ヘルパー2級ってどんな役割なの!?ヘルパ2級のことを教えて!

careers (1)

ホームヘルパーは一般に訪問介護員をさす言葉として広く認識されています。そのきっかけとなったのがホームヘルパー制度。とくにヘルパー2級の取得者は現在でもおおぜいいます。

しかし、現在ホームヘルパー制度は廃止され、代わりに新しい資格(研修制度)ができています。

 

ヘルパー2級から介護職員初任者研修へ

2013年4月から「ホームヘルパー2級」に変わる新しい介護資格として「介護職員初任者研修」が始まりました。研修という名前がついていますが、正式な資格です(ホームヘルパーの正式名称も訪問介護員養成研修課程です)。資格の位置づけもそうですが、研修の内容としても旧ホームヘルパー2級とほぼ同じと考えてよいでしょう。

基本的な研修課程と習得する知識は同じですが、最終的な資格目標が介護福祉士とされたことが大きな違いです。この考え方は研修の名称に「初任者」という言葉をあてていることからもうかがえます。初任者の次のレベルとして「実務者」研修があります。この実務者研修は旧ホームヘルパー1級に相当します。そのため、ヘルパー1級や2級をすでにもっている人が実務者研修を受講するときには科目の免除があります。

さらにこの実務者研修は介護福祉士試験と同時に受講することが決まっています。このように、初任者研修は介護福祉士の入り口の資格とも言えます。この初任者研修はホームヘルパー2級と同じく、訪問介護事業に従事している方も対象となりますが、従来と違うは施設介護職の基礎課程も共通のものとして据えられている点です。すべての介護職のスタート地点としての意味あいが非常に強くなっています。

 

jikenbo4

 

介護職員初任者研修  役割

これまでみたきたように、厚生労働省はホームヘルパー2級に変わる資格として「介護職員初任者研修過程」を設定しました。日本の高齢化は世界の高齢化の群をぬいてトップであり、団塊の世代が後期高齢者になるころには未曾有の介護社会が到来すると予想されています。 少子化はいますぐに解決する問題でもありません。そんな今後の超高齢者日本では、どうしても介護をする人材が不足します。現状でも介護現場では人が足りない実感が満たされています。その背景には労働に見合った給料体系になっていないのが主な原因と言われています。そこで介護福祉士という国家資格に一本化し、専門職としての技能とともに給与もあがるという目的があります。

介護の理念、価値、技術というものから初任者研修は習っていきますが、それが最終的な介護福祉士まで連綿と続くよう資格の一本化をはかったのは評価できるでしょう。今までは介護職のキャリアパスがとても複雑でした。資格を受ける側の問題は新しい資格になり、今ままで課されることのなかった試験が導入されることになったことだと言えます。現行のホームヘルパー2級の資格取得者は制度改正後も「初任者研修課程修了者」相当を考えられていますので、とくに受講する必要はありません。初任者研修は実務者研修を受けることを想定されている雰囲気があります。あくまでも介護福祉士までつなぐキャリアパスの一貫という印象です。もちろん次の実務者研修を受講しようとすれば費用と時間数の覚悟が必要です。

 

介護のイラスト②

 

介護職員初任者研修 難易度

研修の内容、シラバスは頻回に変化します。ここに掲載したのはあくまでも参考程度にしておいてください。

研修例

●職務の理解・・・6時間
●介護における尊厳の保持・自立支援・・・9時間
●介護の基本・・・6時間
●介護・福祉サービスの理解と医療との連携・・・9時間
●介護コミュニケーション技術・・・6時間
●老化の理解・・・6時間
●認知症の理解・・・3時間
●障害の理解・・・3時間
●こころとからだのしくみと生活支援技術・・・75時間
●振り返り・・・4時間

合計で130時間の研修となっています。

介護の知識はもとより、技術を覚えるのにはこの時間数ではぜんぜんたりません。しかも卒業試験はありますが、合格するまで再試を受けられることが多いので、かならず研修は終了することが出来ます。これはあくまでもこれは介護職の入り口と考えてください。ここから経験を積んでいき、もちろん勉強も必要とされます。

初任者研修、実務者研修、そして介護福祉士につなげたいという意図を国は持っています。厚生労働省は、「介護職 = 介護福祉士」とするキャリアパスに一本の筋道を通すことにしたのです。
ですから、以前と比べると受講者の受講態度に問題があると、研修修了資格をもらえなかったりとか、途中で研修をドロップアップしていく人もいると聞きます。

初任者研修の内容はけっして難しくはないと思いますが、この仕事に向かないと早めに気づき、自分にあう仕事に舵取りをしてもらう点ではよいのかもしれません。

 

介護職員初任者研修 の資格は通信でも取れる!?

働きながらでも資格が取れるかどうかが気になるところです。結論からいうと、働きながら初任者研修の資格を取ることは可能です。日中仕事をされている方が通学して学ぶのは困難ですから、通信制の養成方法も用意されています。通信を利用し、仕事をしながら取得する方は多いです。しかしどうしても面接授業(スクーリング)はのときには通わないといけません。

あわせて面接授業は数日と短いので調整は可能かと思います。残りは自宅学習となります。また振替授業の制度などもあるので、急な用事にも対応はしてもらえます。仕事が忙しいときなどは振替授業と自宅学習で乗り切っていきましょう。

「介護福祉士」を目指している人の場合、「実務者研修」の受講が必須となっています。まず初任者研修のみを修了している方は、あらためて、実務者研修を受講しなければなりますが、その場合の研修時間は320時間となります(130時間が免除)。

ちなみに初任者研修修了者の資格のみで「介護福祉士」を取得しようとする場合、

「実務経験3年以上」に加え、「実務者研修」+「国家試験」が必要です。さらに実務者研修修了者が「介護福祉士」を受験する場合の要件は、「実務経験3年以上」が必要となります。そして「国家試験」を受けなければいけません。実技試験は実務者研修を受けていれば免除です。

 

介護イラスト(車いす誘導)

 

ヘルパー2級の資格はまだ使えるの?

新しい介護の入門資格である介護職員初任者研修が創設されたので、いままでのヘルパー2級資格のとりあつかいがどうなるか心配している方もいると思います。制度廃止にともない、資格も廃止になってしまうのでは?そうすると訪問介護の場で働けなくなるのでしょうか?

その点は心配ありません。仕事についてはこれまで通り何の問題もなく続けることができます。ヘルパー2級者は介護職人初任者研修の終了者とみなされています。同等の知識・技術を要するものとしてみとめられているわけです。

しかし、ホームヘルパーの資格制度ができて10年以上がたちますし、ヘルパー制度自体はすでに廃止されました。ヘルパーはその実務経験が3年あれば以上あれば介護福祉士の受験資格が得られます。今後は介護の資格が介護福祉士に一括化されていく方向ですから、勉強して介護福祉士資格を取得できるようがんばってほしいと思います。

またかつて介護福祉士は国家資格を受けて合格するだけでよかったのですが、平成28年度から実務者研修もあわせて受講することが必須になりました。国の意図通り、初任者研修、実務者研修、介護福祉士という一本のキャリアパスを通ることになります。

それぞれの研修と介護福祉士の受験にもお金がいる中、時間的、金銭的な負担がましてきているのが現状です。

 

まとめ

介護福祉士を受験する為の要件として平成28年度の試験要件から実務者研修が加わりました。
また、実務者研修を修了しているだけではなく、介護現場での実務経験も3年間必要となります。

介護の資格としては初任者研修が一番簡単です。

介護員の登竜門である初任者研修をいち早く取得し、実務経験をつむことが必要となります。

qna