介護のオムツをもっと知りたい!介護のオムツを大解剖!

2diaper16k-1-web

排泄行為は人間が生きていく上で必要不可欠な行為です。しかしその行為が自らできない、いわゆる介護状態の利用者の場合、どのようにすべきか介護する側の立場の人は、

利用者の状態を細かく把握していないと介護オムツに付ける事で利用者に心の傷をつけ、オムツをつける事への負担という不安感を与えることになる恐れもあります。

 

介護オムツとは

人間は排泄行為については避けて通れません。しかし自らトイレに行くことができる人ばかりではありません 歩行困難や起きることのできない要介護者の場合、介護オムツを利用することが生活を維持していく上での重要な用具となります。

しかし介護オムツを付けるということは誰しも抵抗があることで、自分の一番恥ずかしい面を見せなければいけないことになります。

介護する立場の人は利用者の状態をよく考え、排泄行為ができないから直ちに介護オムツを付けるという単純な結論に結びつけず、利用者にとって今の状態の場合、最適な対処方法は本当に介護オムツが最適なのか。

様々な視点から分析して結論へ結び付けないと利用者により深い心の傷をおわせることになるかもしれません。

介護利用者の共通点が、大半高齢者で体の自由がきかなく、一番多い症状は、頻尿 、夜尿、失禁等の尿、排泄等が日常生活の中で最も多く、それに費やす時間も多く又それが一番大変な作業です。

しかし利用者はどんなに自身が不自由状態で排泄の処理をしてもらっていても、頭の中では「いつか自分でトイレ迄いって用を足す」と思っています。

介護オムツが今必要な利用者も、外せる日が来るように方法や介護により1日でも早く「脱介護オムツ」の日を迎えさせられればいいと思います。

 

 

PIC-20150322070634

 

 

介護オムツの役割と特徴

自力で排泄ができない要介護者にとって、自分自身が現在の体の状態のままで生活をしていき、更に生きていく為には不自由な部分をサポートする、福祉用具は自分にとって生死に繋がるような重大な事です。

その中でも排泄は自分にとって人間として毎日生じることで、不自由な体でトイレまで行くことができない利用者にとって介護オムツは、最も重要な役割を果たす生活用品として位置づけられます。

但し、利用する側にとっては最も見られたくない部分で、要介護者、高齢者といえど人権やプライドは尊重しなくてはいけません。

更に介護する側は自分や所属している事業所の考え方だけではなく、利用者の立場で「利用者が本当にオムツが必要なのか」どうかよく見極めてから行動することで利用者にとっても安心して使用できる物になります。

最近の介護用オムツの特徴としては、利用者の排泄状態に応じた様々なオムツが開発されており、基本的なものがまず紙オムツか、布オムツで分けられます、吸水性や経済面から判断されますが、介護の現場では紙オムツが主流です。

現在介護用品などを製造している、オムツメーカーや各メーカーは、年々増加してきている要介護者の様々な変化してきている病気の症状に対応すべく介護用品の改善や新規の商品の開発に力をいれています。

介護用の紙オムツに関しても、近年各メーカーで素材の開発にかなりの力を費やし、進化してきて薄くても大量の水分を吸収するものや 失禁防止策を施したものなど介護用の紙オムツは進化し続けています。

種類

進化と共にオムツの種類も利用者の状態に合った多様化したオムツが開発されています。
1.失禁パンツ
自分で排泄ができない状態の利用者で「失禁 」「ちょっとしたくしゃみなどで出てしまう」方へこの失禁パンツは尿を吸収して、消臭する機能付きで軽くて下着と変わらないタイプもあります。

失禁には「軽度」「中度」「重度」に分類される尿の量によって吸水能力別に種類を分けているメーカーもあります。

2.サポーター(アウター)
下着の内側にある尿や便を吸収するパッドを、固定して使用するもので、テープで止めるものが殆どで長時間外せないような利用者には好都合です。

3.パット(コンパクトタイプ)

失禁用や短時間用のオムツで、軽くて薄いパッドなので着け心地も気になりません。

その他にも用途に合わせパンツタイプオムツやテープタイプオムツ等が販売されています。これらの中から選ぶのは介護する側の人か家族で利用者が安心して使用できるように、決して「臭い」「汚い」等の言動は絶対に避けてください。

このような言動は利用者本人を傷つけ、更に利用者本人の心に負担や迷惑をかけているというような気持ちが積み重なり、オムツを使用したことが、本人にとって逆の効果になることもありますので十分注意してください。

 

PIC-20150529103508

 

介護オムツの使い方

排泄行為は毎日の生活で絶対不可欠なものです。同時にそれはとてもデリケートなものです。本来ならば一人でトイレに行き用足すことができれば 一番いい事ですが、

自力でトイレに行けない状態の利用者にとって介護用オムツは絶対不可欠な生活用品です。故にその取り付けかたを慎重にしないと取り付けられた利用者は1日の生活が不愉快になってしまいます。

ここで利用者に快適に過ごしてもらうための取り付け方、注意点をご説明しますのでよく理解してご利用ください。

1.オムツの選び方

介護の現場では、取り換えが簡単な紙オムツが主流です。吸水性のみ考えると布おむつの方が最適ですが、とりかえや洗濯を考えた場合紙オムツ最適です。

2.オムツのタイプ

◆ テープ止めタイプ
利用者の寝たままで交換できるので非常に便利です
◆ パンツタイプ
上げ下げがらくで、介助があれば自力で用を足す場合におすすめです。

3.オムツの交換

おむつは性能が向上して尿漏れの心配はありませんが長時間装着していると衛生上の問題もありますので、定期的に利用者の要望がなくても交換してみてください。

4.オムツの交換の注意

おむつの交換の時にこんな変化に気付いたら要注意です
・尿や便の量
・下痢をしてないか
・血液が混じってないか
・床ずれがないか 等
交換時にこのような ことに気付いたら直ちに医師に連絡してください

5.オムツのつけかた

オムツは製品によって違いがありますが、利用者にとって適切なものを選び使用する必要があります。基本的には外側のオムツと尿とりパッドを併用することで取り替え時の負担から解放され、経済的な面から見ても負担が軽くなります。
その他にもいろんなタイプのおむつが販売されていますが、適切なオムツの付け方を覚え介護を受ける人、する人の双方が快適な介護生活を送れるようにしましょう。

背骨とパッドの線を合わせて、ちょっとズラす

左右どちらかに体を倒します。その際、尿が流れ出るケースもあるため、それを防ぐためには、体を倒す方法にパッドを置きシーツを汚さないようにします。
背骨とパッドの中央の線を合わせ、体のズレを考慮し、奥の方に少しパッドをズラします。最終的には中央にオムツがセットされます。

テープはハの字で留めて、こぶし1個分の余裕を

オムツは止めるときに、パッドが中央部分にあるか確認です。曲がっているのがきになる場合は腰を浮かして微調整をしてあげましょう。

6.利用者の変化

利用者がオムツをつけることで様々な変化が出てくることもあります。介護する側の立場の人はオムツを付ける
前段階から付けた後にも積極的に声をかけコミュニケーションを取って、利用者の気が沈まないように心配りをしていきましょう。

利用者はオムツを使用することにより
・気が弱くなり気落ちしてしまう
・すぐ人に頼るようになります
・起き上がる気力がなくなり、寝たきりの生活になる

このような傾向になりやすいので介護者は利用者の「気力の向上と心配り」に最善を尽くしてもらいたいものです。

 

PIC-20141031111412

 

 

まとめ

人はいつまでも元気で自分のことは自分でできるような生活が続けば一番いい事ですが、それは絶対的に不可能で年々歳をとり続け、病気や老化などで家族や関係者の世話になることは避けられません。
その中の一つは明日は我が身とも云えるオムツの使用です。

この使用については「する方も」 「される方」も意識の統一が必要ではないでしょうか。

qna