行われることで、介護福祉士や初任者研修のわかる(知識)の評価だけでなく、現場で働く点において実際に何ができるかをレベルで評価されるので、次のステップに上がろうとモチベーションアップにつながります。

介護のレベルを上げる方法

介護のレベルを上げるためには、プロフェッショナル検定のキャリア段位制度に申請して段位を認定してもらう必要があります。申請はシルバーサービス振興会に申請をします。申請には申請手数料が必要です。

介護事業所が負担する場合は、負担額の2分の1が助成されます。レベルを上げるためには、今までの介護福祉士などの資格を取るだけでなく、実務スキルを上げなければいけません。それが、介護プロフェッショナルとしての介護職員の質の向上にもつながります。

 

介護事業所ではアセッサーとなる評価者が実践スキルを仕事の様子や業務記録等を見て評価します。知識は介護福祉士養成課程、介護初任者研修等を修了することが条件です。評価者であるアセッサーは介護福祉士として一定の実務経験がある人でアセッサーの講習を受けた人が担います。また、シルバーサービス振興会と契約した外部評価機関が知識、わかるの評価をOGTが行い、合格すれば認定が行われます。

レベル認定されると、報酬のアップにつながる可能性があり転職の時にも有利です。レベル認定に有効期間はないので、それをいつとったかということだけを職務経歴書などに書きます。(例:介護プロフェッショナル:レベル3)

 

 

guide_index_image

 

まとめ

介護のレベルを上げるために始まった介護プロフェッショナル段位制度。これはわかる(知識)とできる(実践する)の二つで評価される制度なので、介護職員としてのレベルを上げたいという人にとって自分がどのレベルにいるのかがわかりスキルアップにつながります。

事業所としても全体の質がアップするのでいい評価を得られます。

qna