介護の歩行器ってどうやって選ぶの!?介護の歩行器を大紹介!

Man using walking frame

一般に歩行器というと、足の弱った方が体を預けるようにして歩いている車輪のついた、なんていうイメージがあるのではないでしょうか。または小さい子供が使うものもありますね。
今回は、介護における歩行器とは何なのか、どんな役割がありどんな種類があるのかについてみていきたいと思います。

 

介護歩行器とは

~介護における歩行器とは~

ここでは、介護業界における「介護歩行器」というものについて説明していきます。
歩行器とは

・一本杖では安定して歩けない方
・杖や杖なしでは長距離を歩くことが難しい方

などが使用する福祉用具です。両手を使用するので、一般的にはある程度両手が使える方が対象になります。いずれのタイプも「歩行の安定性を保つ」事を目的とします。
歩行器を使用すると、体重の一部を預ける事が出来るので足への負担が軽減出来て体の姿勢を保つ効果があります。何よりも自分で歩いて移動できるという事は、本人の生活への満足度の向上や、人の手を借りなくても行きたい所に自分で行けるという尊厳の保持にも重要な役割を持つ事が多いです。

 

medical_hokouki

 

介護歩行器の種類

介護業界における歩行器には様々な種類があります。

4点歩行器

・固定型
両手で持ち、四本の足がついていることで体が支えられるものです。杖のように持ち上げて歩行器を前に移動させてから自分が歩くタイプです。体をねじったり曲げたりなどがしにくい方に適しています。
・交互型
固定型と見た目は似ていますが、左右のフレームを交互に前に出して進んで片方ずつ歩いていくタイプです。通常の歩行に近い形で歩けるという特徴があります。
・前輪付き歩行器
4本の足の前部分に車輪がついていて前にスライドしながら自分も歩いていくタイプです。歩行器を持ち上げるにはやや難しい方でも使用できるのが特徴です。

キャスター付き歩行器

腕を乗せる所があり、下には車輪がついているタイプでカートのように押して歩くものです。形としては大きく、自分が歩行器の中に入って腕を乗せる事で体重をかなり預ける事が出来ます。この歩行器のタイプには座れる所が作ってあるものもあり、長距離の移動にも使えるものもあります。

シルバーカー

歩行自体には問題ないとしても足腰が弱く、膝や腰に疲れや痛みを生じやすい高齢者の歩行を助ける手押し車の事です。高齢になると外出、特に買い物が大変になります。なのでシルバーカーは「なるべく少ない回数で買い物をすましたい」という希望を叶える工夫がしてあります。休憩出来る座面や買い物かごの代わりになる収納があるのが特徴です。※歩行器に分類されるものですが介護保険の対象ではありません

 

duskin_lppc3-3

 

 

介護の歩行器 機能と役割

~歩行器の機能~

歩行器は4脚のフレーム構造で出来ており、杖だけでは不安定になる方に対して、体の安定性を保つ事や立位を保つ事がしやすくなるという機能を持っています。そのため、病気を発症して間もない方や体が動きにくくなってきた方に対してのリハビリ用具として使われる事も一般的です。
家の中を伝い歩きで移動しているけれども少し不安がある、移動には杖を使っているが最近ふらつく、足が弱ってきたのでリハビリをしたい、などといった方にすすめられている理由としては、体を取り囲むようにして作られているキャスター付き歩行器や、弱った筋力でも歩けるように設計されている固定型歩行器は、体の安定性を保ちながら歩くのにとても有利だからです。

~歩行器の役割~

先ほど紹介した機能を持った歩行器は、なぜリハビリとしてすすめられるのでしょうか。ただ移動するだけなら車いすでも良いという考えも確かにあります。
歩行器が良いと言われるのは、厳密にいうと「歩行」が人間にとってとても良いからです。歩行訓練というと、体を使った、筋肉を使ったというようなトレーニングの意味合いが強いリハビリかと思われがちですが、実は歩行をする事そのものが脳にも影響を与える事がわかっています。
リハビリの専門分野ですが、歩行が人間の体に与える影響は体の全般的な部分になります。歩行をすると体全体が「よくなろう」という方向に動き始める事が分かっているのです。
歩行器の役割としては、自分で行きたい所に好きな時に一人で移動できるという個人の尊厳に関わる部分もありますが、実はこういった体全体の「治ろう」とする力を促進させるための「歩く」という事を補助するという非常に重要な役割があるのです。
普段は自分で歩くことがなかなかしにくい方でも、歩行器を普段の生活に取り入れる事によって自然と歩く機会を得る事が出来ます。
歩行器は今の生活だけでなく、今度の生活(予後)にも大きく関わってくるという役割までも果たしてくれるのです。
それに、人間の体は動けば動くほど元気になるという「再生産性」を備えていますから、最初は歩行器を使って歩くのもすぐに疲れてしまった方でも、だんだん疲れにくくなっていきますし、体を動かせば活動範囲も広がります。そしてお腹もすけばごはんもおいしくなるというように、生活全体が活気付いてきます。このように歩行器の役割は、目先の生活から予後までという、幅広い範囲にわたります。

 

介護歩行器 室内、室外で違う

歩行器の種類は多くありますが、室内と室外ではその使用方法は異なります。
室内では使う場面も多いことから、なるべく正しい姿勢で使えるものが望ましいです。また、段差もほとんどない場合が多い事と廊下の広さから考慮して、車輪付きの歩行器を使う場合は車輪の小さいものが選ばれるのが一般的です。

~室内で使う歩行器~

室内で使う場合の選び方としては
・段差はないのか、ある場合に対応したものか
・廊下でUターンできるものかどうか

これらは大切な選ぶポイントかと思います。それを踏まえた上で、選んでいきましょう。

4点歩行器

・固定型
・交互型
・前輪付き歩行器

キャスター付き歩行器

などが選ばれます。

~室外で使う歩行器~

室外で使う場合は
・段差の考慮
・体力面の考慮
・外出目的に合わせた機能
などが必要となります。なので、室内で使っている時とは違うタイプが選ばれる事もあります。室外での段差解消や歩行器事態の耐久性も求められます。一般的に車輪の大きいものが選ばれます。

屋外用歩行器

4つのタイヤが大きく、休憩用の座面があり、簡単なカゴなどもついている事が多いです。
なお、車輪のついた歩行器の中にはモーターを搭載したものもあります。上り坂や下り坂のアシスト、つまづいた際の急発進防止機能などがあり、安全です。

シルバーカー

いわゆる手押し車です。収納スペースがあり、途中で座る事の出来る部分もあるという構造が一般的です。

室外で歩行器を使う場合、その周辺の環境は人それぞれですから環境に合ったものを選ぶ事がとても大切です。

 

roujinsya_couple

 

介護歩行器レンタルもある

歩行器は購入することも出来ますしレンタルする事も出来ます。可能な限り実際に使わせてもらってから購入やレンタルする方が良いです。実際にお試し対応してくれる業者さんはたくさんいます。

~介護保険でレンタル出来る人~

介護歩行器は要支援・要介護であっても、介護保険を利用してレンタルする事が出来ます。※シルバーカーは対象外です
対象となる歩行器としては、車輪がある場合は体の前と左右を囲むもの。車輪のないものなら4つの足があり、腕を使って移動させる事が出来るものが介護保険の対象となります。
※2016年4月からは自動制御付きのものも介護保険の対象になりました。

~介護保険で歩行器をレンタルしたい場合の流れ~

介護保険内の「福祉用具貸与」になりますので、ケアプランに位置付ける必要があります。レンタルを希望する場合は、ケアマネージャーに相談すると手配をしてくれますので、ケアプラン作成後に業者との契約を行ってからレンタル開始となります。

~費用はいくらかかるのか~

ここでは例として、実際にある製品をレンタルした場合の費用を見てみます。

・セイフティアームウォーカー(4点固定型歩行器)
レンタル料金 月額3.000円  利用者負担額(1割の場合) 月額300円

・アルコー1S型(4輪歩行器)
レンタル料金 月額3.500円  利用者負担額(1割の場合) 月額350円

・ハンディウォーク(屋外用歩行車)
レンタル料金 月額3.600円  利用者負担額(1割の場合) 月額360円

・ラビットWA-2(屋外用歩行者※肘で体を支えられるタイプ)
レンタル料金 月額5.000円  利用者負担額(1割の場合) 月額5000円

・ロボットアシストスマートウォーカーRW-01(電動モーターでの自動制御機能付き歩行器)
レンタル料金 月額7.000円  利用者負担額(1割の場合) 月額700円

147750m

 

使う場所・目的を明確にし、本人の身体状況に合わせて選ぶ

安定性

歩行器は、選択を誤ると転倒などの事故につながります。利用者の状況などに応じて、慎重に選んでください。
まず優先するのは「安定性」です。
歩行器では上半身を使って体を支えますので、身体能力にどのタイプがあうかを検討しましょう。

体にあったものを選ぶ

下半身の筋力が弱っていれば、車輪付きタイプが適しています。また、できるだけひじを乗せるアームが付いているものを選ぶと良いでしょう。腕を目いっぱい伸ばした状態で体を支えられるかどうかは重要なポイントです。
歩行器には三輪が付いたものもあり、これは歩行中の方向転換がしやすくとても便利です。ただし、体重が片方にかかってしまうと、転倒の危険性がある点がデメリットとなります。スピードが出過ぎて転倒などの事故が起きないように、三輪型の歩行器を選ぶ際はブレーキが付いているタイプのものを選んでください。
高齢者の身体状況は日々変化します。そのため、高さ調節機能が付いているものを選び、使用者の身長や体格などに合わせて歩行器の高さを調節できると便利でしょう。普通に立っている状態で肘がやや曲がり、少し前傾姿勢になるくらいが最適な高さといわれています。

介護歩行器を使うときの注意点

歩行器の使い方を誤ると、バランスを崩し転倒してしまうこともあります。歩行器(固定型歩行器)の基本的な使い方をマスターしましょう。
歩行器と体の距離が遠くなると、バランスを崩し転倒しやすくなります。適度な距離を保ちながらゆっくりと前進することを心がけましょう。
使用者が介助者の足につまずかないよう、介助者は後ろから足を踏み出すようにしましょう。相手の歩くペースや歩幅に合わせて介助をするのがポイントです。

まとめ

いかがでしたか。福祉用具のレンタルは意外と要介護度によって借りる幅に制限が出るのですが、歩行器に関しては制限はありません。途中にもありましたように、歩行は人間にとってとても大切な活動です。
すすめ方によってはただの補助具を大きく超えていく可能性を持っているのです。可能な限り自分で歩く姿は、どんな方でもいつまでもそうであってほしいと思う姿ですよね。

qna