福祉手帳ってどんな役割なの!?福祉手帳を大解剖!

youngfemalecarer

皆様は、福祉手帳というものの存在をご存知でしょうか。
福祉手帳はその種類によって、様々な援助を受けることができます。
ここではこの手帳の役割と、手帳を持つことでどんなメリットやデメリットがあるのか、またどのような方法で利用できるようになるのかをご紹介したいと思います。

 

福祉手帳とは

まず最初に、この福祉手帳とはどういう役割を果たすものなのでしょうか?
これは、身体的・精神的に何らかの障がいのある方が取得することの出来る、障がい者手帳と呼ばれるものです。この手帳を取得することで、日常生活を援助してもらえる様々な福祉サービスを受けることができます。
では、どうしてこのような手帳があるのでしょうか。
私達が普通に過ごしている日常でも、自身に何らかの障がいがある方にとっては、全体的または部分的に不便なことや出来ないことが存在してきます。

この不便さを少しでも少なくし、障がいのある方でも健常者と同じように平等に社会に出られるようになる為に、この障がい者手帳は交付されています。この手帳を申請することのできる障がいは、大きく三つに分けられています。1・身体的障がい2・知的障がい3・精神障がいです。また、それぞれの障がいの程度によって、受けられるサービスも変わってきます。

福祉手帳の種類

1・身体障害者手帳
この手帳は、身体的に何らかの障がいのある方が申請することのできる手帳です。身体障がいとは身体障害者福祉法で定められた、視覚・聴覚・平衡感覚・音声機能・語学機能・咀嚼機能・肢体不自由・心臓・腎臓・呼吸器・膀胱・直腸・小腸・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障がいで、日常生活に制限を受けると認められた障がいを指します。障がいの程度により、1級から6級に分類されます。
2・療育手帳
この手帳は、知的障がいを持つ方の為の手帳です。療育手帳の分類は二種類となり、重度の障がいの場合はA、その他の場合はBと記入されます。しかし、知的障がいは法律上の定義はない為、交付の基準や名称は都道府県で統一されてはいません。
3・精神障害者保健福祉手帳
この手帳は、精神疾患を持つ方に申請することのできる手帳です。
統合失調症やてんかん、依存症やうつ病などの気分障がい等が含まれます。
1級から3級に分類されます。

 

 

tetyo

 

福祉手帳 役割

これらの手帳を持つことで、その対象となる方は様々な福祉サービスを受けることができます。この手帳が、これらのサービスが受けられるという証明書になるのです。
では、どんなサービスを受けることが出来るのでしょうか。

福祉手帳のサービス

①医療費援助
障がい者の方の日常生活回復を目指し、障がいの負担を減らす目的のため医療費を負担してくれます。
②年金・手当
障がいの程度によって、各種障害年金や障害手当が支給されます。
③料金割引
税金の減免や、交通機関や携帯電話料金、観光施設などの割引などのサービスを受けることができます。
④補装具の交付
その障がいを補うための補装具の交付、またはそれにかかる費用の負担を行なってくれます。(一例として、身体障がい者のための車椅子や聴覚障がい者のための補聴器など)
⑤福祉施設の利用
その障がいに合わせた福祉施設の利用が可能になります。
これらの福祉サービスを受ける為に、手帳が必要になるのです。
また、どのサービスも障がいのレベルによって受けられる金額などが変わってきますので、確認が必要となります。

 

utsu_man

 

 

福祉手帳 メリット デメリット

メリット

これらの手帳の持つメリットとして、障がい者の方の金銭的負担が少なくて済むというの一番大きいのではないでしょうか。金額としてほぼ半額になることもあり、負担額がぐっと少なくなるのです。障がい者の方自身はもちろんのこと、それを支える家族にとっても大きなメリットです。
また、金銭的なメリットはそれだけではありません。
障がい者雇用での就職も可能になるのです。これは企業側にも関係があり、障害者雇用促進法により障がい者の雇用が義務付けられています。今現在はその割合として、2.0パーセントと定められておりましたが、来年にはこの数字をひき上げるという方針も固められました。これにより、これから先受け入れられる窓口が広がりを見せていくと考えられます。障がい者の方にとって、安定した収入が得られることと、自立に向けた仕事ができるということはとても大切になります。なぜなら、障がいがあるということで外に出られなくなってしまうことや、社会参加ができなくなるといったことを防ぐことが出来るからです。また、支える家族にとってもが相談出来る場所があることや、援助してもらえるサービスがあることは大きな力になるはずです。
ここまでたくさんのメリットを紹介しましたが、では反対にデメリットは存在するのでしょうか?

デメリット

実は、目に見えるデメリットは存在しません。この手帳を持つことで、悪い状況になったり、損をすることはないのです。では、目に見えないデメリットとはどういうものなのでしょうか。それは、障がい者の方の心的部分のことを指します。手帳を交付することや手帳を利用することは、家族以外の他人に自分は障がい者ですということを示さなければならないことになります。

それは、とても勇気のいることだと思います。特に、精神疾患の場合は一見症状がわかりにくいので、偏見や誤解を受けやすいのも事実です。その為、手帳を申請できる状態にあるにも関わらず躊躇してしまう場合もあるのです。近年様々な対策が行われているのも事実ですが、もっと理解を深めていかなければならないと思います。

 

soudan_madoguchi

 

 

福祉手帳 申請方法 更新方法

ここでは、手帳取得までの流れをご紹介したいと思います。
まず、市町村の窓口に行き申請書類を受け取ります。
ここで必要になるのが、主治医や専門医の診断書です。
身体障害者手帳の場合は発行されて一年以内のもの、精神障害者保健福祉手帳の場合は初診日から6ヶ月を経過した以降に作成されたものになります。
療育手帳の場合は、18歳未満の場合は児童相談所、18歳以上の場合は障害者福祉センターなどで判定を受ける必要があります。
また、この他本人写真・印鑑・マイナンバーの記載や提示、本人確認のための身分証明証などの提出を行い、申請となります。手帳が手元に届くまでは早くて1ヶ月程、場合によってはそれ以上の期間がかかってしまうこともあります。
それぞれの手帳の更新についてですが、身体障害者手帳は更新日が定められていません。しかし、障がいの程度が大きく変わった場合などは特級変更することができます。
療育手帳の更新日は、手帳に記入されております。

この更新期間は地域によって異なりますので確認が必要です。そして、精神障害者保健手帳ですがこれは2年ごとに更新が必要になるので注意してください。有効期間の3ヶ月前から手続きが可能になるので、早目に更新すると良いでしょう。必要書類については、申請時と同じになります。

 

まとめ

福祉手帳は、障がいのある方にとってはなくてはならないものです。
それは福祉のテーマのひとつでもある、平等な社会になるためにとても必要だからです。障がいがあることで、日常生活を制限されることはあってはならないことです。

全ての方が自立に向けた生活ができるように、また社会に参加できるように、私たちもこの手帳の役割を知り理解することが大切だと思います。

qna