自宅で利用できる介護サービスって何があるの?

houmonkaigo

自宅で利用できる介護サービスは保険内は「訪問介護」と呼ばれています。

自宅で利用できることでサービスは広がっていますがどんなサービスがあるかはよくワカらな場合があります。

そこで訪問介護で利用できるサービスをご紹介します。

訪問介護(ホームヘルプ)

訪問介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、訪問介護員(ホー

ムヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護(身体介護)や、掃除・洗濯・買

い物・調理などの生活の支援(生活援助)をします。

 

通院などを目的とした乗車・移送・降車の介助サービスを提供する事業所もあります。

 

基本の身の回りのお世話をすることが訪問介護の一般的なサービスですね。

 

利用料金は

<要支援1~2>

サービス費用の設定 利用者負担(1割)
(1月につき)
週1回程度の利用 1,168円
週2回程度の利用 2,335円
要支援2 週2回を超える程度の利用 3,704円

217009478229

 

<要支援1~5>

サービス費用の設定 利用者負担(1割)
(1回につき)
身体介護 20分未満 165円
20分以上30分未満 245円
30分以上1時間未満 388円
1時間以上1時間半未満 564円
生活援助 20分以上45分未満 183円
45分以上 225円
通院時の乗車・降車等介助 97円

現在は1割負担なのこの金額ですが毎年変わる保険料はチェックが必要です。

 

訪問看護

訪問看護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の心身機能

の維持回復などを目的として、看護師などが疾患のある利用者の自宅を訪問し、主治医の指示に基づい

て療養上の世話や診療の補助を行います。

訪問看護では、病状に応じて、以下のサービス等を受けることが可能です

  • 血圧、脈拍、体温などの測定、病状のチェックなど
  • 排泄、入浴の介助、清拭、洗髪など
  • 在宅酸素、カテーテルやドレーンチューブの管理、褥瘡の処理、リハビリテーションなど
  • 在宅での看取り
看護は看護士がする必要でのでその辺のチェックも必要です。
利用料金は担当事業所によって違います。
<訪問看護ステーション>
サービス費用の設定 利用者負担(1割)
(1回につき)
20分未満※ 310円
30分未満 463円
30分以上1時間未満 814円
1時間以上1時間30分未満 1,117円
理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士による訪問の場合(20分以上) 302円
<病院、診療所>
サービス費用の設定 利用者負担(1割)
(1回につき)
20分未満※ 262円
30分未満 392円
30分以上1時間未満 567円
1時間以上1時間30分未満 835円

 

 

<定期巡回・随時対応型訪問介護看護と連携>

サービス費用の設定 利用者負担(1割)
(1月につき)
訪問看護費 2,935円

症状に応じて利用シーンも変わりますので症状の詳細なチェックが必要ですね。

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

 

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションは、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが利用者の自宅を訪問し、

心身機能の維持回復や日常生活の自立に向けたリハビリテーションを行います。

利用料金は

 

<要介護1~5>
サービス費用の設定 利用者負担(1割)
(1回につき)
20分以上実施した場合 302円

になりますので状態に関係なく時間単位で気にする必要があります。

 

まとめ

介護保険の訪問介護はケアマネージャーがプランを作成しますので利用シーン、料金もケアマネージャーに相談すると良いでしょう。

安心のある介護を受けるためには信頼のあるケアマネージャーと連携する必要がありそうです。

 

qna