民間の介護保険利用が広がっている!?

final-expense-insurance

皆様は介護保険制度というものをご存知でしょうか。増え続ける高齢化率に対応すべく、平成12年4月から施行され始めた制度です。

この公的介護保険は40歳から加入することになるのでご存知の方も多いと思いますが、では民間の介護保険とはどのようなものなのでしょうか。

ここでは、この民間の介護保険についてご紹介したいと思います。

 

民間の介護保険とは

公的介護保険とは、40歳から自動的に加入することになる制度です。
第一号被保険者(65歳以上)と第二号被保険者(40歳から65歳未満)の2種類に分類され、その方の状況の応じて様々な介護サービスを受けることができます。

また、介護保険料を支払うことは義務となっています。

対して民間の介護保険ですが、公的の介護保険と違って加入することは義務ではありません。本人の意思での加入となる、任意保険となります。保険会社が提供する保険になるので、保険会社によっては40歳未満、例えば20代からの加入が可能になります。若い頃からの加入になると、毎月に支払う保険料が比較的安価で済むというメリットもあるので、もし加入を考えているのであれば早めの方が良いでしょう。

また、大きな違いのひとつに、保障として現物給付の公的保険に対し民間保険は現金給付があります。介護の必要になった将来を見据えた時に、金銭的に余裕のある貯蓄ができている方は特に必要はないと思われます。

しかし、将来手助けをしてくれる家族がいない、また金銭的に余裕がなく公的の保険だけでは心配な方は、加入を検討してみると良いと思います。

 

computer_ol

 

民間の介護保険 役割

先程も紹介したように、民間の介護保険は現金給付があります。介護が必要になった時に、介護度によっては多くの費用がかかる場合もあります。その金銭的な保障をしてくれるのが、この民間の介護保険です。民間の介護保険のメリットとして、公的介護保険で足りない部分を補うことができるという点があるので、公的な介護保険だけだは将来が不安だという方も、自身のライフプランに合わせて上手に活用が出来ます。

また、保険会社によって様々なニーズに対応できるプランが用意されているので、自分の目的に会った保険を選択することが出来たり、比較的若い年齢から将来の介護の為に備えることが可能になるのも、民間の介護保険ならではだと思います。ただし、保障内容を良いものにすればするほど、保険の支払い金額は高額になっていくかと思います。

これから支払っていく保険料に無理がないかどうかや、将来本当に公的介護保険だけではカバーできないのかどうかも確認する必要があると思います。きちんと理解した上で上手に利用して下さい。

 

民間の介護保険の選ぶポイント

この民間の介護保険は、保険会社によって様々なタイプが用意されています。
その為、もし加入を受けることを考えているのであれば、自身の状態やニーズに合ったタイプのものを選ぶ必要があります。では、この保険にはどのような種類があるのでしょうか。
まず、給付金の受け取り方ですが大きく分けて2種類のタイプがあります。

 

選ぶポイント

①介護年金給付タイプ

こちらのタイプは、要介護状態になった時に一定の給付金が受けることのできるタイプです。

②介護一時的給付タイプ

こちらは年金タイプとは異なり、介護の必要になった時に一時的に給付金を受け取ることのできるタイプです。
将来のことを考えて、自身で選択する必要があります。保険の期間も種類があり、一定期間適応になる場合と生涯ずっとかけられる終身タイプの2種類です。

この2種類のタイプはそれぞれ特徴があり、期間が決められているタイプは早くに加入しておけばその分保険料は安く済みますが、掛け捨てとなるタイプです。

定めた期間が終了してしまえば保障はなくなってしまいます。逆に終身タイプは保険料は高くなってきますが、その分その分保障は生涯続く形となります。こちらも、自身の今後や家族と相談しながら最適だと思うものを選択する必要があると思います。

 

 

20160215154853-00866

 

 

民間の介護保険 保険会社の紹介

では、実際に介護保険を提供している保険会社をいくつかご紹介したいと思います。

民間の保険会社

①アフラック

がん保険で有名なアフラックですが、将来の介護が心配の方向けにスーパー介護年金プランというものが用意されています。
自分のライフプランに合わせて、自身の生活に備えたプランや介護者の負担を減らせるようなプランを選択することができます。

②第一生命

こちらは契約対象年齢が40歳から75歳となりますが、介護保障が一生続くクレストWayというものがあります。(解約返還金なし)要介護2以上の状態になった時には、介護年金が一生涯受け取りが可能になります。(第一生命の独自基準を満たす必要があります)

③三井住友海上あいおい生命

金利変動に対応する、積立利率変動型終身保険があります。こちらは解約時にいくらか返金されるので、貯蓄にも利用できます。死亡・高度障害の保障は一生涯となりますが、こちらに終身介護特約を付加することで介護保障もプラスすることができます。

④ソニー生命

終身介護保障保険などがあります。死亡保障と解約返戻金は抑えられていますが、その分料金が安く済みます。介護保障としてこちらも要介護度2以上が認められた時に、一時金または介護年金が受け取り可能になります。

これらは数ある保険会社のひとつに過ぎません。今はインターネットで検索をすれば、保険会社に出向いたり資料を取り寄せなくてもおおまかの保障内容や金額はわかるかと思いますので、自身が何を優先すべきかを考えながら選ぶ必要があります。

また、それぞれの保険にいくつか特約を付加できる場合もあるので、気になる方はそれぞれの担当者の方に相談や質問をしてください。

 

money_fly_yen

民間の介護保険とは 注意事項

では実際に民間の介護保険を利用しようとした時に、どのような注意点があるのでしょうか?まず、民間の介護保険は、公的介護保険のように条件が全てはっきりしているわけではありません。保険会社によって大きな違いがあるので、将来必要になった時に困ることのないように、保険の適応が可能になる条件はしっかりと説明を受けておかなければいけません。

多くの保険会社が、日常生活動作に介護が必要となる要介護2以上からが目安かと思いますが、保険会社によってはプラス自社基準を設けているものもあります。資料などに細かく記載があるかと思いますので、しっかりとした確認が必要です。

もし保険加入を考えるのであれば、申し込みの際にこの条件項目や契約内容をきちんと把握した後に契約を行ってください。

聞きなれない単語やわからない項目などが出てくると思いますので、担当の方に相談することをくれぐれも怠らないで下さい。途中で支払うのが厳しくなり解約した場合、今まで支払ってきたお金が返金されないこともあるのです。将来が不安だから、心配だからという気持ちだけで先走るのではなく、様々な状況を想定しながら決めると良いと思います。

保障についても、終身タイプは期間が一生涯の保障になりますが、定期の場合は契約の期限が来た後はまた更新をするか、保障がなくなってしまいますので注意が必要になります。

これを機会に、もし民間の介護保険に加入されるのであれば、要介護状態のことやその他の介護・医療・福祉サービスについて知識を得ておくと、いざという時にスムーズに給付が受けられるのではないでしょうか。

 

まとめ

今日本は高齢化社会だと言われています。現在もそれを見越した様々な福祉政策が考えられていますが、将来のことについては自身にも不透明なので対策がしにくいと思われます。実際保障がなくなって困っても、その状態になってしまってからでは遅くなってしまいます。

また、民間の介護保険とともに、公的介護保険のことについても、サービス内容や受けられるサービスを知らない方も多いようです。

今後の為に、私たちも積極的に学んでいく必要があると思います。

qna