介護のトイレについて教えて!

tpcounter

筆者の経験ですが脳出血で入院の経験があり、少しの期間ではありますがベット上で過ごさなければならない時がありました。その入院生活の中で1番嫌だったのは下のお世話(排泄介助)を受けることでした。介護の上で排泄の介助はとてもデリケートです。
介護を受ける方もできたら自分でしたいけど、トイレに間に合わなかったり等の理由によりやむなく介助を受け入れて下さる人もいるでしょう。
そんな方が自分でもできるように手助けできるように作られているのが介護用のトイレであり、今回はその「介護のトイレ」についてご紹介したいと思います。

 

介護のトイレは

トイレの説明の前に排泄介助についての注意点から書いていきたいと思います。
排泄介助は介護の中でもとてもデリケートな介護になります。

注意点

・その方のプライドを傷つけないようにするにはどうしたらよいか?
・プライバシーの保護にはどのようにして注意したらよいか?
・言葉かけはどうしたらよいのか?
等気にしなければいけない点は多々あります。
そうした中で自分でしやすいように作られているトイレがあると、介護を受ける方も
自分でできるなら頑張ってしてみようか、リハビリがてら頑張ってみようかと前向きに
受け取ってくれる人が多いです。
そうです。自らすすんで排泄介助を受け入れる方はいません。
だから自分でできるように介護用のトイレを設置して、トイレの環境を整える事が重要なんです。
詳しくは次の項目で説明していきたいとおもいますが、トイレに手すりを付けたり
トイレのそばにトイレアームを設置したりと方法も手段も介護を受ける方によって
様々です。
排泄介助は介護者が自らすすんで介助をしてはいけません
当然介護者は介護を受ける方の負担を軽くする為にいるとは思いますが、先回りして手伝ったりする事は必ずしもその方にとって為にはならないという事を知って下さい。
みなさんは自分でできることに手助けされたら「自分でできるのに」と思いませんか?
排泄介助もそういう事です。
できないところを手伝うそれが大事なんです。

 

 

toilet_hinnyou

 

 

介護のトイレの種類

それでは、介護のトイレの種類について説明していきましょう。
介護用のトイレといって1番に思い当たるのは何でしょう?
・手すりのついたトイレ
・ポータブルトイレ
などなど
今回はポータブルトイレの種類について書かせてもらいます。
そもそもポータブルトイレとは何か?
という人もいるかもしれませんので、簡単に説明します。
ポータブルトイレとはトイレまで行かなくてもベッドの横などで排泄ができる介護用品です。
主にベッドからトイレまでの移動が不安、歩行が不安定な方に使用します。
材質は一般的にはプラスチック製のものから、居室に置いても違和感がないような木製型のものと形もさまざまです。

排泄物はトイレの中のバケツに落ちるので蓋をして処理室で洗ったりします。
自宅だとトイレに流すことになります。

ポータブルトイレにはいろんな種類があります。

標準型

本体と排泄物を受けるバケツ、バケツのふた、便座、外ぶたで一体になっているタイプで
もっとも一般的なタイプです。
派生商品として背もたれや、手すりがついているものもあります。
これらは比較的に立ち座りが容易にできる人に適応しています。
良い点は軽量で移動させやすく、掃除がしやすい
悪い点は軽量である為、安定に欠ける部分もあります。踵を引くスペースがなく立ち上がりにくい。

木製いす型

家具調と呼ばれている、ポータブルトイレです。踵を引くスペースもあり立ち座りの動作が難しくなってきている人でも使う事ができます。そのため、多くの人に適応するポータブルトイレです。
木製型なので当然ですが木を使っています。
良い点は見た目は居室に合っていますし、重量があり安定しています。
悪い点はプラスチック製に比べ掃除がしにくく、重量がある分重いので移動がさせにくいです。

金属製コモード型

これはポータブルトイレと立ち上がりがしやすい手すりが一体になって、手すり部分は四つ足になっていてトイレより広くスペースがとられているので
良い点は立ち上がりやすく、座面の高さを調節できます。また、軽量の為持ち運びがしやすい。
悪い点は見た目がトイレ!っといったタイプなので居室に合わないです。

他にも排泄物をボタン1つでラップに包んでくれる「ラップポン」
ベッドサイドに設置できる「水洗タイプのポータブルトイレ」もあります。

 

toilet_boy

 

介護のトイレのやり方、流れ

介護のトイレ(排泄介助)のやり方といっても人に合わせた形があるので、絶対にこれから紹介する方法が合うという訳ではありません。
なので参考にする程度でお願いします。
それでは、前の項目で紹介させてもらった「ポータブルトイレを使った介助」について説明したいと思います。

自分で使える場合

まず自分で使いやすいよう、手すり等の環境を整備することから始めましょう。
転倒の危険性がないよう部屋のラグやカーペットなどの小さな段差にも注意して環境の整備をしましょう。

脱衣の介助をすれば使える場合

ズボンを下ろしたりするのに介助が必要であったり、支えが必要な場合は介護者が支え
ズボンを下ろす介助をしましょう。トイレに座ってからはプライバシー保護の為に
ひざ掛けやバスタオル等を使用し、下肢を隠しましょう。
その場から出て、排泄が終わったら声をかけてもらうよう伝えて下さい。
排泄が終わったらズボンを上げる介助、または、体を支え自ら上げてもらうようにしましょう。終わった後の後処理をして臭い防止の洗浄液を入れましょう。
通常型などの軽量なポータブルトイレを使用する場合はトイレに座る際に移動しないように注意しましょう。

簡単な流れ

・まずその方に合わせた使用しやすい環境作りをする。
・そして介助をする際は出来ること、出来ないことを把握して「できない事だけ」手伝う
・プライバシー保護に努める

と理解していればその方に合わせた介助ができると思いますよ。

 

介護のトイレのポイント

介護のトイレを使用する際に注意しなければいけないポイントについて書いていきます。
前の項目でも書いてあることもあるので重なる部分もありますがそこはとても大事な事と理解してもらえれば幸いです。

トイレの臭い対策

ポータブルトイレなどは部屋に設置するものなのでどうしても、部屋ににおいが充満してしまいます。
病院などでポータブルトイレを置くようになって家族の面談が少なくなってしまったという悲しいケースもあるので
におい防止の消臭液や洗浄液、こまめに中身をすて、まめに清掃する

自尊心を傷つけない

いくら1人で排泄できなくても、だれでも人に(例え家族といえでも)下の世話をされるのは嫌な思いがするものです。
恥ずかしいのはもちろんの事、下の世話をしてもらうのは申し訳ない、情けないという
気持ちが大きいようです。
なので介助をする際はできるだけプライドを傷つけないように配慮する必要があります。
特に、声かけは気をつけましょう。
急かしたり、文句を言ったりしてはいけません。
介護者が何気なくかけた言葉に深く傷つく事もあります。
なので、介護者は介護を受ける方ができる事はしてもらい、できない事だけ手助けする
のが重要です。

環境作り

ここでの環境作りとは自分でトイレができるようにする為の環境作りです。
段差の解消など転倒防止や自力でできるようにトイレに手すりを付けたり、トイレアー
ムを付けたりといった事も重要です。
在宅の場合、介護のためのリフォームには介護保険が適応できる場合もあるので検討し
てみて下さい。
その際は本人立ち会いのもと、使いやすいように確認する事も重要です。

 

 

toilet_souji

 

 

まとめ

トイレが自分でできる事は介護を受ける方にとってかなりの自信に繋がります。
部屋に閉じこもりがちだった方がトイレが出来るようになり、部屋からでて、活動へ
参加するようになった実例もあります。

上手くトイレを使って介護を受ける方のQOL(生活の質)の向上で参考にして頂ければ幸いです。

qna