居宅介護支援サービスってどんなことするの?居宅介護支援サービス大紹介!

fees

要介護認定を受けてサービスを受ける場合に必要となるケアプラン。

居宅介護支援事業所のケアマネジャー(介護支援専門員)が、実際に介護を受ける方や家族と面談し、介護を受ける方、家族の生活をよりよくサポートできるようサービスを提供します。介護サービスの入口となるサービスです。

今回は居宅介護支援サービスをご紹介します

 

居宅介護支援サービスとは

対象者は65歳以上の要介護認定(1〜5)を受けた方
40歳〜64歳の第2号被保険者の方が要介護状態となった原因が特定疾病(16種類)による場合が対象となります。
どんなサービスかというと自宅や住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅で介護を受けている人が適切に介護保険サービスを利用できるように県知事の指定を受けた居宅介護支援事業所や施設にいるケアマネージャー(介護支援専門員)が支援するサービスです。

具体的な内容

介護に関する相談の受け付け

本人や家族の状況、生活環境、希望に沿った、ケアプラン(居宅サービス計画)の作成

ケアプランに基づき、サービスを提供する事業所や行政などとの連絡や調整

サービスを評価し、必要に応じて見直す(モニタリング)

という流れになっています。
ケアプランの作成やケアマネジメントサービスについての費用は全て介護保険が適用されるため自己負担なしで利用できます。
在宅で暮らされている方の殆どが初めて介護をする時にどのような施設でどのようなサービスを利用したら良いのか分からないと思います。

居宅介護支援サービスとは介護の専門家であるケアマネージャーが介護を受ける方、またはその家族がどのような希望を持っているか、介護に対して何を希望されているのかを踏まえてその希望(ニーズ)を叶えれるように介護を受ける事業所の調整、決定をするサービスと考えてもらえればいいと思います。

 

居宅介護支援サービスのポイント

居宅介護支援サービスとは介護を必要としている人ができるだけ自立した在宅生活が継続できるように支援することを目的としています。
もしこの記事を読んでくださっているあなたが実際に介護を初めてされる方だとして居宅介護支援事業所の担当ケアマネージャーが決まったら、そのケアマネージャーにまず、介護を受ける方がどのような希望を持たれているのか、家族であるあなたがどのような希望を持っているのかを伝えてくれればその要望に合わせてケアプランを作成してくれます。

例えば「トイレが1人でできるようになると目標を設定した場合に介護を受ける方の状況をふまえて目標達成に向けて、どのようなサービスが利用するかといったサービスの内容ののった「介護サービスの計画書(ケアプラン)」を作成してくれます。
ちなみにケアプランは家族や介護を受けている方本人も作成できますが、介護の専門知識がいるうえに無料で介護の専門家が対応してくれるので依頼される方が多いです。
実際にサービスを利用してから何か不便なことや困った事があった場合。

ケアマネージャーはケアプランの作成後も月に1回以上は利用者の元へきて、生活の状況や目標の達成度に応じてプランの見直しをするモニタリングをしないといけませんのでご自宅へ訪問に来た時にその旨を伝えて解決できるよう動いてもらってください。

 

居宅介護支援サービスの注意点

ここでは居宅介護支援サービスを利用するにあたっての注意点についてを考えていきたいと思います。
居宅介護支援サービスを提供するケアマネージャーの所属する居宅介護支援事業所は通常それ以外の老人ホームやデイサービスなどの業務も行なっているというケースが多く
ケアプランのサービスを自分の所属する居宅介護支援事業所のサービスを多く組み込んでいる事があります。
例えばリハビリを希望されている方なので、そのリハビリを行うなら、リハビリに力を入れている自分のとこのデイを利用してもらってリハビリをしてもらおうという考えならいいと思うんですが、単純に自分の事業所の業績を伸ばしたいという事なら、本来、利用者または家族と事業所のパイプ役を務め中立な立場でいなければならないケアマネージャーとして間違っています。
ですので、自分の所属している事業所以外のサービスについてもきちんと説明してくれるケアマネージャーさんなら信頼して任せて大丈夫だと思います。
介護サービスを利用している際にトラブルが発生した場合にその問題に対応してもらえるようなフットワークの軽いケアマネージャーの人もいいと思います。
実際にお願いしてみても関係が上手くいかなかったり、希望や要望をしっかりと聞いてくれなかったり、自社のサービスばかりをすすめて中立性が疑わしい時などは、いつでもケアマネージャーの変更が可能です。

ケアマネージャーの変更の方法は3つあります。

ケアマネ変更方法

・ケアマネージャー本人か、居宅介護支援事業所に変更を申し出る
・別の居宅介護支援事業所にケアマネージャー変更の相談をする
・地域包括支援センター、市町村窓口にケアマネージャー変更の相談をする
ケアマネージャーを変更しても現在利用している訪問介護などの介護事業者を変更する事なく利用できます。

 

居宅介護支援サービスの流れと内容

ここでは、居宅介護支援サービスについてのおさらいをしたいと思います。

まず対象となる方は要介護度1以上の認定を受けられている方

費用については介護保険で全てまかなわれるので自己負担はありません。

利用する手順

居宅介護支援を受けるには要介護認定を受けないといけないので
お住いの市区町村役所か役場で申請書を受け取り、必要事項を記入の上、同じ役所か役場の介護保険課もしくは地域包括支援センターに提出します。

要介護認定を受け、介護保険証をうけとったら市区町村窓口か地域包括支援センター、かかりつけの病院の地域連携室に住んでいる地域の居宅介護支援事業所を教えてもらってください。
お住いのの地域によっては居宅介護支援事業所が複数ある場合もあります。
その場合、対応の仕方や雰囲気などから選ぶようにしたら良いと思います。

問い合わせした居宅介護支援事業所のスタッフによる説明を受けたら、ケアマネージャーを選定し、居宅介護支援サービスの利用を開始します。(ここで選んだケアマネージャーも変更は可能です)
被介護者にあったケアを提供できるケアプラン、自社の事業所のみでなく、被介護者にとっていいサービスを提供できる事業所を選んでサービスに組み込んでくれるそんなケアマネージャーを探して下さい。

ケアプランをたてる前に被介護者の状況を情報収集(アセスメント)しなければいけません。
被介護者が何に困り、どのようなサービスを希望されているのか、希望する目標について確認します。

希望するケアを提供できる事業所職員、家族、本人、ケアマネージャー、サービスに関わる人間が一堂に会し、サービス開始にあたり必要な情報を聞かれるので、しっかりと答えてどんな小さな要望でも伝える事で叶えてもらえるよう努力してもらいましょう。

サービスの内容が決まり、ケアプランを作成、本人や家族が内容の最終確認を行い、承諾すると正式なケアプランが作成されます。

サービス開始後、月に1回以上訪問しサービス提供に不備がないか?
利用者や家族の状態に変化はないかなどの確認をし、サービスの評価、モニタリングを
行う。

居宅介護支援(ケアマネジメント)の流れは以上となります。

 

まとめ

できることなら、施設などに入居するより、自分の住んでいる家で過ごしたいと思いますね。
その第1歩が居宅介護支援(ケアマネジメント)です。

サービスを上手く使い、ケアマネージャーと良い関係を作って相談できたら
在宅生活の不安も少しは解消されるのではないでしょうか

qna