訪問介護で気をつけたいことを大特集!

i-the-willows-gallery2

超高齢化社会である我が国では、介護を必要とする人は年々増加しています。
介護が必要になっても住み慣れた自宅で暮らしたいと願う人は多いことでしょう。しかし、日常的に介護できる同居家族が居ないという家庭は多いです。

そのような場合、介護保険サービスに位置付けられている訪問介護の利用が考えられます。
訪問介護とはどのようなサービスなのかについて知りましょう。

 

訪問介護とは

訪問介護とは、日常生活を営むのに支障がある方に対して自宅に訪問介護員(ホームヘルパー)を派遣しサービスを提供する事業です。
訪問介護の主な内容には、身体に関わる直接的な介助(入浴、排せつ)を行う「身体介護」、日常的な家事支援(買い物、調理、洗濯、掃除など)を行う「生活援助」があります。
また、その他に「通院や外出の援助」をすることもあります。
訪問介護サービスを介護保険のもとに実施する場合は、ケアマネージャーが作成するケアプランに基づいてサービスが提供されます。
また、訪問介護は高齢者に対してのみではなく障害者総合支援法に基づいて障がい者の方の在宅生活を支援する場合もあります。
住み慣れた地域で暮らしていく社会を目指している今、地域や関係市町村、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所などの多職種との連携を密に図り総合的なサービスの提供に努めることが訪問介護にも求められています。

 

syokujikaijo

 

訪問介護の役割

介護保険における訪問介護の役割としてはケアプランに基づいて具体的なサービスを行い、利用者の目標の達成度を踏まえ、必要に応じてケアプランの内容を変更することを提案する役割も担っています。
利用者の日常生活の場に深く関わることになる訪問介護は単に必要な介護を実施するにとどまらず、利用者の出来ることの支援を促すとともに新たなニーズへの気付きが求められます。
事業の実施、サービスの提供にあたっては法律に定められている運営に関する規則を厳守しなければなりません。訪問介護員が実施できないサービスについて熟知しておく必要があります。

その上で介護保険給付以外の地域のボランティアによるサービスや様々なサービスの組み合わせで利用者の自立した生活を支えることが出来るように身近な支援者として利用者、家族の声を拾い上げケアマネージャーや多職種との連携ができる介護専門職として機能することが大切です。

 

 

20160215154825-00896

 

 

訪問介護の流れ

介護保険における訪問介護サービスを利用する場合の流れを見ていきましょう。

①介護保険認定申請をします

各市町村に介護認定の申請をします。

②介護認定結果を受けて、担当のケアマネージャーを決め契約します。

要支援1や2の認定を受けた場合、担当は市町村になる場合もあります。

③ケアマネージャーが自宅を訪問して総合的な相談をします。

相談の中で必要な支援、介護保険サービスを抽出します。訪問介護の利用についての必要性やサービス内容や料金などの概要についてケアマネージャーからの説明をうけます。サービスの利用調整はケアマネージャーが行うので、訪問介護事業所に繋ぐ役割をします。

④事前面談(事前訪問)を行います。

ケアマネージャー、訪問介護事業所の担当者が自宅に訪問し状況を確認します。訪問介護事業所の担当者はサービスを提供するにあたって具体的な打ち合わせをします。利用者の自宅においてサービスを提供するので、物品の位置や使用する物の確認など細やかな打ち合わせをします。説明を受け、了解であれば訪問介護事業所と契約をします。

⑤サービス担当者会議を開催します。

ケアマネージャーの作成したケアプランの内容を利用者、家族、訪問介護事業所、ケアマネージャー、その他関わるサービス事業所があれば、関係者が一堂に会してケアプランの確認をします。

⑥サービス開始です。

訪問介護事業所は訪問介護計画書を作成し利用者、家族に確認してもらいます。訪問介護員がケアプランに従って決められた曜日、時間に訪問しサービスを提供します。提供時は提供記録などを利用者、家族が確認します。

⑦新たな相談、困りごと、サービス内容の変更などが必要な時はケアマネージャーに相談しましょう。

利用者、家族は訪問してくれる訪問介護員さんに話してケアマネージャーに伝えてもらうこともできます。また、関わっている訪問介護員も新たなニーズや気づきがあればケアマネージャーに報告、提案などを行い状況にあったケアプランの修正が出来る支援をしていきましょう。

 

 

CqIBRGjUkAEmYzd

 

 

訪問介護のポイント

訪問介護のポイントについてまとめてみましょう。

4-1 サービスを受ける側(利用者、家族)

・ケアプランに基づいたサービスが提供されているかに留意しましょう。また、それ以外のサービスをお願いしたいと思っても介護保険制度のルール上、訪問介護員はすぐにその場では判断できないので原則としてケアマネージャーに相談しましょう。
・ケアプラン通りのサービスが提供されていない場合、方法の変更などをしてほしい時は遠慮や我慢はせずにその場で確認できるのであれば訪問介護員に話してみましょう。もしも話せないようであればケアマネージャーに相談しても構いません。
・訪問介護サービスはあくまでも利用者本人に対して提供されるサービスに限られていることに留意しましょう。
・訪問介護で提供できるサービスは介護保険制度の中で決められている日常的な事柄に限られています。非日常的なことに関してはお願いできません。例えば草取りや窓ふき、家具の移動、本人が使用しない部屋の掃除などがそれにあたります。

4-2 サービス提供者側(訪問介護事業所、訪問介護員)

・ケアプランに基づいたサービス提供を行うとともに、掲げられている目標達成を意識して関わるようにしましょう。
・新たな気づきやケアプランの変更が必要と感じたときはケアマネージャーに報告、提案しましょう。
・訪問介護員は利用者と距離感が非常に近い存在になります。特に個人情報や守秘義務を順守し、トラブルが生じない様に細心の注意を払った言動を心がけましょう。
・利用者宅訪問では近所の迷惑にならないような行動が求められます。車両の運転、駐車の仕方一つにしても気を払いましょう。

 

介護イラスト(車いす誘導)

 

まとめ

介護が必要になっても、住み慣れた自宅で暮らしていきたいと願う人は多いことでしょう。在宅介護の要となり得る存在の訪問介護。
利用者の望む暮らしの実現のために「自宅」という最も身近な場所で関わりを持つ存在となります。そのため、利用者、家族に一番近い存在としての気づきも多く、時に多方面に対しての代弁者となることもあります。
介護保険制度の中に位置付けられたサービス事業所であり、その専門性と技術をもって関わることで利用者の可能な限りの自立した生活を支えるという役割を担っています

qna