介護に向いてない「こんな人」3選

14509940763_c0833f4e1c_b

これから介護のお仕事をしようと思っている方、介護の仕事をする時、

どのようなことに気を付けたらいいのかなと迷うことがあると思います。

介護に向いてない人の特徴を三つ並べてみました。

家事が雑な人

介護は、日常生活に困難な高齢者や身体的・精神的に障害を持つ人の、身の回りのお世話を行うことです。たとえば、食事、入浴、洗濯、

掃除…など多岐に渡ります。

介護の対象者の生活の一部となるわけですから、ひとつひとつの動作、家事が丁寧であることが求めら

れるようですね。

人と話すのか苦手な人

介護の対象者、その家族から介護の相談を受けることや、助言をすることもあります。

利用者本人のニーズなどを理解することも必要となるでしょう。

状況に応じて、相手がどのような言葉を求めているか、どのような態度で接すればいいのかまで判断しなくてはいけないこともあります。

一緒に介護をする人と協力していく上でも、ある程度のコミュニケーション能力は必要になりそうです。

 

jikenbo24

お金を稼ぎたい人

介護業界は基本的に低賃金です。お金を稼ぐことを目的としている人には、

おすすめできないかもしれません。

これから改善される傾向もあるので賃金待遇が窓口になる可能性も出てきます。

欧米だと一般平均以上の給与が払われています。

 

yjimage-1

まとめ

介護は、基本的には身の回りお世話をするお仕事です。

この三つに当てはまったとしても、結局は自分の興味・モチベーションが大事だと思います。

今、介護に興味を持っている方は、日常的に家事やコミュニケーションのスキルの向上に取り組んでみるといいかもしれませんね。

qna