介護の開業はフランチャイズが主流になる!?

slider1

今、フランチャイズという言葉がネットニュースやテレビで話題となっています。
その流れが介護業界にも流れてきており、今後主流になるかもしれません。うまく事業を拡大できれば、コンビニのチェーン店のようにいろんな施設を経営…なんてこともあるかもしれません。
今回は「フランチャイズの介護事業」を徹底解剖していきましょう。

 

介護のフランチャイズとは

そもそもフランチャイズとは事業者が他の事業者との間に契約を結ぶことで、商法やサービスマークその他の経営のノウハウやビジネスモデルを教えることで同じイメージで事業を行う権利を与える戦略です。

介護ビジネスのメリットは、少ない資金からの立ち上げが可能で、訪問介護サービスなどによっては事務所がなくても自宅で開業が可能です。

では介護のフランチャイズのポイントをまとめてみましょう。

 

170210154042_0

 

介護のフランチャイズのポイント

訪問、デイサービス、施設など同じ介護サービスだけでもたくさんあります。
そのなかで現在は訪問介護型からリハビリ特化型が増加してきております。業務としても、機能訓練に特化した内容になっています。その分良い点としては、食事や入浴などのサービスが含まれないので、スタッフの負担は軽く運営はしやすいといえます。
その分提供するサービスが似通ったものになる可能性が高くなるといえますのでそれだけライバルが増えてくる可能性も高くなりますので競争率も高くなるといえます。

また、必要予算はどのくらいを想定していますか?
開業資金は、フランチャイズ本部の方針や業態によって違います。
どうしても初年度は何かと出費が多いです。
そして、介護業界で気を付けなければいけないのが介護保険です。国からの支払い数か月先になりますので無理のない資金計画をしなくてはいけません。

サービス 予算まで定まりいよいよ開業…と言いたいわけですが、ここでサポートもきちんとしているかも確認しなくてはいけません。
開業後のサポートもですが介護業界でやっていくには、いろいろと厳しい査定をクリアしなくてはいけません。このことからも開業前もサポートが充実しているかどうか確認を怠ってはいけません。

ではここで介護のフランチャイズの注意点をまとめてみましょう。

 

介護のフランチャイズの注意点

事業をするうえでのリスクを考える

事業を立ち上げるうえでリスクというのは必ずあります。リスクを背負うからこそ、事業が成り立つのです。
実際に事業が安定するまでは時間がかかります。また経済環境によって業績が左右されるなんてこともあります。

フランチャイズ本部の運営方針を確認する

また加盟した後で訪問介護事業を運営していたにも関わらず、方向転換をしようとリハビリの事業を展開しようとしたらフランチャイズ本部の方針になければあきらめるか、契約を解除せざるを得ないといったことにもなりかねません。

他にもフランチャイズビジネスでは様々なトラブルが起きているという現状があります。
例えば…
近隣への出店トラブル
金銭面のトラブル
中途解約のトラブル
などがあげられます。

① 近隣出店のトラブル

加盟後に近隣に新しく加盟店が出店することになり、ライバル企業みたくなってしまった。

② 金銭面のトラブル

加盟契約締結前に加盟金の支払いを行ったが、実際は締結しないことによりお金の返還を求めるトラブルがあげられます。

③ 中途解約のトラブル

加盟した後できちんとしたサポートが受けられず、解約をしようとしたら解約違約金を請求されてしまった。

これはほんの一部でほかにもさまざまなトラブルがあります。

トラブルには巻き込まれたくはありませんが、起こりうる可能性があると腹はくくっておいたほうが良いかもしれません。

 

介護のフランチャイズ 本部紹介

では実際に事業を行っているフランチャイズ本部をいくつかご紹介していきます。

① さくら介護グループ

訪問介護
通所介護
27年の実績とノウハウ
レセプトの代行
ファクタリング支援
サポートが充実しており、損得の低さは業界随一
1983年より事業を展開しているため、実績は長年の経験の賜物といえます。

スクリーンショット 2017-06-10 9.46.00

 

② リハプライド

通所介護
リハビリに特化した通所介護です。
普通の介護とは違い、さらに専門性が求められ、今後さらに拡大する事業と考えられています。
また社会貢献を目標に、社員にも貢献できる事業を目指しております。

 

rehapride_logo

 

③ 茶話本舗

通所介護
拠点数が最も多く、ノウハウはかなり豊富といえます。
メディアでも多く取り上げられているので、知名度が上昇しています
デイサービス事業所数業界No.1ということもあり、数々のノウハウを持っているでしょう。

 

o035701441353049298337

 

④ やさしい手

訪問介護
豊富な経験と高いスキルを持つ担当のスタッフがついてくれますので、安心して開業ができます。
業務ごとの課題も、きめ細やかに対応してくれますので、円滑に運営ができます。

以上がフランチャイズ本部の紹介でした。サービス内容から、時代の流れに従ってできたフランチャイズ本部もありますので自分に合った企業を探すと良いでしょう。

 

スクリーンショット 2017-06-10 9.51.11

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。フランチャイズに加盟するといっても事業主であることには変わりません。つまり施設の顔になるのです。

そこにいる利用者、そして職員を守っていかなくてはいけないので、責任は重大といえます。ですが、昔に比べて介護業界の開業をしやすくはなっていると思いますので、興味がある方は話を聞いてみてはいかがでしょう。

qna