ケアマネージャーの仕事内容を知りたい!

learning-and-development-37

これから介護保険を利用して介護サービスや福祉用具の手配などを予定されてる方へ介護保険の利用に関しては「ケアマネージャーなくして」介護サービスは受けれません。

これからケアマネージャーの、役割や仕事について更にこれからの介護保険のあり方などもお伝えしますので、これからケアマネージャーを選ばれる方はぜひ参考にしてください 。

 

ケアマネージャーの仕事内容 概要 役割

1.ケアマネージャーの概要

平成12年より施行されてきた介護保険法の基本理念でもある「利用者本位」を実現させるための方法として介護支援サービス(ケアマネジメント)が制度化されました、

制度化と共に利用者に代わって実際のケアマネジメントを担う立場としてケアマネージャーが制度上位置づけられるようになりました。

ケアマネージャーは介護支援を必要としている利用者の情報分析、収集してケアプランを作成して、要介護者が適切なサービスを受けるれるように支援するのが主な業務です。

更にケアマネージャーは要介護者が将来的に自立して、通常の生活をできるように必要な介護に関しての援助を行うようにする立場にあります。そのためには専門の知識や技術を証としての「介護支援専門員」の資格を持つことが条件とされています

 

2.ケアマネージャーの役割

介護保険法においてケアマネージャーの役割は要介護者が日々の生活を快適におくれるように相談や、要介護者の状態の変化に応じたサービスの手配、市区町村への手続きなどを行うようにとされています。
ケアマネージャーの最も重要な役割が、要介護者が「利用者本位の介護サービス」が適正で効果的なサービスを受けられるように調整するなど、介護支援に関して全ての責任を担う立場にある事です。
要介護者にとってケアマネージャーは介護に関して全てを託して安心した生活を過ごせるように、調整してもらう信頼できる位置付けでもあります。

 

3.ケアマネージャーの仕事

ケアマネージャーの主な仕事は要介護者の介護支援サービスのサポートが主な仕事ですが、他の仕事について 次のようなものが挙げられます。
◆要介護者に応じた介護サービスやデイサービス等の施設の紹介。
◆ケアプランの作成とそれにみあったサービスの調整。
◆サービス給付費の計算や請求等
◆ 要介護認定の書類代行
◆ お年寄りや家族からの介護相談
ケアマネージャーの主な仕事を挙げてみましたが、これ以外にも介護サービス事業所等との連携、新規利用者の獲得等のあらゆる仕事があります。
ケアマネージャーの仕事はいずれも重要ですが、その中でも利用者にとって重要と思われる仕事について少し詳しく説明させていただきます。

介護相談

ケアマネージャーの仕事はお年寄りやその家族からの相談から始まります。その相談された内容に基づき、より良い介護サービスを受けられるように手助けを行います。

既に利用者が介護サービスを使っている場合は担当の医師や事業所から情報を入手します。この時点での情報収集が利用者がより快適なサービスを受ける為の基礎になってきます。

認定書類代行

新たに介護サービスを利用したい
病気をして今まで以上に介護の必要性が出てきた
このような事態になり介護認定の必要性が出た場合、認定を受ける為の書類を作成するにはかなりの専門知識を必要とします。
ケアマネージャーは利用者本人に代わり認定のための書類を作り、市区町村へ提出する代行を行い、介護認定調査員の面接まで調整して介護認定の取得まで行います。
介護認定が決定したら要支援1から要介護5までの認定が決まり、それにあったサービスを受けることができます。

ケアプラン

ケアプランは一言で言えば介護サービスの「説明書とスケジュール表」のようなものでケアマネージャーの作るケアプランなしには介護サービスを受けることはできません。
利用者の毎日のからだの変化や症状に会わせたケアプランの作成はケアマネージャーの業務の中で中心的な仕事とも言えます。
ケアマネージャーが作成したケアプランは、利用者本人や家族に原案として提出され同意が得られればサインをもらいサービスを実行します。
ケアプランに基づくサービス行う事業所の選定については利用者の意向を尊重して事業所を選定します。

 

57434

 

 

ケアマネージャー仕事内容 流れ

1日の仕事の流れ

ケアマネージャーの1日の仕事の流れは、施設ケアマネージャーか居宅ケアマネージャーかで大きく異なります。施設に従事するケアマネージャーは利用者本人がそこにいるので、出勤したら前日からの体調を確認し、1日の計画を立てられます。
居宅介護支援事業所のケアマネージャーは出勤すると、担当する利用者の生活リズムのデータ等をまとめ業務日誌の作成から1日が始まります。その後利用者対応の時間調整を行い
決めておいた訪問日に合わせて利用者のご自宅や施設まで伺いモニタリング等を行います担当する利用者の状況の違いにより1日の流れは様々です。
モニタリングの目的は利用者の状態の変化やサービスがあっているかを確認するほか、翌月の予定を確認したり、雑談を通じてコミュニケーションを取るようにして信頼や安心感を得るようにしています。

業務の空いた時間に一日のスケジュールを組んだり、新規介護相談者への対応や、利用者が利用している施設や事業所への連携を行う事が主です、

1ヶ月の仕事の流れ

月初めの1週目に役所から連絡等が届くので連絡が必要な利用者へ連絡や書類を届けるなどを行い。役所との連携係になります。
上旬頃には事業所から前月の末にサービス利用実績が送られてくるので、ケアマネはその実績を確認して、給付管理票を作成します。当月10日までに給付管理業務を完了させます。中旬頃には翌月のサービス提供票を作成し、各事業所に配布します

 

20160215154857-01062

関連記事

介護支援専門員(ケアマネージャー)ってどんな職業?

 

ケアマネージャー仕事内容と地域包括ケアシステム

地域包括システムという言葉を聞いて、他人ごとのように思われている高齢者も含めミドルエイジの方へ警告です。この問題は近い将来のあなたの問題でもあります。決して他人事ではありませんよ!!
日本人は医療の発達や新薬などの開発により平均寿命が伸びてきています。いつまでも長生きすることは喜ばしいことですが、そうも言ってられない状況があります。
それは少子化による過去に経験のない、超高齢化社会です。政府の統計では2050年に若者1人に高齢者1人を支える高齢者社会の国になると予測しています。
このような事態に伴ってさらに深刻な問題として、介護の問題があります。現在でも人材不足により正常な介護ができていない状態の中、今後ますます増えてくるであろう高齢者のための介護施設も含め介護の体制ができていないのが現状です。
この介護、医療の現状の問題点を近い将来直面するであろう超高齢化社会に引きずらない対策の一環が厚生労働省が推進する地域包括ケアシステムです。

地域包括ケアシステムのポイント

これまでの高齢者福祉事業については国レベルで行っていて、なにかとハードルが高い部分がありました。今後この地域包括ケアシステムが確立することによって、
各地方自治が主体となり地域密着型の「住まい」「介護」「医療」「生活支援」のサポート体制ができ高齢者も住み慣れた地域でいろいろなサービスを受けることができます。
高齢者が住み慣れた地域で介護や医療、生活支援をサポートしてもらうことにより、地域の行政と密接になり地域包括ケアシステムの基本でもある「自主的に地域づくりをしていく」ことができるような環境になってきます
地方の自治体はその地域にみあった地域包括ケアシステムを作ることができ、それを更に高度なシステムにレベルアップさせるため定期的に見直もできます。
その地域における高齢化社会に対応できる「地域包括ケアシステム」を完全なものになるまで見直しを続け 2025年までに完全な地域包括ケアシステムを確立するように計画されています。

在宅ケアへの依存

地域包括ケアシステムのもう一つの注目点が 「施設から在宅へ」ですこの考え方のもとに重度要介護者などの多くは施設での生活よりなるべく長く住み慣れた地域で生活したいという要望が多く、
そのために施設から在宅へという考え方が検討されました。また2009年から2013年かけての、データで特別養護老人ホームの入所申込者が42万人から52万人と増加しているように、

今後も介護ケアを必要とする要介護者が増加して入所できる施設の数、人材も含め対応が困難な事態へと発展していきます。この状態に対応が期待されているのが在宅です。
現在高齢者の在宅での生活を支援するために通所・訪問・宿泊サービスを行う小規模多機能型と訪問介護の一体が運営できる複合型サービスやデイサービス等のサービス内容の整備の充実化が進められています。

また医療現場においても地域包括病棟の新設、在宅復帰に向けた医療ケアやリハビリなどを中心に在宅復帰支援に力を入れ始めています

以上のようにこれからの日本はますます高齢化社会になりそれに伴い介護や医療に負担がかかり、現在若い人も今後不安な老後を迎えることになるのではないでしょうか。

 

67212b3679e9fe3ddf663cf64c1b5bf3-220x220

ケアマネージャーの仕事内容 これから

ケアマネージャーの位置付け

生活・医療・介護予防の関連を一連化して、高齢者が今までと同じ地域で充実した日々をおくれるようにする地域包括ケアシステムが確立することによって、
ケアマネージャーは今後高齢者で介護の必要性がでた時は、地域包括ケアシステムの窓口機関の地域包括支援センターへの相談を積極的に進めていき、
高齢者が住み慣れた地域で安心して生活をおくれるような環境の中で介護支援を推進する立場になってきます。

地域包括ケアシステムの盲点

地域包括ケアシステムを実行するにあたってケアマネージャーとして注意すべき点は、このシステムは各地域行政で行うことにより、地域毎に地方格差という現象がでて来る可能性もあります。
これまでは国レベルで統一された基準で取り組まれていましたが、地方行政で行うこのシステムで地域ごとに要介護、要支援認定を受けた高齢者に対するサービスの提供のあり方などにばらつきが出てくる恐れもあります。
サービスのあり方に大きな差が出てしまえば、住み慣れた地域で生活することよりもより良い条件で受けることができるサービスの地域への移転なども可能性が出てきます。
ケアマネージャーはどんなに社会環境が変わっても介護利用者からは頼れる大きな存在です。介護利用者にとっては社会環境の変化や回りの変化については、生活の中ではあまり感じることができませんが、
介護サービスや支援体制に違いが発生しても、利用者に格差による「不満」を感じさせないようなサービスの提供を心がけるようにしてもらいたいものです。ケアマネージャーは利用者の特別な価値ある人材であってほしいと思います。

 

20160215154839-01058

 

 

まとめ

いかがでしたかケアマネージャーの仕事について少しは理解していただきましたか、これから高齢者社会になるにあたり益々介護が必要な立場の人が増えてきます。
その時に一番活躍するのがケアマネージャーです。これから介護申請をされる方はより多くの情報を集めて適切で親切なケアマネージャーを選んでください。

関連記事

【介護あるあるシリーズ】ケアマネージャーあるあるを大紹介!

介護支援専門員(ケアマネージャー)協会って?介護支援専門員協会を大紹介!

qna