デイサービスの送迎を実情を知りたい!

341250460_962495956b_b

超高齢化社会に入って、一人暮らしのお年寄りや家族が仕事をしている高齢者が増えてきましたので、デイサービスの必要性がますます大きくなっています。平成27年の介護報酬改定により、デイサービスの送迎に関してかなりの改定がなされました。

デイサービスの職員はデイサービスの送迎の時、どのように介助をしたらいいのか、デイサービスの職員がどこまで利用者の介助をしたらいいのかをまとめています。

 

デイ サービスの送迎とは

デイサービスとは利用者である高齢者が日帰りで通って食事、入浴、生活機能訓練などのサービスを受けられる施設のことです。デイサービスの業務の一環として送迎業務があります。デイサービスの送迎とは、デイサービスに通っている利用者のために朝は自宅からデイサービスの施設まで、帰りはデイサービスから自宅まで送りとどけるサービスです。

利用者は公共機関を使わなくても安心してデイサービスに行くことが出来ます。家族も1日職員に任せればいいので、日ごろの介護の疲れをとることができますし、仕事や家事に専念できます。

送迎ドライバーは資格がなくてもできますが、利用者の介助が出来ません。ほとんどのデイサービスは、送迎の介助を介護の資格をもった人が務めています。資格がないドライバーの場合、一人解除する職員が付き添います。

送迎サービスに使う車は、車椅子に乗ったまま乗降できるとかステップが足元まで下がるようになっていて脚が上がりにくい利用者でも安心して乗降できるようになっています。

平成27年の介護報酬の改定で、デイサービスの送迎の時に、30分以内なら居宅内で着替えやベッド・車いすでの移乗、戸締りを行うことが出来るようになりました。それができる職員は

介護福祉士、実務者研修修了者、旧介護職員基礎研修過程修了者、旧1級ホームヘルパー研修過程修了者、介護職員初任者研修修了者(ヘルパー2級を含む)、看護職員、機能訓練指導員、同法人内にて利用者に直接サービスを提供する職員

で、勤続年数が3年以上のものです。

これは、ケアマネージャーや利用者にとってはデイサービスの回数を増やしたり、利用者負担の軽減につながったりする場合があるのでありがたい改定です。

一方でデイサービスの施設側としては、30分でできる利用者とできない利用者がいるので職員の負担が増え送迎時間が伸びる可能性があり、また訪問介護事業所にとってもデイサービスの送り迎えの仕事がなくなる可能性がありましたが、認知症の利用者や身体介護が必要な利用者は食事介助や着替え、排せつなどのサービスとともに訪問介護が入っていることが多いです。

 

zatsudan_obaasan

 

デイ サービスの送迎種類

介護保険が始まった当初は送迎加算をとっていて、デイの送迎に関して利用料が発生していました。そのため、営業ナンバーの車両で送迎をしていました。それは、利用者から何らかの金銭を授受して行う介護のための輸送は、すべて有償の輸送行為になるので、道路運送法に基づく許可をとらなくてはなりませんでした。それで、許可をとった車両でないと送迎できませんでした。

しかし、送迎加算がなくなりデイサービスの提供時間は事業所にいる時間ということになりました。そのため送迎に関しては利用料が発生しないことになり、許可をとった車でなくてもよくなりました。今は、職員が兼務してデイサービスの送迎を白ナンバーの車で行っています。

逆に営業ナンバーの緑ナンバーの人にデイサービスの送迎を頼みたいという意見があるのですが、緑ナンバーはあくまでも旅客輸送用の車両であり、旅客運送では無料の送迎は禁止されているので送迎できません。

しかし、デイサービスの送迎にマイクロバスなど大き目の車両を使う場合は、輸送会社など外注をする場合があります。その場合、2種免許は必要ありません。

マイクロバスでの送迎

10人くらいのマイクロバスが多く、運転手と介護職員2人と7人くらいの利用者の送迎を行います。ほとんどのデイサービスで運転は職員がしています。それぞれのルートを回り、利用者を迎えに行きます。リフト付き車両もあり、車いすの人の送迎もできます。その時は乗れる人数は減ります。

ワゴン車での送迎

ワゴン車だと二人か一人の介護職員が運転と介助の両方をしています。ワゴン車だと5,6人の利用者を載せることができます。車いすが載せられるリフト付き車両もあり、利用者の状態に応じてデイサービスの送迎が出来ます。

軽ワゴン車での送迎

軽ワゴン車は、4人乗りで一人の介護職員が送迎にあたることが多いです。少人数なので、ピストン送迎が出来ます。リフト付き車両もあります。

 

kaigo_sougei

 

デイ サービスの送迎の注意点

デイサービスの送迎の時の注意点は単に送迎中の車の事故に注意するだけではありません。利用者の転倒事故が起きることや利用者同士のいさかいが起きる、利用者の体調の変化があるなど、なにが起きるかわかりません。

起きるタイミングは乗降前後と乗降中、居宅内でのサービス中です。送迎での事故を防ぐために次のような点を注意しましょう。

乗降前後の注意点

利用者の転倒事故やケガなどを予防するために、まず利用者の移動する場所の障害物を取り除き、すぐに支えられる態勢で解除することが必要になってきます。

例えば、利用者が居宅から車に乗降する前に歩く場所や車いすで移動する場所に何か障害となる石や物がないか確かめます。高齢者は少しの段差や物など思わぬところで転倒します。

移動時は十分に注意する必要があります。手すりは最初に、ケアマネージャーが利用者や家族と話し合い、必要なら設置していますが、設置していない家では腕を支える、手引き歩行などの転倒時に支えられる態勢で介助しましょう。

車内での注意点

車内では一人の場合もあるのですが、複数の利用者が乗っていることが多いです。時には利用者同士がけんかになるときがあります。

デイサービスが生きがいで楽しみにしている利用者にとって、ともに車に乗る他の利用者とけんかになると、デイサービスを利用することが嫌になるかもしれません。慣れていない人にとってはどう対応したらいいかわからなくなります。

人とけんかしやすい利用者同士の席を話して座ってもらったり、同行している介助者の隣に座ってもらったりするなど席を決めることにも注意がいります。

もし、車内で利用者同士のトラブルで相手にけがを負わせた場合はデイサービス側の責任となってしまいます。事前にモニタリングした情報を把握しておくと避けられることがあります。

また、利用者の体調が悪くなる時もあります。そんな時は責任者に支持を仰ぎ、デイサービスについてから病院に連れていくか、家族がいるなら家族に連絡を取って家に戻るかを決定します。また、ケアマネージャーとの連携も必要です。車酔いの場合、少し車を止めていると収まる場合もあります。

kaigo_rehabilitation

 

デイ サービスの送迎が使える条件

要支援1と2の利用者

従来の介護予防訪問介護の利用者は2017年4月から日常生活・総合支援事業へと移管されることになり、通所型サービスとして市町村独自の料金体系となっています。従来の介護予防通所介護は利用できません。2017年3月31日までにみなし指定を受けたデイサービス事業所については通所型サービスを受け入れることが出来ます。

通所型サービスには、現行の介護予防通所介護に相当するサービス、緩和した基準によるサービス(通所型サービスA)、住民組織等による介護予防教室があり、現行の介護予防通所介護に相当するサービスと通所型サービスAの二つのサービスはデイサービスの送迎を使うことが出来ます。

要介護の利用者

デイサービスでは要介護1~5の人に通所介護サービスを行っています。

通所型介護サービスの料金は次のようになっています。

(1割負担の場合の料金で、2割負担はその倍の額です。自己負担額は料金の1割です)

要介護1         要介護2       要介護3       要介護4        要介護5

3時間~5時間未満

4,260円/回  4,880円/回   5,520円/回   6,140円/回   6,780円/回

5時間~7時間未満

6,410円/回    7,570円/回   8,740円/回    9,900円/回  11,070円/回

7時間~9時間未満

7,350円/回  8,680円/回  10,060円/回  11,440円/回  12,810円/回

※食事代、おむつは別途必要です。

※認知症対応型通所介護の場合は、費用が異なります。

特別加算
入浴・・・500円/回
口腔ケア・1,500円/回
栄養改善・1,500円/回
若年性認知症ケア・・600円/回

 

car_mogura_36

 

まとめ

送迎はデイサービスの大切な業務の1つです。

利用者と信頼関係を深めるいい機会ですが、その反面、交通事故や利用者の転倒事故など注意しないといけないことがたくさんあります。デイの送迎時に居室内で着替えやベッド移乗まで求められる場合もあります。

高齢者が増加の一途をたどっているので、デイサービスの必要性はますます高まるでしょう。

関連記事

「介護タクシー」はこれからどんどん必要になる!?介護タクシーの大解剖!

qna