認知症の周辺症状って何だろう?認知症の周辺症状を大紹介!

cognitive-test-alzheimers-public-neurosciencenews

高齢者の方に起こりうる障がいとして、認知症をご存知の方は多いと思います。以前は痴呆、痴呆症と呼ばれていたものを、厚生労働省が2004年に「認知症」としたものです。

一般的に知られている症状として、物を忘れる、会話が噛み合わなくなることが知られているかと思いますが、今回はこの「認知症の周辺症状」について少し掘り下げてご紹介したいと思います。

 

認知症の周辺症状とは

では、認知症の周辺症状とはどのようなものがあるのでしょうか。
まず、認知症の症状は大きく分けて二つに分類されます。まず、「中枢症状」と呼ばれる症状と、その「中枢症状の周辺症状」です。しかし、最近になってこの周辺症状がBPSD
(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)と呼ばれるようになりました。この症状は、心理的や精神的な症状のことを指しています。

認知症の原因として、医療機関は脳が萎縮し変形することで症状が起きると考えられています。対して介護的には、これが正しいものではないと言われてもいるのです。まず、自身が老いてしまったことにより、環境や周りの人間関係そして心的状態が大きく変化していきます。これらが大きく影響し、認知症へと発症しそして脳への影響へと繋がっていくと考えられています。

つまり、原因は自身の心的状態にあるのです。その証拠に、脳の萎縮が見られても、認知症が100パーセント発症するわけではないのです。

中枢症状は脳の萎縮や変形が理由で起こる症状となるので、だいたいの症状は同じものになりますが、この周辺症状と呼ばれるものは、自身が最初から持っている性格や生活環境、考え方などが周辺症状の引き金になるので、ひとりひとり症状が異なることも特徴のひとつとしてあげられると思います。

 

 

roujin_ninchisyou_man

 

 

認知症の周辺症状のポイント

ここでは、周辺症状(BPSD)とはどのような状態のことを指すのかを紹介していきます。まず大まかに二つの症状に分けることができます。

周辺症状のポイント

①心理症状

不安からくる幻覚やうつ状態、せん妄などがあげられます。高齢になったことで、今までは普通にできていたことができなくなり不安感に蝕まれ、「自身は何もできなくなったのではないか」と思い込んでしまうのです。

その為、何かをしたい、何かをしようという気持ちや意欲がわかなくなってしまうのです。自分だけの世界に閉じこもり、他人とコミュニケーションをとることを避けようとします。悪化してしまうと、食事をとることもしなくなってしまうのです。また、他人が自身の悪口を言っている幻聴が聞こえたり、物を盗られたり暴力を受けたりする被害妄想に陥ることもあります。

②行動症状

この行動症状には、失禁や暴力、暴言、徘徊などがあげられます。施設に入所しているにもかかわらず自宅にいると思い込み深夜でも外へと出かけてしまったり、トイレではない場所をトイレだと思い込み用を足してしまったり、また介護を受けるということに拒否を示し介護者に暴力を振るったり暴言を吐いてしまうケースも見られます。

認知症の周辺症状と中枢症状

周辺症状については紹介させていただきましたが、では中枢症状と呼ばれるものにはどのようなものがあるのでしょうか。

中核症状

①記憶障害

よく知られている障がいの一つです。ものが覚えられなくなってしまったり、記憶したものを忘れてしまう障がいです。この記憶障害にも様々なタイプがあり、置いた物の位置を忘れてしまったり、今日の日付などを忘れてしまうタイプや、また反対に新しい記憶ではなく、自身の幼少期のことなど古い記憶を忘れてしまうタイプなどがあります。

②見当識障害

自分が今どこにいるのか、今いるこの場所がどういう場所なのかが認識できなくなってしまう症状です。この見当識障害が、徘徊や介護拒否につながることもあります。

③実行機能障害

自分自身がしたいと思って行動に移そうとしても、実際に行動の移すことが難しくなってしまいます。自分で計画、実行という流れが困難になってしまうのです。

④高次脳機能障害

失語、失行、失認などがあげられます。失語とは、自分が話そうとする言葉が、頭の中では整理できていても言葉として表現することが難しくなってしまう症状です。失行とは、こちらも失語と同じく頭では理解しているのですが、行動に移すことができなくなります。
そして最後の失認ですが、視力や聴覚に異常は見られないにもかかわらず、対象のものがなんなのかが認識できなくなってしまう障がいです。

これらの中枢障害と呼ばれるものがきっかけとなり、認知症の周辺症状へと繋がっていくのです。しかし上記でもあげたように、周辺症状は誰しもが必ず患うものではありません。高齢者の方の周囲の環境や介護を行う人によっても症状が大きく変化して行くのです。例として、施設入所により徘徊や不安行動を抑えることも出来ます。もし自分の家族が認知症になってしまったら、少しでも改善または症状が軽くて済むよう考える必要も出てくると思われます。

 

 

roujin_sagashimono_woman

 

 

認知症周辺症状 対策と予防

では、このような認知症の周辺症状に対する対策にはどんなものがあるのでしょうか?

予防のポイント

①食生活での予防

まず、周辺症状を起こす前に認知症を予防しなければなりません。では、どのような食事が認知症予防または病気になるのを防いでくれるのでしょうか?
まず、魚をとるとDHA(ドコサヘキサエン酸)の成分が脳の活性化に効果があると言われています。また、野菜にもビタミンなどが含まれているので脳の活性化に必要です。

つまり、洋食より和食の食事の方が効果があると思われます。また食事の内容だけでなく、ゆっくりとよく噛んで食事をとるだけでも予防には効果的だと言われております。

②高齢者の方への介護の仕方

もし認知症になってしまったとしても、できることはたくさんあります。まず、介護が必要になったとしても過剰な介護や介助は行わないようにしましょう。なぜなら、出来ることまで手伝ってしまうと「自分はできないのだ」と思ってしまう可能性があります。そうなってしまうと、どんどん認知症の症状が進んでしまうのです。また、なるべく高齢者の方の受けるストレスや不安が少なくて済むように、今まで過ごしてきた環境は大きく変えない方向で考えると良いと思います。

③レクリェーション活動

デイサービスや福祉社会で行われるレクリェーション活動にも、認知症予防
の効果が期待出来るものがたくさんあります。例えばトランプや脳トレと呼ばれるゲームをすると、頭を働かせる機会を得ることができます。また、季節の行事を楽しんだり、同じ入居者の方々と会話をするだけでも生活に張りを持たせることが出来るのです。特に一人暮らしの高齢者の方になると、外の出る機会を拒み引きこもりがちになってしまいます。そうなってしまうと、毎日が同じことの繰り返しになるので認知症になりやすくなってしまうのです。出来るだけ、外に出るという習慣を作ることも大切です。

 

 

junbi1_270

関連記事

「老人ホームのレクリエーション」を大解剖!

高齢者レクの決定版!高齢者レク特集

「介護レクリエーション」のあるあるを大紹介!

まとめ

認知症とは、とても難しいものだと思います。自分の家族が突然認知症になった時、多くの人は戸惑うはずです。なぜなら、症状によっては人格が別人になってしまう可能性があるからです。いざその時に直面した時に、家族にとってより良い選択ができるよう、またすぐに行動に移せるように認知症のことを学ぶことも必要だと思います。

家族の力や環境によって、症状が和らぐ可能性もあります。しかし、介護を一人で行うとなると、身体的にも精神的にも負担がかかってきます。介護サービスを上手に利用しながら、認知症に上手に付き合っていけると良いと思います。

qna